■□■□■ 中国の紙問題(オロモルフ)■□■□■

◆◆◆◆ 1 まえがき ◆◆◆◆

 中国の紙問題は、日本にも甚大な影響を与えるもので、憂慮しています。
 ここでは基本的なデータを記します。
 世界の紙の生産と消費は、米国、日本、中国がベスト3ですので、この三カ国について、国連統計などをもとにして簡易なグラフをつくってみます。
 中国の資料には多くの疑問がある――と研究者たちが述べていますが、他に資料もないので、ここでは『国勢図絵』にある国連などの資料をもとにいたします。


◆◆◆◆ 2 紙の生産量 ◆◆◆◆

(数字の単位は万トン/I一字が200万トン)

◎1980年
米国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(5684)
日本IIIIIIIII(1809)
中国II(535)

◎1993年
米国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(7656)
日本IIIIIIIIIIIIII(2776)
中国IIIIIIIII(1820)

◎1996年
米国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(8184)
日本IIIIIIIIIIIIIII(3001)
中国IIIIIIIIIIIII(2600)

◎1999年
米国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(8806)
日本IIIIIIIIIIIIIII(3063)
中国IIIIIIIIIIIIIII(2961)

◎2002年
米国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(8087)
日本IIIIIIIIIIIIIII(3067)
中国IIIIIIIIIIIIIIIIIII(3780)

◎2004年
米国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(8340)
日本IIIIIIIIIIIIIII(3089)
中国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(4950)


◆◆◆◆ 3 紙の消費量 ◆◆◆◆

(数字の単位は万トン/I一字が200万トン)

◎1993年
米国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(8186)
日本IIIIIIIIIIIIII(2809)
中国IIIIIIIIII(2043)

◎1996年
米国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(8479)
日本IIIIIIIIIIIIIII(3086)
中国IIIIIIIIIIIIIII(3028)

◎1999年
米国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(9465)
日本IIIIIIIIIIIIIII(3030)
中国IIIIIIIIIIIIIIIIII(3586)

◎2002年
米国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(8816)
日本IIIIIIIIIIIIIII(3061)
中国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(4265)

◎2004年
米国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(9226)
日本IIIIIIIIIIIIIIII(3141)
中国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(5439)

◎米国と日本の過去15年ほどの数字は、さほどの変化はありませんが、中国の場合は、猛烈に増加している事が分かります。

 次ぎに増加率を計算してみます。


◆◆◆◆ 4 消費量と生産量の伸び率 ◆◆◆◆

 2004年/1993年の値を消費量で計算してみますと――

米国:1.13
日本:1.12
中国:2.66

 生産量については1980年のデータがありましたので、2004年/1980年を求めてみますと――

米国:1.47
日本:1.71
中国:9.25

 じつに驚くべきスピードで増大していることが分かるのですが、今後さらに中国だけが増大する予測がなされています。
 それは、これから述べる理由によります。


◆◆◆◆ 5 人口一人当たりの紙の消費量 ◆◆◆◆

 問題は、一人当たりがどうなっているかです。
 単位はキログラムです。

◎1993年
米国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(317)
日本IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(226)
中国II(17)

◎1996年
米国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(319)
日本IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(245)
中国III(25)

◎1999年
米国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(347)
日本IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(239)
中国III(28)

◎2002年
米国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(300)
日本IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(240)
中国III(33)

◎2004年
米国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(317)
日本IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(246)
中国IIII(42)


◆◆◆◆ 6 消費の全体量と一人当たりの量の将来値 ◆◆◆◆

 ここまでの数値データですぐに分かりますのは、中国の紙消費量は、国全体としてはついに日本を抜きアメリカに迫る勢いではありますが、これを人口一人当たりに直しますと、まったく比較にならないほど微少である――ことです。
 しかし、見逃してならないのは、微少とはいえ、この一人当たりの消費量は、年々相当な勢いで増加しているという事実です。
 北京政府は、さまざまな環境問題で、先進諸国からの批判に対して、「お前たちが昔やっていた事をしているだけだ。それをやめろという権利はお前たちには無い」と反論しているそうです。
 これは程度問題だし何に対してかという事でも違いますが、紙につきましては、「一人当たりの消費量が日本よりずっと少ないレベル」で満足している筈はありませんし、日本はじめ先進諸国としても、「われわれよりずっと少しで我慢しろ」とは言えません。

 そういうわけで、中国の一人当たりの紙消費量が日本人と同じになった20XX年に、その全体量がどうなるかを計算してみます。
 米国と日本は、現状とほぼ同じだとします。
 ごく簡単な計算です。

◎20XX年予想(単位は前と同)

米国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(9300)
日本IIIIIIIIIIIIIIII(3200)
中国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII IIIIIIIIIIII(32350)

 このように、べらぼうな数字になってしまいます。
 これがいかに大変な数字であるかは、世界の木材の伐採量や輸出入のデータを見ればわかりますので、次ぎにそれを見てみます。
 世界の森林はあさりつくされるでしょう。丸裸になります。


◆◆◆◆ 7 実質輸入量 ◆◆◆◆

 ここでは紙の「消費量から生産量を引いた値」を出してみます。
 単位は、I一つを20万トンとしました。またKはマイナスの意味です。

◎1993年
米国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(530)
日本II(33)
中国IIIIIIIIIII(223)

◎1996年
米国IIIIIIIIIIIIIII(295)
日本IIII(85)
中国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(428)

◎1999年
米国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(659)
日本KK(-33)
中国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(625)

◎2002年
米国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(729)
日本(-6)
中国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(485)

◎2004年
米国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(886)
日本III(52)
中国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(489)

 このデータを分析するには、消費の中味を吟味する必要があるでしょうから、いまの私の知識では出来ません。
 ただ日本がほとんど自給自足である事は分かります。

 次ぎに、木材の輸出入を調べてみます。


◆◆◆◆ 8 木材の輸出 ◆◆◆◆

 今回は、木材の輸出を国別に記してみます。
 単位は万m3で、I一つが200万m3です。

◎米国
1992年IIIIIIIIIIIIIIIIII(3571)
1995年IIIIIIIIIIIIII(2799)
1999年IIIIIIIII(1850)
2002年IIIIIIII(1575)
2004年IIIIIII(1495)

◎日本
1992年(0)
1995年(0)
1999年(0)
2002年(0)
2004年(0)

◎中国
1992年(0)
1995年II(317)
1999年I(201)
2002年I(136)
2004年I(142)

 どの国も輸出する余力は無い筈ですが、同じ木材でもいろいろな種類がありますから、数だけでは何とも言えません。その国でしか得られない特殊な木材もあるでしょうし。
 ですから問題は、輸入との比較になりますし、また伐採量の問題になります。


◆◆◆◆ 9 木材の輸入 ◆◆◆◆

 次に木材の輸入の推移を調べてみます。
 単位は輸出と同じです。

◎米国
1992年IIIIIIIIIIIIIIIII(3373)
1995年IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(4365)
1999年IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(5336)
2002年IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(4420)
2004年IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(4652)

◎日本
1992年IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(5736)
1995年IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(6023)
1999年IIIIIIIIIIIII(2599)
2002年IIIIIIIIIII(2125)
2004年IIIIIIIIIII(2181)

◎中国
1992年IIII(823)
1995年IIIII(978)
1999年IIIIIIIIIIIIIII(3088)
2002年IIIIIIIIIIIIIIII(3278)
2004年IIIIIIIIIIIIIIIIII(3528)

 10年間の推移でわかりますように、アメリカは輸入を減らすようにかなり努力しており、日本は相当努力していますが、中国は増え続けています。
 あの広大な面積を持つ中国が、最近では輸入国に転じ、しかも年々輸入量が増えているのです。


◆◆◆◆ 10 輸出入の差 ◆◆◆◆

 ここでは、2004年の木材の「輸入−輸出」を調べてみます。
 単位は同様ですが、I一つを100としました。。

◎2004年の輸入−輸出
米国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(3157)
日本IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(2181)
中国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(3386)

 つまり、2004年にすでに中国は、輸入と輸出の差でアメリカを抜いてしまったのです。
 中国は、広大な国土面積を誇っており、したがって森林もとても多いはずです。
 ですから、輸入などしなくても、国内で木材はまかなえるのではないか――という疑問がわきます。
 そこで次に、国内における木材の伐採量を調べてみます。


◆◆◆◆ 11 木材の伐採量 ◆◆◆◆

 自国の森林の木材を伐採した量を調べてみます。
 単位は万m3です。
 I一つを2000とします。

◎米国
1992年IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(49580)
1995年IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(50341)
1999年IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(50075)
2002年IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(47782)
2004年IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(45831)

◎日本
1992年I(2806)
1995年I(2326)
1999年I(1903)
2002年I(1522)
2004年I(1573)

◎中国
1992年IIIIIIIIIIIIIII(29656)
1995年IIIIIIIIIIIIIII(30036)
1999年IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(58266)
2002年IIIIIIIIIIIIII(28417)
2004年IIIIIIIIIIIIII(28611)

 これを見ますと、アメリカがきわめて計画的な伐採をなしている事が印象的です。
 日本は年々減っていますが、場当たり的ではありません。
 この両国と比較して中国は、場当たり的な印象があります。増えたり減ったりしています。
 これらの数値データには、木材の質の問題が入っていませんので、単純な比較はできませんが、おそらくはアメリカの場合、輸入では得られないような種類の木材が伐採されているのではないか――と想像します。


◆◆◆◆ 12 森林面積 ◆◆◆◆

 昨日は伐採量を示しましたが、紙を多く使っている国の森林面積がどの程度のものなのか、調べてみます。
 まず、面積そのものです。
 単位は万haで、I一つが2000です。

露国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(76591)
加国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(49400)
米国IIIIIIIIIIIIIII(29599)
中国IIIIIII(13050)
印度III(6850)
日本I(2500)
仏国I(1501)
独国I(1070)
英国(250)

 だいたいは国土面積に従っていますが、中国や印度は面積の割に森林が狭いような気がします。
 もう一つ興味深いのは英国の少なさです。
 国土面積の大小はその国の責任というわけではありませんから、問題は国土面積の割に森林面積がどの程度なのか、また森林をどのように大切にしているか・・・だろうと思います。
 そこで次に、面積比を調べてみます。


◆◆◆◆ 13 森林面積の比率 ◆◆◆◆

 国土の広い国は森林面積も大きいのは当然のことなので、国土面積の中の森林面積がどのくらいかという比率(森林面積/国土面積)を記してみます。
 資料は同前です。
 I一つが2パーセントです。

日本IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(66.2)
加国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(49.5)
露国IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII(44.9)
米国IIIIIIIIIIIIIIII(31.6)
独国IIIIIIIIIIIIIII(30.0)
仏国IIIIIIIIIIIIII(27.2)
印度IIIIIIIIII(20.8)
中国IIIIIII(13.6)
英国IIIII(10.2)

 これを見ますと、国土面積の広い中国の森林がじつはかなり貧弱であることがわかります。
 この種のデータには、森林の質は入っていませんが、中国の場合、質に相当な問題があると考えます。
 じつは日本においても、最近では質の問題が発生しており、かなり厳しい情勢らしいです。

 比率におきましては、日本は主要国中最大ですが、これは自然にそうなったのではありません。
 日本の森林のほぼ七割が人工林だと言われています。
 おそらくは平安時代から植樹と育成を続けてきた結果です。
 戦乱が続くと森林は荒れてしまいますが、日本の歴史を見ますと、戦乱終結後の政権が森林の復興を心がけています。
 戦国時代の荒廃を立て直すための江戸時代の植林は世界でも有名だそうです。
 むろん大東亜戦争後もそうでした。

 私は長野県に、ほんのわずかな山林を所有していますが、今の日本で山に樹木を植えて育てるのは至難でして、現在の私の財力では不可能であり、荒れてしまっています。
 このごろしきりに考えるのですが、何とかして山林維持用のロボットを開発できないでしょうか。
 とにかく人手が不足し、かつ、人件費がかかるのです。
 樹木って60年間世話を続けなければ一人前にはなりません。


◆◆◆◆ 14 林浩氏の論考サマリー ◆◆◆◆

 以下は「本とコンピュータ」1998年秋号に掲載された林浩氏の『紙の神・蔡倫も悲嘆する中国「紙」事情』の、サマリーです。

1.13億の民のうち、トイレットペーパーを使っているのは半分以下。多くは肛門を竹でしごいて後始末している。もし全国民がトイレットペーパーを使うようになったら、中国全土から木も草もすっかり消えるであろう。

2.中国でもっとも多く紙を使っているのは、政治宣伝用の出版物。数百頁もある本が一千万部以上印刷されることなど珍しくない。

3.その次に多く使っているのは、マフィアを中心とする地下出版物らしい。実体がつかみにくいが、金持ちが膨大な紙を買い占めているとか。

4.最近になって香港や台湾からティッシュやトイレットペーパーが沿岸部に入り込み、流行になってきたので、用紙の使用量は鰻登りになった。

**********

 中国の紙質はひじょうに悪く、それは中国の本や雑誌を購入した人ならよく知っております。
 しかも、その紙の多くが誰も読まない政府宣伝物やマフィアによって消費されており、一般庶民にはほとんど回ってきていないのです。
 だから一般庶民1人あたりの実質消費量は前に計算した数値よりずっと少ないでしょう。たぶん日本人の1/10以下だろうと推定します。

**********

5.これではトイレットペーパーどころではなく、じつは義務教育の教科書が手に入らないという危機的状況が続いているらしい。
 また本の価格も、改革開放時にくらべてすでに10倍から20倍に達している。
 新聞も危機的で、有名な「人民日報」は、最高時の600万部から大幅に低落し、いまはたったの200万部であり、しかもその90%は政府など公共機関の購入。だから一般の人はわずか20万しか購読していない。

6.これに対処して、生産向上を図ってはいても、2000年において潜在必要量の1/10にもなっていない。しかも紙質のひじょうに悪い低級紙がほとんど。

7.仮に中国の1人あたりの紙消費量が日本の半分になったとすると、中国の緑は数年で消滅するだろうが、それだけではなく、もし輸入に走ったとすると、世界の森林が10年か20年で消滅してしまうであろう。
 中国一国で16000万トン以上にもなり、現在のアメリカと日本を合わせたよりもずっと大量の消費になるからだ。

8.改革開放路線によって無数に出来た中小製紙工場は、山奥の渓流に汚染された排水を垂れ流しており、その毒物のパーセンテイジは日本の排水の10倍ほどもあると言われている。そのため、河川という河川が、汚濁され、惨憺たる状態になってしまっている。

9.いまの中国の森林の面積率はわずか12%であり、世界最高の日本の1/6にすぎず、世界最低値を記録している。しかも毎年140万ヘクタールもの森林が消えており、一方植林は31万ヘクタールにすぎない。

10.このように、中国の紙事情は、じつに破滅的であり、森林は消え水は汚濁し、少しでも雨が降らないと渇水がおこり少しでも雨が降ると洪水がおこり、紙の需要と供給のバランスは悪くなる一方であり、しかも外へ向かえば世界が(日本が)破滅する――という状況である。

11.この悪夢の唯一の救い手は、光ディスクだ――というわけで、いま中国では日本以上に記録の電子化が盛んです。しかし、電子化でこの危機が救えるようには思えない。

**********

 以上が林浩氏の論考を我流でまとめたものですが、引用などなさる時は元の論文を読んでください。
 いずれにせよ、ほとんど絶望的なのです。


オロモルフの論考一覧に戻る