講談社旧本館

1933/高松政雄(曽禰中條建築事務所)
東京都文京区音羽2-12-19
参照ホームページ

当時台頭しつつあった装飾のないシンプルで機能的な「国際建築様式を薄っぺらと断じ、「清朗ながら深みがあり明快ながら落ち着きもある健全な建築」をつくるべきといった高松が48歳で急逝する前年の作品」※です。

※総覧 日本の建築 第3巻/東京 (社)日本建築学会編 184ページより