中岳温泉〜一番入るのにためらう秘湯


・特長:北海道大雪山系の超素朴な自然のいで湯
・場所:旭岳から裾合平経由、黒岳方面に向かう山中
・行程:旭岳ロープウェイ姿見駅から徒歩3時間

 ここがどんな風呂かは、写真を見てもらえば一目瞭然である。沢に沿って登山道がつけられているが、よく見ると水の中からプクプク硫黄や熱湯が噴き出している。そんな中で大きな岩がダムの役目をして少し水がせきとめられている所がある。ここが中岳温泉の天然の湯船だ。誰かさんが板を2枚ほど立ててくれていて、それを調節して川の水を適当に入れ温度調節ができる。川底を少し掘っても見ての通り寝そべってやっと体が湯に浸るぐらいの浅さ。そのすぐ脇を登山道が通っているのだから、見られる方も恥ずかしいが、見る方も、若い女性が入ってるならともかく中年男の醜い裸などいやだろう。実際、私が入っている間に数組のパーティが通りすぎたが、みんな顔をそむけて足早に通り過ぎて行った。だったら人が通らない朝夕はどうかというと人が来ないかわりにヒグマが来るかもしれない。どっちにしてもためらってしまう。
 大雪山は、さすがに北海道の山だけあって、本州の山と比べようがないほどスケールが大きい。そして、姿見駅からこの温泉に向かう途中にあるお花畑も、びっくりするほど規模が大きい。辺り一面見渡す限りチングルマだらけの大群落の中を登山道がつけられていて、その中を歩いていくわけだが、ホント実際に行って自分の目で見てもらわないと説明ができないほど素晴らしい光景だ。そんな雄大な景色と、ワイルドな湯船に関脇位を贈呈!!

 1999年現在、旭岳ロープウェイは工事中のため、登山道を歩いて登らねばならず、上記の時間よりプラス2時間よけいにかかることになる。十分な装備とクマへの注意が必要。

お勧め露天風呂に戻る 山の秘湯ミシュランに戻る