バイクメンテナンス
■ホームページへ
■乗り物のページへ
KAWASAKI KLE400 メンテナンス記録
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年1
2013年2
2014年
2015年
2016年1

CB400SSが来た
CB400SSへ
2001年
2001年7月21日
KLE400発進 0km
POPGROUP KAWASAKI SAKAIへいき、そのままキーを受け取り走ってきた
初めてKLEをみた感想は、

「大きい」、「色がええなー」

エンジン音を聞いて、

「音が少しジャラついてるなー」


走りはじめて、

「お、なかなかえーなー」


であった
KAWASAKI KLE400 メンテナンス記録

7月23日 330km
異音対策
300kmを走った頃から「キュルキュル」とカウリング付近で異音。
気になるので対策。

カウリングの裏のワイヤーハーネスや、フロントカウリングとエンジン周辺のカウリング取り付け部からの、訳の分からないところから出ていた。

フロントカウリングの裏全面に、スポンジを両面テープで付け、ワイヤーハーネスをクリップし直すと、音はきれいに止まった。
HONDA CB400SS メンテナンス記録

8月9日 1000km
1000km点検
購入したところは堺なので少し遠いため、和歌山のKAWASAKI専売店へKLEを持ち込んだ。
そこでオイルとオイルフィルターを交換。

作業をしてくれた整備士さんは、オイルドレンボルトをゆるめるとき、反対に締めていた。
途中で気が付いたらしく「あれっ」という感じで逆にレンチを動かした。

一通り作業が終わったあと、整備士さんがお金の計算にその場を離れたとき、きちんとしまっているかこっそり確認した。
これなら自分でやった方がよかったかな
KAWASAKI KLE400 メンテナンス記録

 11月17日 2012km 
 コンパス取付
 方向音痴なため、ツーリングの時も方向を絶えず確認しながら行く必要があるが、いちいち磁石を見るのは大変である。

オートバックスにKLEのボディカラーと、同色のコンパスがあったので、ダッシュの上に取り付けた。
吸盤式なのでスクリーンにも傷が付かず、下端を両面テープで固定しているため外れない。
雨にもふられたが特に問題ない。
走っている方向を絶えず確認できるため、きわめて便利である。
これでタンクの上にマップルを乗せる方法を考えれば、ツーリングがやりやすくなる。
メーターは2012kmである。
特にトラブルは発生していない。
KAWASAKI KLE400 メンテナンス記録熊野の林道を走った。
KAWASAKI KLE400 メンテナンス記録

 11月17日 3300km
 時計取付
 時計がほしかったのでいろいろ付け方を考えた。
簡単な方法では、ベルクロがあるが、盗難のおそれがある。
いちいち取り外しも大変である。

そこで、3mm(450円)と0.5mm(420円)厚のアルミプレートを買ってきて、加工した。
ハンドルへの取り付けステイは、バイク部品ショップで450円だった。

時計もいろいろ見たが、値段とのかねあいでなかなかいいのがなく、1980円の写真のものにした。
ハンドルの色と時計の色が同じなので違和感がないのも気に入った。一応5気圧防水バックライト付きである。
夜走るとき、このバックライトは効果がある。
走りながらでもポンとボタンを押せば時間が分かる。
ストップウォッチが付いているので、走行時間も簡単に分かる。

盗難の心配は残るが、全てねじで取り付けているので取り外しには時間がかかる。

<加工方法>
まず3mmアルミプレートをドリルで穴をあけ、縁などをヤスリできれいにした。
次に時計のバンドを外し0.5mmアルミプレートをはさみでバンドの幅にカット。
仕上げは、プレートとアルミのバンドに穴をあけ、腕に巻くのと同じようにプレートを巻き込みねじ止めして終わり。
思ったより簡単できれいにできた。
これでどんな時計でも取り付け可能となった。
ステイへの取り付けは盗難防止のため、両面テープを併用し、締め付けはダブルナットとした。


ちょい乗り紀泉高原スカイラインをちょっと走った。

KAWASAKI KLE400 メンテナンス記録

KAWASAKI KLE400 メンテナンス記録
 
▲このページトップへ
<<2002年へ