私の小さな発見


その他

1.詰パラ2000年9月号大学院近藤真一作123手詰(01/07/18登録)

  6三歩は不要駒?

  「私は感動した!」と叫びたくなるような傑作で、看寿賞も受賞した本作ですが、

  6三歩は既に指摘はあるようですがやはりなくても良いようです。

  誠に勝手ながら、6三歩を除いた修正図を考えてみました。修正案

  序盤に2手付け足し手数は125手になります。(9四と 同玉 9五歩以下原作通り)

  余計なおせっかいと言われればそれまでですが...。

              ↓

  近藤氏から次のようなメールを頂きました。(02/05/01追加)

  前略〜。結論からといいますと、63歩は不要駒となっています。

  次の局面をご覧ください。30手目54玉の局面です。

  ここで57香とする紛れがあります。解説にありましたが、そこで56桂とすれば

  以下、同香43玉で逃れです。しかし、63歩がないとさらに63竜同金33桂成

  同金同角成同玉45桂として詰んでしまいます。

  最初は上のように考えていたのですが、じつは57香には56歩、同香、55歩

  と連合して逃れているのです。これを見落としており、結果発表時に気がつい

  たのですが、その事を説明するほどの作品でもなかろうとあまり深く考えてい

  なかったのです。なぜか作者の思惑とは違い看寿賞まで受賞することになって

  余計に言いずらくなつてしまったというところです。

  開き直って桂合で逃れるためとも言い切ってしまえれば、楽なのですが、

  そこまでは言えません。

  作者としてはこの図を改作する気はありません。欠点も含めて、これはこれで

  完成図です。〜後略

2.詰パラ1989年7月号短大1拙作について(02/05/01新)

  原図より初手1六飛からの難解な余詰に対して同年11月号で6六歩を桂に変えて修正

  する旨お伝えしていただいたのですが、それでは、新たな早詰が発生してしまいます。

  9手目より5四銀打 5五玉 6七桂以下詰。

  今更という感じで申し訳ないのですが。頭2手は切るしかなさそうです。とほほ。

3.ゆめまぼろし百番の67図「秘宝」について(06/08/07新)

  完全性には問題ないようですが、本書に記述されている手順は変別解なのでは?

  113手目に対して、本書では3一玉(イ) 4一金 3二玉(ロ) 3三歩(A)以下133手

  で詰ましております。

  ところが、(A)で2三銀不成とやると4一玉 5二銀不成 3一玉 3二歩 2一玉 

  2二歩 同銀 1二銀不成 3二玉 4三馬 3一玉 2一銀成 迄129手で詰みます。

  そこで(ロ)で同玉としますと5二銀不成 3一玉 3二歩 同玉 2三銀不成 2一玉 2二歩 

  同銀 1二銀不成 3一玉 3二歩 同玉 4三馬 3一玉 2一銀成 迄131手で詰みます。

  そこで、(イ)で3二玉とやると、3三歩 3一玉 4一金 同玉 5二銀不成 3一玉 

  3二歩成 同玉 2三銀不成 2一玉 2二歩 同銀 1二銀不成 3一玉 3二歩 同玉 

  4三馬 3一玉 2一銀成 迄133手、これが正しい手順ではないかと思われます。

 

             私の小さな発見一覧