奈良歴史散歩
■ホームに戻る
■奈良歴史散歩へ
■ボクの細道

葛城古道
葛城古道は、奈良に行くときによく通る.
国道24号線から少し西に旧高野街道筋の「風の森」と呼ばれるところがある。この地方一帯が金剛山から吹き下ろす強風の通る場所で、風の被害を受けないようにと、志那都彦神社が祀られている。
風の森を抜けて、御所市内の鴨神の集落にある高鴨神社に車を置いて歩き出した。

風の森 葛城古道  風の森 葛城古道

<高鴨神社>

ここ高鴨神社は、京都の上賀茂神社、下鴨神社の本家にあたる由緒正しい神社という。社殿は国の重要文化財に指定されている。ここはまた日本サクラ草の名所であるという。4月から5月にかけてが見ごろということである。
私たちが行ったのはちょうど七五三の時であり、数組の親子連れがお参りをしていた。
境内は由緒正しい雰囲気で、左手に池があり、玉砂利を踏みながら行く。社殿へはそれほど高くない石段を登る。

ここ高鴨神社は、鳥居の右横に梵鐘「時の鐘」が在る。神社に鐘があるのもめずらしい。
石段の上に建つ本殿は、室町時代の代表的建築で、屋根は檜皮葺で中央に唐破風を付けた「三間社流造」でである。
1543年(天文12年)に再建されたという。

主祭神は、大国主命の第1子・阿治須岐高日子根命(あじすきたかひこねノみこと)で、その妹の下照姫命(したてるひめノみこと)と、下照姫の夫天若日子命(あめノわかひこノみこと)を祀っている。
境内には、様々な宮が祀られそれぞれ個性的なたたずまいを見せて点在している。
高鴨神社 高鴨神社 高鴨神社 高鴨神社
高鴨神社
高鴨神社 高鴨神社 高鴨神社 高鴨神社
高鴨神社

神社の左手には「葛城の道、歴史文化館」があり、ここに車をおいて古道を歩く。
文化館の展示は、長いこと更新されていないので古くて寂しい感じである。担当者が暇そうにしていた。
(2011年4月にここに行くと、イタメシ屋さんに改装されていた。)

奈良に行くとき、ここでちょうど1時間くらいの距離のため、休憩によく使う。
古道の案内板。このうちの緑の道を歩いていくのである。
この街道の案内板はわかりやすくていい。

葛城古道

道は左に葛城山系を見ながら続いている。途中いくつかの地蔵さんや風情のある建物がある。瓦屋根の家並みが続いており、この地の歴史の古さを感じられる。高天彦神社への道は葛城山系に向かって続いている。
ガイドブックでは途中に先住の民・土蜘蛛伝説地としての蜘蛛塚があるというが、見つけることができなかった。

この高天の蜘蛛窟の伝説は

『むかし、千本の足をもつ大きな土蜘蛛がすんでいた。時の天皇はお悩みであったので勅使がきて、字 サルチ(猿伐)から矢を射て殺した。矢の落ちたところを矢の段という。土蜘蛛を高天彦神社の傍に埋め、蜘蛛塚といった。蜘蛛のいた窟は神社の前の並木の東にある。』(御所市史より)
ということである。

葛城古道 葛城古道 葛城古道
葛城古道 葛城古道 葛城古道 

<鶯宿梅>

鶯宿梅は高天彦神社の参道前にある。
梅の古木だが歩いた季節が秋なので、花も何もなく、ただの木という感じであった。
伝説では、高天寺で修行をしていた小僧が若くして亡くなりその師が嘆き悲しんでいたところ、梅の木に鶯がきてホーホケキョではなく、
「初春のあした毎にはくれども あはでぞかえるもとのすみかに」と鳴いたそうである。
それ以来、この梅を鶯宿梅(おうしゅくばい)と呼ぶようになったという。
確か和歌山の梅干しにもこの名前があったようななかったような。

<高天彦(たかまひこ)神社>

鶯宿梅からすぐ、杉の巨木が迎えてくれ、その奥に「高天彦神社」が鎮座している。祭神は高御産巣日神(たかみむすびノかみ)、市杵島姫(いちきしまひめ)命、菅原道真で、金剛山別当葛城氏の祖神でもあり、古くから背後の白雲峰(高天山、標高694m)を御神体としてここにあるらしい。
延喜式内社で最高の格式を誇り、独特の風情がある。

ただ社の屋根が赤い瓦で、全体の雰囲気の中で妙に浮き上がった感じをうける。
本来は檜皮葺ではなかったかと思うのだがどうだろうか。
この瓦が、檜皮か銅板葺きであればこの社の持つ深みがさらに増すのではないかと思う。
いずれにしろ、この神社の歴史が古いことをうかがい知れる境内で、気分がすっと落ち着く感じがする。
今はやりの言葉で言うところの、「パワースポット」である。
境内に真新しい休憩所があり、たくさん椅子を置いていてくつろげる。私たちはそこで持ってきていた茶の道具で野点をした。
ちょうど東京からきていた女性がいたので、その方にもお茶を振る舞った。
後でよく見ると、火気厳禁とあった。すみません。

葛城古道 高天彦神社 葛城古道 高天彦神社 葛城古道 高天彦神社
葛城古道 高天彦神社

<高天原>

お腹がいっぱいになったので、高天彦神社からきれいな家並みを見ながら道を下ってゆくと、突然視界が開けた台地にでる。
「史跡高天原」の石柱が立っている。この辺りが高天原である。
高天原も全国各地にあるが、ここ葛城が地理的にも歴史的にもふさわしい感じがするのだが、現在のそれは何となくあっけらかんとしすぎている感じがする。

記紀によれば、瓊々杵尊(ににぎのみこと)は、高天原から日向の襲の高千穂に峰に降臨する。
しかし、この葛城の地から日向の地に降臨するというのも、不自然である。こういう不自然さが、記紀反対派が受け入れられないところだろう。神話がここ葛城氏の神話を下敷きにして都合のいいように脚色されたのだろう。
葛城古道 高天原 葛城古道 高天原

葛城古道 高天原

▲ページトップへ
▲次へ 
■ホームに戻る
■奈良歴史散歩へ
■ボクの細道