きくおのブログ 乗り物のページ 熊野古道 奈良歴史散歩 琵琶湖逍遙 写真のページ
葛城山 ・2009年5月6日
・2012年5月5日
・2015年1月24日
葛城山 
葛城山に登った。葛城山登山
時間と体力が乏しいので、ロープウェイを使った。

本当は山の下から歩くと、櫛羅の滝もあり面白いのだが、パスして楽な方を選んだ。
ロープウェイはのっけから霧に包まれていた。駅車の中までかすんでいた。

葛城山上駅には6分ほどで着く。
駅の近くには葛城天神社がある。祭神は国常立尊(くにのとこたちのみこと)。
『日本書紀』冒頭にその記述がみられる。

修験道の祖役行者(えんのぎょうじゃ)や不動明王も祀られている。
周辺にはブナの巨木が覆い茂り、古来から霊場として守られてきたのがよく分かる。
葛城山は標高959.7mでなだらかな高原である。
金剛生駒紀泉国定公園のほぼ中央に位置するのだが和歌山のかつらぎとよく間違われる。
ここはヤマツツジの名所であり、今回もそれを見るためにやってきた。
葛城の名は『日本書紀』によれば、神武天皇が大和平定の際、この地で抵抗する土着民(土蜘蛛)を葛のつるで編んだ網をかぶせて退治し、高尾針邑から葛城に改めたたことに由来するという。
山頂は高原状の台地で、360度の大パノラマがすばらしいと言われるのだが、この日は四方が全く見ることができなかった。しかし山の景色はどのような状況でもそれなりに美しく楽しめる。
道の途中、みたらし団子を売っていたので買って食べた。なかなかの味であった。

葛城山登山 葛城山登山 葛城山登山
葛城山登山
葛城山登山
葛城山登山
葛城山登山
葛城山登山  葛城山登山
葛城山登山 葛城山登山 葛城山登山
葛城山登山
(晴れていれば周囲が見渡せるのだが)
葛城山登山
(ガスっていてもこれはこれなりに美しい)
葛城山登山 葛城山登山


頂上で一服し、葛城公園自然つつじ園に向かった。
ちょうど満開の時期で、山は見事に赤く染まっていた。
まさに見頃であった。
葛城高原ロッジを巻くようにしてつつじが咲き誇っていた。

帰りはつつじ園の中の道を過ぎ、なだらかな山道をくねくねと下った。
葛城山登山 葛城山登山  葛城山登山
葛城山登山

葛城山登山
 葛城山登山

依然霧は晴れず、新緑の緑と木の幹の焦げ茶が、霧にかすんで幻想的であった。
途中婿洗いの池という看板があったが時間がなかったためパスした。またこなければいけない。

ロープウェイを降りたのが2時30分で、帰りのロープウェイに乗ったのが5時30分であった。
本来は下から歩いてこなければいけないのだが、次に登る下見という感じで気軽に登った。

ロープウェイがその標高を下げるに従い、晴れてきて大和盆地が綺麗に見渡せた。

振り返ると葛城山はまだ雲の中であった。
大阪から続くこの山系はすばらしい山がたくさんある。
古代の人がここを大事にしたのがよくわかる。
(2009年5月6日)

カメラ :ニコンD70 ニコンD40x
レンズ:タムロン 18-200mm
     シグマ  18-200mm

▲ページトップに戻る 
■山のページへ 
■ホームページに戻る