阿曽原温泉〜黒部峡谷の魅力いっぱいの秘湯



  • 特長:スリルと渓谷美が楽しめる秘湯
  • 場所:黒部峡谷
  • 行程:欅平より徒歩5時間
 私は、上記の仙人温泉を経て、この阿曹原温泉小屋を利用したのだが、ここは秋の紅葉の季節、黒部峡谷下の廊下コースの中継点としてよく利用されるようだ。山小屋の部屋はどこも黒部峡谷に面しており、とても眺めがよい。

 宇奈月温泉からのトロッコ列車の終点、欅平から歩いて約5時間の道程だが、このコースが有名な水平歩道といって、黒部峡谷の断崖をコの字型にくりぬいた道である。初めと終わりに急坂がある以外はその名の通り、ほぼ水平の道が続くのだが、なにしろ、足元は2〜300mの断崖絶壁で、落ちたら絶対に命はないというしろものなので、やはり登山経験がないと無理だろう。
 ま、高所恐怖症でなければ、トロッコ列車から眺めるよりはるかに迫力ある奥黒部の渓谷美や、途中の滝、真っ暗で天然冷蔵庫みたいなトンネルなど、なかなか楽しめるコースではあるのだけれど。

 お目当ての露天風呂は、小屋から5分ほど下っていったところにある。湯船はなんの変哲もない長方形の8畳程度あるコンクリート造りのものだが、背景はもちろん黒部峡谷なんで、眺めは抜群だ。お湯を流しっぱなしにしているパイプはトンネルの中へと続き、そこからは常に蒸気が出ている。風呂は一つしかないが、時間帯によって、男性、女性入れ替え制となっており、入浴料は300円(1999.8月現在)である。



 この阿曽原温泉小屋、紅葉シーズンともなると、大混雑するそうだが、この写真のとき(1999年8月)は、夏休み中にもかかわらず宿泊客がたったの3人。露天風呂にも昼寝しながら2時間ほどいたのだが誰も来ず、とうとう私が湯につかっている写真を撮ってもらえなかった。え?そのほうがよかったって?こりゃまた失礼。

お勧め露天風呂に戻る 山の秘湯ミシュランに戻る