仙人温泉〜辿り着くまでも楽しい秘湯中の秘湯



  • 特長:スリルと抜群の眺望が楽しめる秘湯
  • 場所:北ア;立山連峰〜黒部峡谷
  • 行程:立山室堂より徒歩10時間
 立山室堂ターミナルからだと剣沢経由で実歩行時間10時間以上、欅平からでも水平歩道経由で8時間以上要する秘湯中の秘湯。どちらにしても、山中1泊はしないと辿りつけないのだから、時間はかかるが、下りが主体の室堂からのコースをおすすめする。室堂の標高2400m、欅平600m、この標高差は大きいし、途中の眺めは絶対に室堂からが抜群だ。日本三大雪渓の一つ剣沢雪渓を歩いたり、仙人池に映る裏剣を眺めたり、川岸をへつったり、黒部峡谷の断崖絶壁をくりぬいた水平歩道を歩いたりと、変化に富んだなかなか楽しい縦走コースだが、長丁場なだけに、やはり初心者には難しく、経験者の同行が望まれる。

 しかしここの露天風呂も苦労してたどり着く価値は十分持っている。屋根のようにかぶさる天然の巨岩の下に石積みで作られた湯船は、それだけで雰囲気たっぷり!しかも、周りの木々、そして後ろにドドーンと連なる後立山連峰の眺めも加わり、ロケーションは抜群である。私の知る限り山の露天風呂としては第一級品だ。特に、秋に訪れれば、素晴らしい紅葉が楽しめるだろう。今回の番付は高天原温泉に続いて大関位としたが、秋に行っておれば横綱になっていたかもしれない。

 ただし、この露天風呂、小屋のまん前にあり、登山道からも丸見えなので、入るのには少々勇気がいるかもしれない。といってもそんなに人が通るコースでもないのだが・・・。女性用は小屋の裏側、源泉が湯気をあげている谷に面したほうにあるので、表からは隠れている。小屋の人に確かめたところ、屋根はあるが一応露天風呂なんだそうだ。入浴料は400円(1999.8月現在)。湯は流しっぱなしなので、いつでも入れるようだ。但し、70度ぐらいあるので、水のパイプも一緒に入れてある。

岩の向こう側が女性用露天風呂

 また、ここから少し離れたところには仙人岩屋と呼ばれる昔の修行場と思われる岩窟があり、ヒカリゴケが妖しい光を放っていたりして、温泉以外にもなかなか楽しいところである。日程の関係上、私はここの山小屋には泊まらなかったが、もし泊まれば、夜は後立山連峰の山小屋の光と、満天の星の下での露天風呂、朝は、ご来光も楽しめたことと思う。

お勧め露天風呂に戻る 山の秘湯ミシュランに戻る