バイクメンテナンス
■ホームページへ
■乗り物のページへ
HONDA CB400SS
 
KLE400記録へ

2016年
2017年
2018年
2016年
2016年10月10日
到着 13264km走った中古
待っていたCB400SSがやっと到着した。
年式は2008年でこのバイクとしては新しいのだが、それでも8年経っているのであちこちにくたびれがある。
中古だから仕方ない。

エンジンは雑音もなくかかった。
乗って走ってみたが問題なし。
あと何年かは乗れそうである。

外装を少しいじった。
まずリアキャリアとナックルガードを取り付けた。
純正の正規パーツがもうないのでいずれもオークションで買っておいた。
次にネットショップで安く買ったスクリーンを取り付けた。
HONDA CB400SS
HONDA CB400SS HONDA CB400SS
HONDA CB400SS HONDA CB400SS
そしてガソリン満タン。 走行距離は13264km、これからどのくらいのばせるか。
燃費は、他の人のインプレッションは22から30km/gのようなので、25km/gくらい走ってほしい。
今日は任意保険もまだ効力がないので、あまりダイナミックに走らなかった。
乗り出して分かったことは、

  ・シートがやや固目なので、運転する者にとってはいい。
  ・サスペンションは車重が軽い分ごつごつ感がある。
  (その分タンデムの後ろの人が疲れるかも)
  ・シングルの割にはバランサーがあるので振動が少ない。
  ・よく回るエンジンで、100km/hまで思ったより早く到達する。
  ・90km/hでの巡航もそれほど苦にならない。
  (スクリーンが小さいので風があたる。もう少し大きいのに変更したい)
  ・取り回しがとにかくやりやすい。
 (KLEは動かす時腰を入れるが、これは腕だけで動かせる)
  ・排気音が静かなので夜でもいいかも。

というのが第一印象である。
全体的にマイルドな乗り心地と、シングルエンジンの鼓動は、何となくおおきなカブに乗っている感じである。
悪くはない。
今の私によく合ったバイクかもしれない。
これから折に触れてページを作っていきたい。
 
HONDA CB400SS
(クラシックな感じがいい)

10月13日
CB400SS トップケース取付
CB400SS
(リアケースを取り付けて駐輪場デビュー)
CB400SS
(吉野に初ツーリング 10月15日)
CB400SS
(吉野ツーリング 10月15日)
10月16日
USB電源アダプタ取付 13537km
ホーコーオンチの私にはナビが不可欠のデバイスである。

CBもKLE400と同様にスマホのための電源を取り付けた。
KLEのようにカウリングがないのでどうしょうかとしばし考え、利用できるパーツを探した。
ちょうど以前買って余っていたナンバープレートステーがあったので、それをジグソーノコでカットし成形した。
そしてパンドルポストのボルトに取り付けた次に電源ユニットを取り付け。
両面テープで楽々。
第2ステップ完了。

ここでハタと気が付いた。雨が降ったらどうする。
シガーライターソケットはめったに使わないので、蓋をすれば水は入らないが、USB端子にスマホのケーブルをさしたときは、やはり濡れると具合が悪い。

いろいろ素材を考えたが、最終的に、不要になったカバンの素材を適当な大きさに切り、電源の上をカバーした。
布にしたのは、端子を使わないときはゴム蓋をするようになっているのだが、その蓋をしやすくするためである。
下からくる水はどうするか。
硬質プラスチック板をカットし、はんだごてでプラ板にあて曲げてアールを付け、下に貼り付けた。
これで下からの水の侵入を防ぐことができ、端子はかなり奥になり、これで少々の雨でも走れる。
第3ステップ完了。
次が厄介なメイン配線。これもタンクを外しバッテリまでもっていき接続。フューズもついている。
ラストステップ完了。

そしてスマホをつなぐと充電中表示が出た。端子の抜き差しもゴムの端子カバーもスムーズに蓋ができる。
これでOK。。
CB400SS
(ハンドルポストにブラケットを取付)
CB400SS
(両面テープで電源アダプターの取付)
CB400SS
(水滴防止の上下のカバー)
CB400SS
(取付完了)
CB400SS
(メイン電源配線。バッテリ直結)
CB400SS
(きちんと充電ランプがついた)

10月23日
前後タイヤ交換 13760km
この日朝からCB400SSの時計にライトをつけた。
夜会社からの帰りに時間を知りたい時、暗いと何も見えないので灯りが必要なのである。
KLEもつけていたが、インシュロックで止めただけだったのでいまいち格好がよくなかったが、CBはアルミ板をいろいろ曲げ、工夫しながら取り付けた。
何とか以前よりは格好がよくなった。
昼前に近くのバイクショップに持ち込みタイヤを取り換えた。
購入したものはタイヤがへっていた。
はじめからわかっていたのだが、販売店で頼むとタイヤ代を定価よりも高くいってきたのでやめたのである。
今度のタイヤはダンロップTT100GP。
ミシュランがほしかったが合うサイズが見当たらず、ダンロップにした。
どんな感じか楽しみである。装着後高速を走ってみたかったが、雨が降ってきたのでやめた。
CB400SS
(丸いメーターはやっぱり落ち着。バイクらしい)

CB400SS
(旧のリアタイヤ)
CB400SS
(旧のフロントタイヤ)
CB400SS
(新しいフロントタイヤ)

11月3日
スマホブラケット取付強化
ハンドルにかけたジャケットを引っ張ったとき力がかかってスマホのブラケットを折ってしまった。
折れたのはプラスチックだったので、金具にしたかった。
ちょうどいい金具があったので少し加工して取り付けた。
金具に二つ穴が開いていたので、脱落防止の取り付けがやりやすくなった。
CB400SSはいたって快調で、昨日ガソリンを入れると29km/g走っていた。
またアイドリング回転数を1500rpmから正規な1300rpmに落とした。
CB400SS
(鉄製になったので丈夫になった)
CB400SS
(和歌山城)
CB400SS
(和歌山電鉄 ウメボシ)
CB400SS CB400SS

11月20日
コンパス取付
バイク用コンパスがひとつ余っていたので取り付けた。
作業をしているところにカマキリが遊びに来た。
CB400SS
(スクリーンに取り付けた)
CB400SS
(遊びに来たカマキリくん)

11月23日
バッテリ交換 14623km
バッテリが寒い朝など少し回りが悪かったので取り替えることにした。
今着いているフルカワ製から、新たにGSユアサ製に交換した。
やはりついていたバッテリはへたりが来ている感じで、新しいバッテリだとセルが軽やかに回った。
換えてよかった。

次にトップケースのブレーキランプが通電していなかったので配線をした。
KLEの時はブレーキランプだけ点くようにしていたが、今度はテールのスモールランプの役目も持たせた。

それにしてもホンダはメンテナンスがやりやすい。
パーツの取り外しが簡単にできる。
KLEの場合はシートを外そうとすれば大騒ぎであった。

ランプのテストは上々であった。
後続車も早くに気づいてくれるだろう。
これで走るための作業は、KLE400と同じ状態になった。
 
CB400SS
(これは古いバッテリー)
CB400SS
(取り付けた新しいバッテリー)
CB400SS CB400SS
 
このページトップへ
<<2017年へ KLE400へ>>