黄色の実線のコースを歩きました。
@ 7月5日 メンリッヘンからクライネシャイデック  正面にアイガー(3970m)、メンヒ(4099m)、ユングフラウ(4158m)を見て、左手にグリンテルワルドの谷やヴィーターホルン(3701m)を見ながらチュンゲン(2521m)の東斜面を迂回する平坦な道。花を見ながら楽しいコースです。 ここで初めて見たイワカガミダマシが可愛かった。
A 7月6日 アイガークレッチャーからクライネシャイデック  ユングフラウヨッホ(3454m)の帰りにアイガークレッチャー(2320m)からクライネシャイデック(2061m)へ降りるコース。花が多いいコースと聞いていたが凄かった。しかし、生憎の霧で山は見えなかった。(ガイドつき)
B 7月7日 クローゼシャイデックからフィルスト  クローゼシャイデック(1961m)からフィルスト(2171m)まで比較的平坦なコース、左手にアイガーやをグリンテルワルドの谷を見ながら歩く。花が群生し見事なコースだった。残念ながら楽しみにしていたシュレックフォルン(4075m)は見えなかったがオーバークレッチャーはよく見えた。(ガイドつき)
C 7月7日 シュレックフェルトからグリンテルワルド  フィルスト(2171m)からゴンドラで一駅降りたシュレックフェルトからグリンテルワルド(1034m)まで標高差約1000m、4j時間の行程。
 コースは花の種類が多く、凄いの一言に尽きる。花畑となった牧草地帯を写真を撮りながら降りてきたが実に素晴らしいコースだった。
(雨でバッハアルプゼーの往復をやめ、ここを歩いたが正解だった。単独行動)

図中の数字は「スイスアルプス花のある景色」の写真番号です。赤丸数字はクリックすると旅行記からの写真が出ます。