きくおのブログ 乗り物のページ 熊野古道 奈良歴史散歩 琵琶湖逍遙 写真のページ
■ホームページに戻る           
金剛山
2019年1月27日

昨日の昼休み、金剛山ライブカメラはまだ土が見えていた。ところが昨夜雪が降った。
金剛山は多分雪景色だろうと計画通り、金剛山に向かった。
9時過ぎに走り始め、金剛山には11時についた。
金剛山は雪景色が広がっていた。本当は山の麓からの歩きであるが、コキはロープウェイを使った。
ロープウェイから見た山は真っ白だった。

「ねえ、霧氷と樹氷はどう違うの」とロープウェイの乗客同士で話していた。
関係のない人が小声で、「どうなんやろな?」とつぶやいた。

霧氷は気温が氷点下のときに空気中の水蒸気や、氷点下以下でも凝固していない過冷却の霧が樹木などに付着してできる氷のことである。
樹氷についてはいまいちはっきりしないが、さらに寒さが増したとき、霧が樹木などにあたり、凍ったものだと思っている。
だが今、目の前の白く光っている氷は霧氷か樹氷か、明確にいえないところがある。
とにかくきれいだった。以前来たときはやり過ごしたが、先日来巨木にこだわりだしたので、これらの杉の巨木に目が行った。


金剛山
(車からロープウェイまで歩いた)
金剛山
(ロープウェイを降りると雪だった)
金剛山
(樹氷)
金剛山
金剛山 金剛山
金剛山 金剛山

金剛山には杉やブナの巨木がたくさんある。古いのでは樹齢500年経ったものもあり、その木の下には看板が立てられている。
今日金剛山に登っての楽しみにしていたのはこのライブカメラである。
ケータイで検索し、カメラのページを出すと、写っていた。当然のことながら、こちらが手を上げると、タイムラグがあるのか、やや遅れてスマホの画像も手を上げた。いろんな小鳥が入れ替わり立ち替わり、餌場にやってきた。

金剛山
(ライブカメラに映った)
金剛山
(ライブカメラはすごい)
金剛山
(主にヤマガラだった)
金剛山
(あまり人を恐れない)

転法輪寺のお不動さんも雪をかぶっている。
時々青空が顔を出し、そのときは樹氷も光り、きれいさがます。誰かがめがねを落としていた。前を行く人が拾って道の端においたがそれでは探しても見つからないと思い、切り株に乗せ替えた。とにかく今日は人が多かった。
ロープウェイも臨時で増便していた。特に子供連れが多くそり滑りを楽しんでいた。
休憩所の前にカップヌードルの自動販売機があり、よく売れていた。久しぶりの雪の金剛山。
気温はマイナス3℃で寒かったが、風もなくほどよい雪で快適であった。昨日の金剛山。
トイレの前に看板があり、登山回数が書かれていた。なんと10000回がある。1年365日として毎日登っても30年近くかかる。
それをやってのける人もいる。 すごいね。
こちらはまだ5回くらいしか上っていない。こうして目標を立て達成したらうれしいだろうね。
休憩所の前で無料でコーヒーをひいて登山客に飲ませていた。私は下山途中で声をかけられいただいた。
ちょうど店じまいの時で、私が最後の客だった。残っていたコーヒーを全部いただいた。
飲み終わってありがとうを言うと、
「ああよかった。全部飲んでいただいてありがとう。これで本日のミッションを終わることができました」
おいしいコーヒーをいただいて喜ばれた。どうして無料で飲ませているのか聞かずじまいだったが、とにかく寒い頂上でのコーヒーは温かくおいしかった。

金剛山
(記念の回数を登れば奉納)
金剛山
(美味しいコーヒーを入れてくれたお兄さん)
金剛山 金剛山 金剛山
金剛山 金剛山 金剛山
金剛山 金剛山
金剛山 金剛山

この日久しぶりにアイゼンをつけて歩いた。アイゼンがなかったら滑って危なかった。アイゼンも進化してすれ違う人のアイゼンはいかにもつけやすそうなのもあった。私のは普通のアイゼンでちょうど中間くらいのつけやすさかもしれない。
雪のほとんど降らない南紀育ちの私にとって、雪は特別で何度見ても綺麗だし、ワクワクする。
今の街にきて雪を見る機会が多くなったのでうれしい。まして雪の日に登山できるというのは最高である

天気もよかったしいい金剛山登山であった。

▲ページトップへ  ■ホームページに戻る
■金剛山その1へ   ■山のページトップへ