白馬鑓温泉〜お花畑めぐりと展望の秘湯

風呂とおぢさん
  • 特長:眼下の展望と白馬岳が誇る高山植物の数々
  • 場所:北ア;白馬鑓ヶ岳直下:標高2100m
  • 行程:猿倉より徒歩4時間半
 温泉だけが目的なら、白馬岳の登山口、猿倉から登れば早く行けるのだが、だらだらした坂を登るだけでちっとも面白くない道だ。ここは、ぜひ、日本一の白馬大雪渓を登り、高山植物が咲き乱れるお花畑を通って白馬岳を目指してほしい。さらに白馬岳から白馬鑓ヶ岳に至る稜線上のお花畑もまた素晴らしい。この白馬三山縦走コースの下山路として白馬鑓温泉を通過するというのが私のオススメのコースだ。稜線の分岐点から下降してここに着く途中にも大出原という見事なお花畑があり、まさに花と湯の旅が楽しめる。雪渓の登り、そして鎖場があるが、登山の難易度としてはガイドブックでは初級となっている。経験者が同行すれば、比較的楽に登れるコースだ。
 山小屋は鑓温泉小屋。冬には解体してしまう小屋なので、まあ、あんまり期待しないほうがいい。また、お盆シーズン中は、一枚のふとんに3人(頭と足をたがいちがいにおくらしい)という大混雑する日もあるそうで、むしろ稜線上の小屋に泊まって、帰り道に一風呂浴びる方がいいかもしれない。どうせ、入った後も猿倉までえんえん3時間歩いて汗びっしょりになるのだから。
 さて肝心の露天風呂だが、浴槽はコンクリートのプールみたいで味気ない。しかし、前をさえぎる山がないので、風呂からみる眺めは実に素晴らしい。朝は風呂から雲海に浮かぶ山々が見られるなど、まさに雲上の湯だ。近くの高山植物のお花畑の素晴らしさと、眺めの素晴らしさとをあわせて関脇位を贈呈。

お勧め露天風呂に戻る 山の秘湯ミシュランに戻る