■ホームページへ
■奈良歴史散歩
■ボクの細道
 
 山の辺の道 大神神社
山の辺の道1 (金屋の石仏〜平等寺) 
<金屋の石仏>

山の辺の道に数ある石仏で、この金屋の石仏が一番見たかったものである。以前に山辺の道を歩いた折りにはここによれず歩き残していたのである。三輪山の南にある金屋という集落にあり、釈迦如来と弥勒菩薩が、高さ約2メートル、幅約80センチの泥板岩に浮き彫りされている。
平安後期から鎌倉時代の作とされ、国の重要文化財に指定されている。噂に違わず立派なもので見応えがある。以前は三輪山の中腹に安置されていたが、明治初年の神仏分離令によって、現在の場所に移された。金屋の石仏は耳の悪い人に霊験があるとのことである。
石仏の前に、「喜多美術館」がある。昭和63年シルクロード博を記念して開館され、西洋近代美術を中心に収蔵し、ゴッホ、ルノアール、ピカソ、須田国太郎、佐伯祐三、安井曾太郎、梅原龍三郎、藤田嗣治、熊谷守一らの作品を展示していると言うが何となくたたずまいが中途半端な感じがして入らなかった。今度来た折りには入ろう。
山辺の道はくねくねとカーブしながら平等寺へ続いている。

山の辺の道 金屋の石仏
(金屋の石仏)
山の辺の道 金屋の石仏 山の辺の道 金屋の石仏
(石仏の近くにあった石碑)
山の辺の道 金屋の石仏
山の辺の道 金屋の石仏
(なかなかいい表情である)
山の辺の道 金屋の石仏
(平等寺へ続く石畳の山辺の道)
山の辺の道 金屋の石仏
(案内碑)
山の辺の道 金屋の石仏
(右に行けば長谷寺に行ける)

八一はここで詠っている。

   みみ しふ と ぬかづく ひと も みわやま の 
              この あきかぜ を きか ざらめ や も


八一が訪れた時、石仏は路傍の木立にただ立てかけられていただけだったので、耳が悪い老女の祈る姿が寂しかったのであろう。現在の石仏は頑丈なコンクリートの堂の中にある。

ちょうど昼時だったので、途中にある日向神社で昼食にした。小さいがしっとりしたいい神社であった。「もえないゴミ」の看板が少し寂しい。ここに掲示しなければいけなかったのだろうか。

 山の辺の道 金屋の石仏
(日向神社)
山の辺の道 金屋の石仏 

<平等寺>

山辺の道筋にある平等寺は、聖徳太子の開基とと伝えられている。山の辺の道 平等寺
大三輪寺として創建されたという。
鎌倉時代の初期、慶円上人(三輪上人1140〜1223)を迎え、東西500m、南北330mの境内に、本堂、護摩堂、御影堂、一切経堂、開山堂、赤門、鐘楼堂のほか、12坊舎の大伽藍を有し三輪社奥の院として、大いに栄えたという。室町、江戸時代には醍醐寺三宝院、南部興福寺とも深く関係し、80石の朱印地を持ち修験道の霊地でもあった。また、慶長5年(1600年)9月15日関ヶ原の合戦で敗れた薩摩の領主、島津義弘主従がこの寺に逃げ込み11月28日まで70日間滞在し無事帰国されたという。
残念なことに、明治維新になって、政府の廃仏毀釈により、大神神社を統括してきた平等寺は、金屋の石仏をはじめ61体にのぼる仏像が他所に運び出され、全ての堂塔の整理を迫られたが、現境内地の寄進を受け再興の道が開かれ、本尊秘仏十一面観世音菩薩、三輪不動尊、慶円上人像、仏足石等が守られたという。
ここでも廃仏毀釈の影響が強く出ている。政治により人も心まで荒んでくる。これは今も昔も同じかな?
本堂は昭和62年に再建され、聖徳太子作と伝えられる本尊十一面観世音菩薩はじめ薬師如来、阿弥陀如来、地蔵菩薩、聖徳太子像等がまつられている。 
山の辺の道 平等寺
(本尊前立十一面観世音菩薩像(復元))
山の辺の道 平等寺
(山門)
山の辺の道 平等寺
(本堂)
山の辺の道 平等寺
(不動堂)
山の辺の道 平等寺
(「わが衣色にそめなむうま酒三宝の山はもみじにけり」)
山の辺の道 平等寺
(参拝客がいてもゆったり休憩のにゃんこたち)
山の辺の道 平等寺 山の辺の道 平等寺
(廃仏毀釈がなければいい仏像があった)
山の辺の道 平等寺
(ビンヅル様)
山の辺の道 平等寺
(二重の塔・釈迦堂)
山の辺の道 平等寺
(聖徳太子立像)