きくおのブログ 乗り物のページ 熊野古道 奈良歴史散歩 琵琶湖逍遙 写真のページ
紀州富士 龍門山 ・2011年5月16日
・2012年6月17日
・2013年6月9日
・2014年6月1日
■ホームページへ
龍門山
(林道から紀ノ川を)12:06

龍門山は何度か登っている。
結構登りもきつく、道も荒れているので登山気分が味わえる。
腰痛が起きると登りに行く。荒れた道は腰の筋肉を鍛えられる。 ここはギフチョウの生息地である。いつも歩き始めには遇えないかなと期待するのだがまだ見たことはない。またこの龍門山には、和歌山県特産のキイシモツケの群生地(晩春〜夏)でもある。特に明神岩あたりがよく咲くということである。

龍門山登山はいくつかのコースがあるが、私はいつも一般的なコースを歩く。
まず、山の中腹にある田代ルートの駐車場に車を入れる。
コンクリートの道をしばらく歩き、中央ルート登山口から登りはじめる。
11時30分であった。

龍門山 龍門山  龍門山 ハンググライダー
(空にはハンググライダー。気持ちよさそう) 
 (林道途中にあった)11:30

なかなかの登山道であり、きちんとした足下の装備が必要である。
道は急坂の上りが続く。
関西の、ロッククライミングの練習場として知る人ぞ知るの明神岩へは、中央登山口から1時間弱で着く。
岩の上からの景色は山に登ったという感じがする。
紀ノ川が右から流れ正面には葛城山系が横たわっている。
家々も、都会のようにコンクリートの中ではなく、緑の中にある。
ここからの景色は何度見てもいい。
明神岩の右手に風穴がある。天然の洞穴で、つめたい風が吹き出てくる。
楠木正成が一時こもったと伝えられている。
以前来た時タヌキが穴から出てきた。

龍門山
(明神岩から紀ノ川のパノラマ。昔はもっときれいだったろう)12:30
龍門山
龍門山 龍門山
(明神岩入り口にある看板)
龍門山
(明神岩にあった看板。転けてる。直してあげた)
  
(少し寂しい看板だが・・(2007年2月16日撮影)

龍門山は自然が豊富である。道の途中での自然ウォッチングは楽しい。
得に貴重なのは、6月初めには白い小さな花をつけるキイシモツケで、バラ科の落葉低木で龍門山の山頂近くで見らる。和歌山県だけに分布しているとても貴重な植物ということである。
明神岩から20分ほどで山頂に着く。

標高756.6m。5月下旬〜6月上旬になると、このあたりにたくさんキイシモツケの花が咲くのだがまだ見る機会がない。
明神岩で1時間ほど食事をしたので、頂上到着は2時半であった。


山頂から、動物たちをウォチッングしながら10分ほど歩くと磁石岩に着く。何の変哲もない岩で、周囲約17m・高さ約4mで標高約700mの位置にある。
ところがこれが磁鉄鉱を多く含んだ蛇紋岩であるため、岩に磁針を近づけると著しく磁性を示す。自然のおもしろさを感じる。

右の写真では分かりづらいが、岩に磁石を近づけると岩に向いてN極が回る。

道は山頂を境に下りとなる。

 
(龍門山山頂から見た粉河寺。レンズはタムロンミラー500mm。古いけれどよく写る。(2007年2月16日撮影))

(看板根元の三角点)14:30

(小さな赤いN局が岩の方を向いている)

(見た目は普通の石だが・・)15:00

(少し解りにくい説明。「吸引」は「引きつける」と表現の方がいい)
龍門山 龍門山 龍門山

紀州の山々はやっぱり自然の宝庫である。こうして登るとよく分かる。
磁石岩から田代峠までは15分ほどで着く。ここでコーヒーブレイクにした。
20分ほど休憩してから出発した。30分ほどの所に小さなかわいい地蔵さんがある。
そこからさらに20分ほど下り小さな溝のような川があり、そこにもまた地蔵さんがある。
田代峠からはかなり急な坂で、路面が濡れているため滑りそうになる。気をつけながら歩かなければいけない。

田代峠を出てからおよそ50分で田代コース登り口に着く。
ここにに車を置いているのである。

龍門山
(私が書いたのではない)
龍門山 龍門山
(たくさんの立ち枯れの松)
龍門山 龍門山
(田代峠の道標。638m)16:11
龍門山
16:40
龍門山
(このお地蔵さんは祠がある)17:00
龍門山

▲ページトップに戻る 
 ■山のページへ 
 ■ホームページへ