雑記帳1999年10月〜12月

送信フォームで公開を承諾された方のみ紹介しています。匿名、ニックネーム希望の場合はその旨お書き添えください。但し、ファイルサイズが大きすぎたり内容が不適切な場合、管理者の判断で編集したり掲載しないこともあります。あらかじめご了承ください。

2000年1月 99年7月〜9月 99年4月〜6月99年1月〜3月 98年後半 98年前半 97年



チル様

はじめまして。フルタというメーカーから出ている『チョコエッグ』という名前のお菓子があります。卵のかたちをしたチョコの中に、プラスチックのカプセルがあり、カプセルの中に日本の動物のちっちゃな組立おもちゃがあるんです。この、動物は全部で48種類あって、その中にエトピリカがいます。
私は、エトピリカを当てて、どんな鳥なんだろうと興味を持ち、検索したところこのHPにたどり着きました。実際に見たとのこと、うらやましく思います。
鳥、野鳥とはかけ離れますがオカメインコを飼っています。表情のある間抜けさが可愛い鳥です。

ジャズは、縁あってRIchard Davisというベーシストと親しくしていますが、これまたあまりよくわかっていません。聞いていて気持ちいいな、と思うくらい。
では、また寄せてもらいます。

●フルタやカバヤというお菓子メーカーは私の子ども時代は、森永、明治より親近感がありました。そうですか、エトピリカを景品にするなんて、なかなかやりますなあ。また、チル様もRichard Davisとお知りあいとはやりますなあ。エルビン・ジョーンズとの共演盤「ヘビー・サウンズ」は、かつてのジャズ喫茶の人気盤でした。独特の味があるベース・プレイは私も好きですよ。

小玉正夫様

mkodama@d4.dion.ne.jp

いいですね。私の趣味とばっちり合います。私は、基本的に純粋なモダンジャズファンですが、オ−ネット・コ−ルマンのDancing In Your Headは、同じく、違和感がないですね。いいですね。

●お便りは大晦日に頂いたのですが、掲載は年が明けてからになってしまいました。あけまして、おめでとうございます。同じ趣味と言っていただけて光栄です。なんせオ−ネット・コ−ルマンのDancing In Your Headは、いいという人にはなかなか会わないので、心強い限りです。

MA様

masa01@sunfield.ne.jp

貴殿のTopPageが開いたら、いきなりブルースが聞こえてきたので驚きました。
私は、もう7年位JAZZから離れているのですが、思わずリズムに乗ってしまいました。 (昔の血が騒ぐ)
学生時代(’80年代初頭)には、私も「ジャズ喫茶」通いをずいぶんしました。
お気に入りは、渋谷の「スイング」「音楽館」・・等々。
「スイング」はその後レイザーディスクの映像中心になってしまい、「音楽館」 は綺麗に改装してから、足が遠のいてしまいました。

いまのJAZZ喫茶はどうなのでしょうね。
私には、あのJAZZ道場的な雰囲気がたまらなく好きでした。

またきます。

●いらっしゃいませ。ご贔屓に!!ジャズ喫茶って、まさにお言葉どおり、JAZZ道場的な雰囲気がありましたね。学生時代が80年初頭とは、私より少し若い世代ですが、まだジャズ喫茶は健在だったんですね。今は、もう絶滅寸前でしょう。

川村研也様

kwmr-kny@post.yamaha.co.jp

この夏以来久しぶりにコメントさせていただきます。
夏山迷走記1999年版を楽しみに待っているのですが、
公私ともにお忙し過ぎますか。

●あららららぁーー。な、なんとぉー、か、完全に忘れておりましたぁ〜〜っ。温泉コーナーに仙人温泉や阿曹原温泉を追加しただけなのに、山行記録そのものも、書いたかのように思い込んでたようです。おまけに、夏山迷走記のコーナーに、ちゃんと1999年版のタイトル出してリンクまで設定してたんですね。アホですねえ。これからつくりますんで、平にお赦しをーーーーっ。

中川直之様

cyanurus@mail.goo.ne.jp

コバンザメ作戦の補足

シギチの観察の「コバンザメ作戦」って鳥見人口の多い所でないと使えませんね。
人口の少ないところだと当然鳥見人口も少ないですからアウトです。
ではどうするか。それは識別できる人を誘って(「拉致」とも言う)見に行くこと。
そして、分からないのがいたら「あれは何?」と聞きまくるのです。
ただ、この方法はマイペース型の人には使えません。

ばあどさん、トウネン、ハマシギ、イソシギ、キアシシギあたりから覚えていくと良いですよ。あと、キョウジョシギは難なく分かるんじゃないですか?
余談ですが、私はイソシギを海で見たことがありません。初めて見たのは山の中でした。

●まいど、おおきに!おお、「コバンザメ作戦」(鳥見のページ:いろ鳥どりコーナーの、超初心者向けシギチ識別講座参照)の他にも「拉致作戦」も使えますね。これは、なかなか強力ですが、出費もかさむかもしれませんなあ。こんな私ですが、なんぼなんでもキョウジョシギだけは分かりますよん。

GAMI様

xw3t-nkgm@asahi-net-or.jp

始めまして。GAMIといいます。三十路が目の前な男性です。
山とジャズの両方が好きな人ってなかなかいないと思っていたのですが。こうゆうホームページがあるととても嬉しいです。
私は学生(18才くらい)の頃からジャズが好きで、山登りは約1年前に始めました。
ホームページ拝見させていただきました。とてもすばらしいと思います。
苗場山と赤湯温泉いいですね。山登りのあとの温泉は最高だと私も思います。
私は那須岳の煙屋旅館にいったことがあります。

ジャズは割とバリバリというか黒っぽいというかそのようなものが好きなんですか。ホームページをみてそう思いました。(私はあまり詳しくないのですが、すいません。) 私は特にビルエバンスが好きです。
たくさんあって見切れないので、またゆっくり見させていただきます。 それでは、失礼します。

●ホントに山とジャズが両方好きな人って少ないですよねえ。山とクラシックって多いみたいですが・・・・。ご賢察通り、私はジャズの中でも真っ黒けで下品な部分が大好物であります。那須岳の三斗小屋温泉は以前から行きたいところなんですが、関西からだと、ちょっと行きにくいんですよ。

増田俊昭様

fwhi9561@mb.infoweb.or.jp

学生時代に登ってた山のことが忘れられなくて、かといって大きな山に登るほどヒマもなく、また連れもなく、仕方なく、近辺の藪山を一人でうろうろしています。でも最近、昔の、がむしゃら登山の時には気がつかなかったモノが見えるようになってきました。これも歳のせいかとも思うのだけれど、鳥、虫、花、・・・
自然が愛おしい今日この頃です。

●山の楽しみ方といってもいろいろありますからね。若いときのピークハンティングもそれはそれで楽しいし、また、歳をとってこそ、気がつくというか、開ける新しい世界、楽しみ方もあります。終生、ひとつの楽しみ方で押し通して満足という人もいて、それはそれでいいのでしょうが、私としてはやっぱりいろいろな楽しみ方があることがわかった方が幸せではないかと思いますねえ。

高木様

tz3t-tkg@asahi-net.or.jp

今晩は。今日は少しショックなことがありました。ザ・バンドのリック・ダンコの訃報。夕刊で知りましたが、大好きなバンドだったもので・・・・・。
 いつも何かの区切りでビデオの「ラスト・ワルツ」(映画)の中の「ザ・ウェイト」を見ていました。(現在進行形)
誰が何と言おうと最高のライブであり、映像であり、音楽であると思っています。彼の歌うシーンも感動的。

 今日もその場面を見てジ〜ンと・・・・・・。
HPに追悼記事(T'sMOVIEに)を書きました。20年以上親しんできた彼らの音楽とその映像だけに、どうしようもなく寂しい気持ちです。何だか勝手に暗くなってしまいました。阿部さんはどうですか。機会があったら彼らの音楽と「ラスト・ワルツ」について聞かせて下さい。

http://www.asahi-net.or.jp/~tz3t-tkg/

●実は、私、ロックを聴き始めた中学生時代はブルース&ハードロック命だったもんで、ザ・バンドはそんなに聞いてません。しかし、今でも「ザ・ウェイト」だけは、なぜか耳にこびりついていて、よく鼻歌で出てきたりします。ロックのレコードは処分してしまって手元にないのですが、ディランと共に録った地下室セッションのCDがあったので、久しぶりに聴きました。大好きだった「火の車」ってディランとダンコの共作だったんですね。中年の耳には、レッド・ツェッペリンよりザ・バンドの方がはるかに心地よいですなあ。

かつりん様

katzlin@md.xaxon.ne.jp

たびたび出没いたしましてすみません。山と酒とジャズを愛する男,かつりんです。
今日はおいしいワインを飲みまして,少し気分がいいです。

私も手動掲示板をつくってみました。 思いっきりこちらのパクリで恐縮です。お気に召さなければ変更いたしますのでご連絡ください。
また,今までこちらへのリンクは音楽コーナーからでしたが,山のリンク集にも追加いたしましたので,ご報告いたします。

ところで,最近の「iBook」のCFのBGMは「Flamenco Sketches」だと思いますが,Miles のバージョンでしょうか? CD引っ張り出して聴いてみたのですが,なんだか別人のカバーのような気がしてきました。
確認しようと思ったら今度はテレビで当該CFが流れなくなっちゃいました。
http://www.md.xaxon.ne.jp/~katzlin/index.htm


●掲示板開設おめでとうございます。早速、書き込みに行きますね。それからリンクもまたまたありがとうございます。「Flamenco Sketches」の件ですが、恥ずかしながら私は「iBook」のCFそのものも、知らないんですよ。でも、なかなか粋な曲を使ってくれるじゃありませんか。

中川直之様

cyanurus@cc.hirosaki-u.ac.jp

またまた青森の怪人、中川です。
こっちはそこそこに雪が積もりました。寒いです。
でも、今シーズンはまだいくらか楽かも....。
私はなぜかハチジョウツグミに縁があるようです。 今秋から最近までで2回、遭遇してます。
昨冬も2回、さらに(亜種)ツグミとの交雑個体とも1回遭遇してます。 昨々冬も1回遭遇してます(ただ単に青森によく飛来しているだけ?)。
この調子でワタリガラスに遭遇できれば良いのに....。 そちらではハチジョウツグミはどうですか?見つかりませんか? 識別は結構簡単です。ツグミを1羽1羽チェックしていく根気は必要ですが....。 そうそう、こいつは写真撮ってますよぉ〜。
まとまりのない話ですいません。

●またまた掲載が遅れて申し訳ありません。なんか寒波襲来ということを天気予報で聞きましたが、ふだん暖かい関西も今日(12/11)は結構寒かったです。ハチジョウツグミは、初心者時代見ました・・・・といっても傍の人にあれがハチジョウツグミですと教えてもらって初めて「はあ、そうですか」ってな程度でしたが。今でも、ツグミをそんなていねいに見ることはありませんなあ・・・・。

かつりん様

katzlin@md.xaxon.ne.jp

たびたび失礼いたします。
山とジャズを愛しております,かつりんと申すものです。
先ほどまたここへ来てみれば,URLがなかったとのことで,恥ずかしい限りです。
私のサイトURLは
http://www.md.xaxon.ne.jp/~katzlin/index.htm
でございます。
ご覧いただければうれしいです。
あと,私のプロバイダは掲示板の設置ができないので,この方式まねしてよろしいですか? 無料板借りるのもめんどうなので...

●早速、拝見しました。のっけから凝った仕掛けで感心しました。あれってJAVAとかいうもんですか?中高年登山者との闘いの記録には笑ってしまいました。私も中高年登山者の仲間入りしてしまいましたが、あーゆー風にはなりたくないもんです。あ、掲示板の件ですが、まねするもなにも手動式掲示板は別に私の専売特許ではありませんから・・・・。設置した折にはまた書き込みに参上したいと思います。

小倉 義範様

kim@iwa.ntt.ocn.ne.jp

あれはMIDIですか?凄いですね、いきなり圧倒されました。
確かMIDIは使わんと言うわけで削除したのですが再生されてあれ?という状況です、
私は35年前から聴いてますが本当に昔のJAZZ喫茶は懐かしい限りですね、
現在は田舎に戻ってますが札幌にいた頃は休みといえば何時間もたむろしており、私の青春そのものだったのかな?

parkerの例のやつは持ってますインターネットで知り即online shopingしました
私のmailアドレスのkimは例のkimです。

●いらっしゃいませ。パーカーの例のやつは、online shopingでも買えるんですか。便利な世の中になりましたね。でも、私はまだonline shopingに関しては信用しきれないとこがあるんで試してません。それからmailアドレスも例のkimからですか・・・かなりのパーカー・フリークですなあ。MIDIは、ソフトをインストールしなくても、最近のブラウザーなら標準で鳴らしてくれると思うんですが。・・・・??

高木様

tz3t-tkg@asahi-net.or.jp

今晩は。
今日はご相談。実は新設した「アナログボード」なる掲示板ですが、「送信できません!」なるお言葉を時々頂戴いたします。

阿部様の掲示板でもわたしも一度経験済みですが、それ以後普通に送信できています。試しに自分で書き込みすると送信できるのですが、何故でしょう。アナログの限界なのでしょうか?

http://www.asahi-net.or.jp/~tz3t-tkg/

●あ、よく、あるみたいですよ。メールで何度か指摘をいただきました。マック及びネスケユーザーと特に相性が悪いような気もしますがどうでしょう?この送信フォームはプロバイダー提供のCGIなので、どうもプロバイダーの線が怪しいですね。カウンターもよくとまってあてにならないでしょ?
でも、私んとこの場合、仮に送信がノープロブレムでも、そっから先、私が手動で掲載するのがいつになるやら、全くええ加減なので、ま、些細なことだといえるでしょう。(完全に開き直りモード)

KYODO TOKYO様

http://www.kyodotokyo.com/

あのハリー・コニック,Jr.がジャズに帰ってきた!

 映画「恋人たちの予感」のサントラを手がけグラミー賞最優秀男性ヴォーカリスト賞受賞、音楽活動と共に俳優としての活動も行い、「メンフィス・ベル」でDanny Boyを歌うシーンは多くの女性ファンを魅了した。最近では「微笑みをもう一度」であのサンドラ・ブロックと共演したことも記憶に新しい。

 日本でもサントリーウィスキーのCMに本人自ら出演し話題を呼んだ。(同CMで流れた「ウィー・アー・イン・ラブ」が爆発的にヒットした)
 そして来年3月久々の来日公演では、華やぎある、心地良いスウィングをビック・バンドとともに披露してくれることだろう。

チケットはいよいよ明日(12/4)10:00〜発売開始!

日程:3/31(金)・4/1(土)
会場:東京国際フォーラム・ホールA
料金:S席¥8,500 A席¥7,500(税込)
チケットのお求めは
キョードー東京 03-3498-9999
チケットぴあ 03-5237-9999
CNプレイガイド 03-5802-9999
ローソンチケット 03-5537-9999
番号のお間違えのないようお願いします。

●いやあ、こんなところまで書き込みしていただくとは、こまめな営業活動ご苦労様です。最近はあまり大きなコンサートに行くこともなくなったけど、若い頃はキョードーさん(主に大阪ですが)の切符よく買ってましたよ。

かつりん様

katzlin@md.xaxon.ne.jp

ばあどさま,はじめまして。私は,ジャズと山を愛するものでございます。
このたび,ジャズと山を愛するサイトを開設いたしまして,こちらのサイトをリンクさせていただきましたので,ご連絡申し上げます。
不都合があれば,お知らせくだされば訂正いたします。

先ほどはじめてパーカーの墓参りを済ませてまいりました(今までこのリンクに気付きませんでした)。
パーカーはダイアルの8枚組CDとヴァーヴの"Now's the Time"がお気に入りです。

●いやあ、ジャズと山を愛する人って少ないだけに仲間が増えて嬉しいなあ。しかも、サイト開設早々にリンクしていただき光栄です。よろしければURL教えてください。ヴァーヴの"Now's the Time"は、私も愛聴盤にしてますよん。

中川直之様

cyanurus@cc.hirosaki-u.ac.jp

青森県弘前市ではワタリガラスの情報もあります(未確認情報ですが....)。
昨年の11/13には私自身が弘前城の近くのコンビニ(ダイエー系列)のそばでワタリガラスが鳴いているところをはっきり目撃しています。距離は約10m。
ただ、証拠写真が撮れていません。撮れれば青森県公式初記録になりそうなのですが、カメラを準備して行くとふられます。日頃の行いのせいか?

鳥のページの方の更新も楽しみにしています。ではでは。

●ワタリガラスは、まだ見たことがありません。またまた羨ましい!!ワタリガニならよく食べるんですが・・・・・。カメラを持ってないときに限り、珍鳥に遭遇する・・・これはバードウォッチャーの法則であります。

鳥越治様

torigoe@par.allnet.ne.jp

鳥もたまには更新してください。いいデジカメを手に入れられたようですので。

●グサッ・・・・・痛いところを突かれてしまった。鳥のページの更新、とんとご無沙汰でしたなあ・・・・。ネタは、あることはあるんですが・・・・。デジカメ持って水鳥でも撮りに行きますか。

中川直之様

cyanurus@cc.hirosaki-u.ac.jp

ばあどさん、お久しぶりです。青森の怪人(?)中川です。

こちらはいよいよ寒くなりました。外は真っ白です。
何で真っ白かって?そりゃあ、雪ですよ。

11/23に、弘前市の砂沢溜め池と鶴田町の津軽富士見湖に行ってきました。
砂沢溜め池ではオジロワシ同士が空中戦をしていました。
ミコアイサ(♂1,♀2)もいました。
ここではオジロワシの撮影を試みたのですが、距離が遠すぎました。
津軽富士見湖にもオジロワシが2羽いたのですが、こちらはのほほ〜んとオオヒシクイの群れのそばで休んでいました。他にはトモエガモ(♂2,♀2)とハジロカイツブリ(2羽)くらいですかねぇ。
去年はここでアカツクシガモ、ハクガン、カリガネ、ハイイロガンが見られたのですが、今年はいまいち寂しいです(去年、私はカリガネだけ見損ねました)。珍鳥が入らないからというのではなく、全般に鳥が少ない感じです。特に、ガンとハクチョウがあからさまに少ないです。もしかして今年は渡りが遅れているのかなと楽観的観測を立ててはいますが....。まだまだこれから!?

●中川さん、とうとう怪人になっちゃいましたか。いつも羨ましいレポートありがとうございます。いよいよ冬鳥の季節到来ですね。でも、年をとるごとに、わたしゃだんだん寒さがこたえるようになってきたからなあ。

ゆうた様

osotospa@anet.ne.jp

こんにちは。
温泉リング巡回中です。

山派ではないのですが、
都合・・・行く羽目によくなりますね。(^^)

今後とも宜しく。

●いらっしゃいませ!!巡回ごくろうさまです。メールアドレスを見ただけで温泉ファンということがわかります。露天風呂派のようですね。山には、温泉プラスαの楽しみが満載ですよー。こちらこそ、これからもよろしくです。

マハール様

stones@love.email.ne.jp

ばあど様、少し宣伝させて下さい_(._.)_
僕の仕事仲間で、アマチュア写真家の西中野氏が写真展を開きます。
12月6日(月)から12月22日(水)まで。フジカラーサービス五反田フォトプラザ。
この方は鳥を中心に撮影されている方で、カワセミの写真が朝日新聞の全国版の朝刊に掲載されたこともある方です。
詳細をお知りになりたい方、僕までメールを頂ければ、案内状を添付してメールしますので。
http://www.ne.jp/asahi/photo/jazz

●こういう宣伝なら大歓迎です。でも、掲載が遅れてすみません。ま、12月6日からなら大丈夫ですよね。カワセミはホントに絵になる鳥なんで私も大好きです。東京の野鳥ファンは、ぜひ五反田までどうぞ!!

しらかわ あきはる様

akiharu@sm.rim.or.jp

はじめまして!いや〜ステキなHPに出会えて嬉しいです!!
私はまだJAZZを聴き始めて十年にも満たない新参者ですが、なかなかJAZZの話ができる友人がいませんもんで、寂しい思いをしています(;;)

JAZZ喫茶のお話はおもしろいですねぇ。。。。
私は全盛期の頃のJAZZ喫茶を知らないものですから、ハァ〜(^^;、、、、ってなかんじです。
お客さん同士で掛合いしてるようなもんだったんですね。
「う〜ん、今日のアドリブは息がピッタリだったな。。。。」なんてことがあったんでしょうか?
いまは、意外ととんでもない地方にその手の店が生息している模様。。。。
私は営業で全国を駆け回っておりまして、よく見知らぬ喫茶店で休むことが多いのですが、エッ!?!?ってな所ですっげ〜アンプとスピーカーが置いてあったり(埋め込まれてたり?)、、、、で、ちゃんとリクエスト出きるようになってるのですが、客は私一人だけ、、、気後れしてそのまま帰ってしまいます(^^;

私も、なんと言いましょうか泥臭いJAZZが好きです。
HORACE SILVERは大好きですね。'50〜'60年代のももちろんいいですが、今の作品も凄く楽しいですよ。
最新作の「JAZZ HAS A SENSE OF HUMOR」(な、なんてHORACEらしいタイトルなんざんしょ!)は、「THE MAMA SUITE」っていう三部作が面白いですねぇ〜〜(^○^)
っていいましても、私の知っているJAZZの世界はまだまだ狭いです。これからCDを集めていくときは、このHPを参考にさせていただきます。
先輩、よろしくお願いします!!

●いらっしゃいませ。おっしゃる通り、ジャズ喫茶なるものは全盛期の勢いは全くないものの、意外とあれ?と思うようなところにひっそり生息していることがありますね。以前も、志賀直哉で有名な城崎温泉にカニ食いツァーに行ったところ、浴衣着て外湯めぐりの最中に結構本格的にジャズを鳴らしている喫茶店を発見して嬉しくなりました。また、そんな店を発見されたら、ぜひご報告をお願いしますね。

高木様

tz3t-tkg@asahi-net.or.jp

よせばいいのに「掲示板」なるものを設置いたしました。
無料掲示板も考えましたが、「自分で管理するサイトは自分が初めに確認したい」ということで結局阿部様と同じ完全手動式アナログ掲示板となりました。
コンテンツばかり増えて更新アップアップの日々ですが、多分、生来話し好きなのかもしれないですね。
これからもよろしくお願いします。

http://www.asahi-net.or.jp/~tz3t-tkg/

●どうも、どうも、新しいマシンになじめなくて、サイトの更新ができず、完全手動式アナログ掲示板の弱点を露呈してしまったようで恐縮です。なんとか、インターネットにアクセスできるようになったので、早速、高木様の掲示板に伺いますね。

発明好きおじさん様

suzusho@ma.neweb.ne.jp

はじめまして! HPを見てメールを送りました。 ちょっとお知らせです。 趣旨に合わない場合は削除お願いします。

皆さん背中のリュックから物の出し入れはどうしていますか?
いちいち下ろしていますか?新しいタイプのリュックを紹介します。数多くのリュックがありますが、両肩で背負ったリュックから物の出し入れは大変です。
これからは下ろさずに、出し入れ自由にできるリュックの時代、出し入れはショルダーバック感覚!!人気のWALK ABOUTで登場しました!!
本格的カメラ専用リュックではありませんが、フィルムを入れ替える時、レンズを交換する時、カメラのケースを一時保管する時、移動しながらカメラを出したりと、いざと言う時にワンタッチで歩きながら、これらの事ができます。
しかもリュックを持つ必要がないので、出し入れには、両手を使用できる事です。
一度使用した方からは、もう今までのリュックには戻れないと好評です。もちろん毎日使うリュックとしても、便利できっと満足して頂けると思います。詳しくはHPをご覧下さい。お近くの人はどうぞ見に来て試して下さい。どうも失礼しました。

http://www1.neweb.ne.jp/wa/suzusho/index.htm

●下記の事情で掲載が送れて申し訳ありません。趣旨に合わないなんてことはありませんよ。こういうアウトドア・グッズの情報ってとてもありがたいもんです。このバッグってなんかの雑誌でも見たような気がします。これからも、どんどん便利グッズを発明してください。

松嶌 みのる様

pine@tnm.fitweb.or.jp

ありがとうございました。
「うんと古いジャズ専門」へ行ってきました。
おかげさまで勉強になりましたが、そこから抜け出せなくなり延々と古いジャズを聴いて、涙があふれるくらい嬉しかったです。
小生、古いものには弱いんです。
拙いHPですけど、ついでの時にでも覗いてもらえれば幸いです。
http://www.fitweb.or.jp/~pine/mm.index.htm

●せっかく投稿していただいたのに、1週間もほうったらかしでまことに申し訳ありませんでした。ぼや記にも書いた通り、新しいマシンの設定がうまくいかず更新できなかったんですよ。HP拝見しました。ははは・・・・ホントに古いものがお好きなんですね。恐れ入りました。

まつ様

onsenring@geocities.co.jp

あっ、新しい温泉リングナビバー発見!
ありがとうございます。
また遊びにきますね。

●あっ、温泉リングの担当者の方ですね。一人一人手書きのソースをメールに添えていただいたおかげで、そのまま貼り付けられて楽チンでした。また、新しいナビバーって、ウチの温泉ページの色合いと実によくマッチしているんで喜んでいます。これからも大掃除大変でしょうが、がんばってください。

松嶌 みのる様

pine@tnm.fitweb.or.jp

こんにちは、2回目のコメントです。
古いJAZZのレコード盤を持っていたのを思い出し、先日、蓄音機を引っ張り出して聴いてみました。ディキシーの軽快なリズムがアナログならではの音で甦ってきました。しかし、私にはこの盤のアーチストも曲目も年代も知りません。
そこで、「ばあどらんど」さんで聞けば教えてもらえるんじゃないかと・・・

曲   SAVOI BLUES(サボォイ・ブルース)&MAHOGANY HALL STOMP(マホガニー・ホール・ストムプ)

 アーチスト Kid Ory(tp) Teddy Buchner(c)  Joe Darensbourg(cl) Lloyd Glenn(p) Eddie Skrivanek(g) Marty Cord(b) Ram Hall(dm)です。お願いします。

●うわー、キッド・オリーとはえらい古い名前が出てきましたねえ。この人はジャズ草創期の有名なトロンボーン奏者で、1910年、20年代に活躍しています。しかし、ニューオリンズ・ジャズ・リバイバル・ブームとともに1940年代から復活してずっと活動しているんで、その演奏が果たしていつごろのものなのかは、わかりません。私の守備範囲外です。当店のお客様の中には、こういう うんと古いジャズ専門の方がおられますので、ぜひ、そちらにお問い合わせください。

よしのり様

samurai@fujiyama.gr.jp

MAILありがとうございます♪
もち!ビル君のぺーじもいきました。
最近は、モッズの音楽にも興味があります
感受性の強い時期なので、仕事柄、(でざいなー)がんばります

ホームページ
http://www.fujiyama.gr.jp/~samurai/

●ホームページ拝見しました。さすが、デザイナーだけあってカッコイイですねえ。またファンだけあって、ビル君のページも用意されてるじゃありませんか。若く、瑞々しい感性で、素敵なページどんどん作ってくださいね。そちら、北海道ですか。こちら兵庫でーす。

高木様

tz3t-tkg@asahi-net.or.jp

お元気ですか。先日の雑記帳にあった「シギー」様のホームページをさっそく拝見してジーンと感慨深くなりました。
岡山生まれ、岡山育ちの私は大学まで岡山。その後フラフラとアルバイトなぞやりながら一念発起、夢をかなえるためいざ東京へ(就職は埼玉でしたが)。
そんな時期、岡山で時々行ってたのがジャズ喫茶「シャイン」でした。そのマッチを見ることができましたが、残念ながら今年の3月に帰省した時は他のお店になっていました。
 でも何だかこんな出会いもHPならではと感慨深くなりました。つまらない話し申し訳ありません。

●いやあ、高木様もですか。やっぱり私らぐらいの年代の者にとっては、ジャズ喫茶という存在は、独特の思い入れがあるもんですなあ。大阪でも昔行ってたジャズ喫茶はほぼ絶滅状態です。梅田では「インタープレイ・ハチ」ぐらいかなあ。駅前第1ビルの地下に「オープン・ドア」と「ホワッツ・ニュー」がまだ営業してるようなので、今度、中を確かめてこようっと。

シギー様

matsuura-sjks@mug.biglobe.ne.jp

Birdland のジャズ喫茶の話題を読み私も20数年前の大学時代よく訪れたお店を思い出しました。私はおもに福岡中心でしたが夏休みなどにジャズ喫茶行脚をして京都、大阪、東京、−−−−と廻りました。
最近私もHPを作り集めたジャズ喫茶のマッチを載せてます。
ジャズの話題を核に気ままに書いてます。”シギーのジャズ的アドリブ道”です。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~shiggy/index.htm
覗いてみてください。BirdlandのHPまた訪れます。よろしく。

●おお、昨日の若い方に続き、今日は同年代の方の登場です。HP早速、拝見しました。ジャズ喫茶のマッチ、本当に懐かしく見せていただきました。特に京阪神の店は、全部お馴染みの店だっただけに、感涙ものであります。うるうる。

よしのり様

samurai@fujiyama.gr.jp

ぼくはビルエヴァンスだいすき。
ここは、たくさんLINKがあってすきです

実家が山なので、森に入りたくなりました。
あっ!自分は20です。

●いらっしゃいませ。ジャズ・リンクのコーナーには、ウチと違って本格的なジャズサイトがひしめいておりますので、どんどんご利用ください。エバンス大好きサイトももちろんありますが、当然、行かれたでしょうね。 実家が山ということは、幼少のみぎりより自然にどっぷりということですか。羨ましい。離れてみると、かえって有難さがわかるんじゃありませんか。
あっ!自分は45です。この間なったばかりだった。とほほほ。

マハール様

stones@love.email.ne.jp

山梨の中部に位置する塩山、今年の紅葉は昨年と同様にイマイチみたいですね。
しかし夏場は閑古鳥が鳴いていた温泉街も、平日でも結構なにぎわいになってきています。
ここからの紅葉スポットは、西沢渓谷と大菩薩峠になりますね。

素晴らしい色具合の紅葉は、また来年にオアズケになり、少しガッカリしています。良い写真がとれたらHPにアップしますので、よろしければ覗いて下さい。

http://www.ne.jp/asahi/photo/jazz

●おひさしぶりです。近頃ネットサーフィンするひまもなく、マハール様とこの伝言板にもすっかりご無沙汰です。今年の秋は確かにヘンな天気で、紅葉もイマイチですね。でも、マハール様なら、そこは写真の腕でカバーできるんじゃないですか。また拝見したいと思います。

かへで様

今年も、庭にジョウビタキがやってきました。 ヒッヒッヒッという聞き覚えのある声に、見上げたら、いましたいました。(^^)/
オレンジのお尻と、羽先の白い班点が夕暮れにひときわ目立っていました。
あとで、物干し竿に、灰色がかったジョウビタキ♀もとまっていました。
冬鳥の季節ですね〜。

●またまた、掲載が遅くなってごめんなさい。最近、こんなお詫びばっかりしてます。いいですねえ。庭で冬鳥が楽しめて。ウチはまったく自然に縁がない尼崎の街中ですから、常時、鳥が訪れてくれるということは、そんなにありません。職場の庭にツグミがよく来るぐらいでしょうか。大きな公園なんかで定点観測していれば、もっと見られるんでしょうが、そんなマメな性格は持ち合わせてないし・・・・。でも、大雪の年には、山で餌がとれず里に下りてくるのか、街中でも結構冬鳥が見られましたよ。

中川直之様

cyanurus@cc.hirosaki-u.ac.jp

いや〜,本当にお久しぶりです.中川です.
青森はいよいよ秋が深まり寒くなってきました.天気予報を見てもらえばお分かりいただけると思うのですが,東北の予想最高気温が首都圏の予想最低気温より低いんです.

こちらもいよいよ冬の鳥が入ってきました.ツグミ,アトリ等.季節の変わり目です. 10/7には秋田県能代市の小友沼に行ってきました.そしたら,クロツラヘラサギがいました.去年も同じ時期に行ったのですが,去年はヘラサギがいました.これで来年クロトキが入ったら日本のトキ科勢ぞろいかと訳の分からないことを考えています.他にはマガン,ヒシクイ(亜種オオヒシクイ)等.
ばあどさん,秋田に行く用事がありましたら,小友沼にぜひどうぞ.なかなか面白いですよ.東能代駅から徒歩20分という近さは東北のガンの渡りの中継地の中でもかなりアクセスしやすい方に入ります.同じく秋田県内のガンの中継地としても有名な八郎潟はアクセスが大変というか,ポイントが広すぎて絞りきれません.広大な干拓地を車で走り回って捜すことになります.バスは1日の便数が片手で数えられます.
小友沼は春の渡りの時期もお勧めです.今年の3月にはミヤマガラスがオジロワシにモビングかけているのを見ました.

●最近、ずっと仕事で疲れ気味の私にとって、うらやましすぎるお便りですなあ。実は、東北地方って、私にとって空白地域なんですよ。北海道へはなんべんも行ってるんですが・・・・。私はいつも鉄道&歩き派なんで、その小友沼ってところは、願ってもない場所ですね。よだれが出そうなラインアップぢゃござんせんか。早速メモメモ。

Eliss(小森えりす)様

eliss@yahoo.co.jp

「ごめんなさい、間違って来たの」って言い方が気に入って選んだけど、間違った訳じゃない。ちゃんと、高木さんとこから経由してきたんです。高木さんとこへも、今日初めて行ったんですけどね。

 森と(山と)JAZZが、私の好みに符合したので、お邪魔しました。クラシックが好きですが、ジャズも好きです。ヘンですか?私は同類だと思っているのですが。
 私の仕事は美術で、ココロは演劇で、カラダはバレエで、HPはシナリオです。こちらはたいへん充実したページだと紹介されたので、じっくり勉強させていただきたいと思います。特に私の好きな、森のイメージの伝え方など。できれば、ハイキング程度の「お手軽登山」について、多く語っていただきたいと思います。カラダもアタマも丈夫じゃないので。

責任上、記しておきますが、特殊で弱小なのでHP宣伝のつもりではありません。
小森えりす工房/絵空事屋 http://www2.ttcn.ne.jp/~Eliss/

●いらっしゃいませ、せっかく投稿していただいたのに、掲載が今ごろになって誠に申し訳ありません。なにしろ1週間出張で不在の上に、いまどき珍しい完全手動式掲示板なもんで・・・・。HPとても素敵な名前ですね。これから訪問させていただきます。まずは、お詫びとご報告まで。

タカギ様

tz3t-tkg@asahi-net.or.jp

今晩は。忙しくて久々に今日訪問させていただいたところ風邪をひかれたとのこと。こちらは昨日まで個展があり毎日深夜の帰宅(さそわれてつい飲んでしまったため)でした。なんだか激務のようでお気の毒。
 かくいう私も今週は個展でさぼった仕事が一度に押し寄せる悲しい身の上。
久々に音楽のページを更新。人がなんと言おうと「ソニー・クリス」ということでロック分野と合わせて4枚の乱れ打ちとなりました。
 それではお体に気をつけて。

http://www.asahi-net.or.jp/~tz3t-tkg/

●またまた暖かいお言葉ありがとうございます。しかし、明日からは但馬の山奥に1週間出張です。考えただけでも凍えそう・・・。というわけで、ページの更新は、来週の日曜日までお待ちください・・・・元気な体で帰ってきたらの話ですが・・・・。

Shin様

unno@mba.sphere.ne.jp

久しぶりに訪れてみました。
確か”ジムホールファンです”というような文章をこの”雑記帳”に書き込んだと思います。
昔、ジャズ喫茶によく通いました。
そして、ほのかな青春の思い出(失恋とか)もジャズの名曲と共に心に残っています。
このサイト”バードランド”を応援します。
頑張って更新して下さい。
ところで私も恥ずかしながらホームページを作りました。
よかったらおいで下さい。
URLは↓です。

http://www.geocities.co.jp/MusicHall/1335/

●暖かい励まし、ありがとうございます。そして、ホームページ開設おめでとうございます。残念ながら今は余裕がないので、出張から帰ってからゆっくり拝見させていただきます。お互いがんばりましょう!

dragon様

dragon@gd5.so-net.ne.jp

おはようございます、ドラです。
本当に久し振りにアナログLPを買ってしまいましたよ。
「ELABORATIONS/ARTHUR BLYTHE」と「MORE SIGHTINGS/GEORGE ADAMS,HANNIBAL&FRIENDS」 の2枚が入手出来まして喜んでおります。
ばあどさんの「気になる一枚」を参考にしました。

http://www03.u-page.so-net.ne.jp/gd5/dragon/public_html/

●どうも、どうも、下記のような事情で、ご無沙汰しっぱなしでまたまた相済みませぬ。アナログLPもなかなか捨てがたい魅力がありますねえ。参考にしていただき光栄です。今は、風邪から来る頭痛のため、ブライスもアダムスもちょっと重すぎて聞けません。

初老の人様

sagarat@kt.rim.or.jp

しばらく、ご無沙汰でした。
いま、各地のニュースの拾い読みをしてましたら、博多湾の和白干潟に冬の使者、ミヤコドリが飛来した、とありました。毎年、5羽前後しか来ない「少数派」?
らしいのですが、これって隅田川にでる都鳥とはべつものなのかな?

バードさん、近頃ライヴにはお出かけでしょうか? 先々週か、ブルーノート東京で、エルヴィン・ジョーンズを観ました。2年前と比べて、体が痩せていたようで、ちょっと心配したり、ぜひ長生きして欲しいですね。 では、また。

●どうも、どうも、せっかくご投稿いただいたのにほうったらかしで相済みませぬ。仕事が忙しいのと、風邪ひきで、ネット上では死んでました。ライブどころでもありません。いつもながら羨ましいな。えーっと、都鳥は、古来からのユリカモメの呼び名でありまして、ミヤコドリとは別種です。ミヤコドリは英名オイスター・キャッチャーと呼ばれるシギ・チドリ類です。ま、少数派ですね。

高木俊宏様

tz3t-tkg@asahi-net.or.jp

お久しぶりです。今朝になってミルト・ジャクソンの訃報を知りました。 熱狂的なファンだった訳ではありませんが、MJQや「ミルト・ジャクソン・カルテット等も含め、気がつくと彼の音にひかれ聴いていたものでした。  真にジャズ・ジャイアントと呼べる人が次々に去っていきますが、彼らの残したアルバムを聴ける喜びも感じます。でも、アルバムという響き、こんな時には寂しいですね。

●アルバム・・・言われてみればそうですね。ミルト・ジャクソンの訃報は、どの新聞もかなり大きくとりあげていましたね。やはり、MJQの知名度でしょうか。でも、私は、MJQでのミルト・ジャクソンよりも、ジョン・ルイスと離れて黒っぽい演奏を思いっきりやってる彼の方が大好きです。

kon様

telo-6@mk1.macnet.or.jp

この3連休は山に行かれたのでしょうか? 私はといえば、このところ超多忙でしばらく休んでいなかったため、3日3晩寝て過ごすという新記録を達成してしまいました。 最後の日はNHK−FMのオールジャズリクエストを初めて聴きました。 初めて知るアーチスト・曲もたくさんあり、勉強になりました。 綾戸智恵のライブ中継もあったんですよ。 綾戸さんの歌はNHKのトップランナーで聴いて以来、2度目だったのですが、ライブは(トップランナーも一応生でしたが)やっぱり違いますね。 実際に行ってみたくなりました。 というわけで、とても充実した休日となりました。

●3日3晩寝て過ごす!!う、うらやましすぎる・・・。私は、お仕事いっぱい、そして地区の運動会のお手伝い、さらに知人のお通夜&お葬式という3日間でした。綾戸智恵のライブは、ほんま、おもろうおまっせ。ぜひ、生でどうぞ!

つげぞー様

EZM07573@nifty.ne.jp

初めまして 「宝剣岳」を検索してやってきました。
 と、ゆうのも、10月6日から8日まで、宝剣さんにいってまして、前線にたたられて、縦走するはずが沈殿するはめになってしまい、残念無念な気持ちなのです。
 山登り初めて(正確には10年前に一度だけ北アルプスに行ったことがあるというだけ)だったので、すごく残念でした。
 でも、またいきたいなああー、と思っているのです。
 
 山の関係のHPは初めてなので、また、お邪魔します。
 よろしくお願いします。

●いらっしゃいませ。せっかくの山行、天候に恵まれず残念でしたね。でも撤退する勇気も山では大切であります。「宝剣岳」ですか・・・れれ?なんで「宝剣岳」で検索してウチに辿り着けたんでしょうね。中央アルプスは縁がないもんで、紹介してないはずなんですが・・・?

マハール様

stones@love.email.ne.jp

お久しぶりです、マハールです。

ジャズを聴き始めた時分から、渋谷のジャロというジャズ・レコード専門店に通っております。そこの店主からアダムスとマレイを教えていただき、かれこれ17年近くになります。
ずーっとこの二人を追いかけていましたが、アダムスは・・・・・。

Palcoscenico のヤツは、愛聴盤の一つです。このレーベルにはもう1枚ありますね。
ここらあたりのCD化は無理だろうな。実家に帰った時に、少し反り加減のレコードを聴いてみたいと思っています。

http://www.ne.jp/asahi/photo/jazz

●マハール様がジャズを聴き始めた頃に、私はジャズから離れていったことになりますなあ。Palcoscenico盤は確かにもう1枚ありましたね。今、手元にはなく、タイトルも忘れましたが、あのデザインのジャケットは覚えてます・・・・。中身がよくても、あの体裁ではちょっと買うのを躊躇しますよね。ま、レコード棚の中にあってはよく目立ちますが・・・・・まずCD化は無理でしょう。

ドラ様

dragon@gd5.so-net.ne.jp

おはようございます。

ジョージ・アダムスの3連発を見ました。
1980年前後は、忙しくて、私がジャズを聴けなかった時期に当たります。
そんなわけで、この3作は残念ながら全て未聴です。
でも、このジャケットを見ていると、ばあどさんの思い入れが伝わってくるようです。

--ドラ--

●いやあ、なんべんも繰り返しますが、私も、ジャズから離れていた時期に、アダムスの絶頂期をリアルタイムで追えなかったこと、そして、彼の死すらずっと知らずじまいだったことが悔やまれてなりません。しかし、みなさんも、アダムスお好きなんですねえ。

ますま様

masuma@jazz.interq.or.jp

こんばんは。
私もアダムス特集、嬉しく拝見しました。
アダムスで印象に残っているのは10年くらい前のマウントフジの中庭でのジャムセッション(テレビで見たのですが)でジョー・ロバーノとバトルをしていました。
はっきりいってアダムスがロバーノを圧倒していました。二人のタイプが違うとは言え、広いレンジでバリバリ吹きまくるアダムスと同じような音をモコモコやってるロバーノでは雲泥の差という気がしました。
あれ以来ロバーノに対してはちょっと懐疑的なのであります。

●どうも、掲載が遅れてすんません。最近、公私共々忙しく、お疲れ気味でインターネットどころじゃないもんで・・・・。しかし、こういう話を聞くたびに、アダムスを生で聴けなかった悔しさがこみあげてきますなあ。

THE SIDEWINDER様

34071214@PEOPLE.OR.JP/~MERCY

今日は、久しぶりに遊びに来たら、大好きなGEORGE ADAMSがドーンと出ていたので嬉しかったですね。僕のフェイバリットは、JOHN SCOFIELDを加えた、パワフルなユニットでの"LIVE AT CAFE MONTMARTRE"なんですが、こちらはいかがですか?なんせあのLPは全員麻薬漬け(JOHNとCAMERONは違うかも)の様なブットビプレイで、僕は興奮するのですが。

●はいはい、"LIVE AT CAFE MONTMARTRE"も大好きです。ただ、これが発表されたとき、私はすでにジャズから離れていたので、実際に手に入れて聴いたのは、ジャズ・ファンに復帰したごく最近のことですけど。ここでのジョン・スコもいいですね。また、この後のJ.B.ウルマーとのユニット、「ファランクス」もこれまた大好きです。

中川直之様

cyanurus@cc.hirosaki-u.ac.jp

そういうえば、コマクサって私はいくら実物見ても馬面に見えません。私の感性ってどこか変わっているのでしょうか?嫌だなぁ。

ばあどさん、オオバキスミレとかキスミレって知ってます?あれもなかなかきれいですよね。私はオオバキスミレの方しか見たことないですけど、あまり標高の高い所に行かなくても見れるのが良いです。
あっ、でも山登りが嫌いってわけじゃありませんよ。一応、ノビネチドリの写真を撮ったことがあります。(鳥類調査をしている時に林道のすぐ側に生えていたのを見つけました。)先々月はナツエビネの写真も撮りました。

ドラさん、ついに鳥の方も気になったようですね。いずれ双眼鏡を下げて歩き回るようになるでしょう。まあ、慣れればどうということもありません。変質者と思われないように気をつけさえすれば大丈夫でしょう。
ちなみに私は、学校、特に女子校の近くではなるべく双眼鏡を出さないようにしています。とは言っても、鳥がいると気になります。

●中川様は、植物にも詳しいんですね。黄色いスミレは、今夏、仙人池付近でも見ましたが、正確な名前はわかりません。スミレって本当に種類が多い!!それに比べたら、鳥の種類なんて大したことないように思ってしまいます。せいぜい、五百数十種なんですから。えっと、コマクサは馬面に見えませんか。あれは、初めて画像ソフトを使い始めたときの懐かしい作品なんですよ。

Miyachan様

miyachan@ruby.ocn.ne.jp

アダムス3連発拝見しました。
さすがですね。Soul Note盤を出さないあたりが・・・。
すべて、CDでは、所有していません。また、聴きたいなあ!!

それにしても、もうアダムスの新作が聴けないと思うとすごく寂しいですね。
これから、ギル・エバンス盤で彼の活躍を偲ぶとしましょう。

●わお!、更新したばかりなのに、早速、感想がいただけるとは、素早いですね。別に奇をてらったわけではありませんが、ソウル・ノートやタイムレスの諸作は定評のある名盤ぞろいで、今更、私が・・・という感じもあったので、個人的な思い入れの強いものを選びました。今から思えば、83,4年頃、来日したときに何がなんでも聴きに行っとけばよかったなあ。

shugou様

shugou@mbox.inet-osaka.or.jp

はじめまして。ネットをはじめて数ヶ月、好きなJazzのHPでも無いものかと思い、Birdlandに行き着きました。楽しく拝見させて頂きました。今、マイルスの ”Bitches Brew "を聴きながら書き込みしています。今日は、休みなので1日中Jazzが部屋に響いています。これからも、何かあれば、書き込みします。よろしくお願いします。

●いらっしゃいませ!shugouって、ひょっとして酒豪なんですか?1日中Jazzが部屋に響かせられるって、いいですね。私なんか、キンキキッズを聴いてる嫁はんや、勉強してる息子、下の階の両親に遠慮しながら、主にヘッドホンで聴いています。

Miyachan様

miyachan@ruby.ocn.ne.jp

久しぶりの書き込みです。
天気は、最高なのに家でJAZZ聴き。

アダムス3連発期待しています。

HUGH LAWSONのトリオ聴いています。

●あた、た、た、た、た。ア、アダムス3連発ですか・・・・・。そういえば気になる1枚、もう3週間もご無沙汰・・・。職場のホームページつくりもそろそろ完了なので、日曜日には、なんとか・・・・。といいながら、映画を見に行ってたりするんですが・・・・マトリックス面白かった。

ドラ様

dragon@gd5.so-net.ne.jp

こんにちは、ドラです。
中川直之さん、初めまして、ばあどさんも色々とアドバイスをありがとうございました。
あれから外に出ますと、何となく上の方を見るようになりました。
それで鳥を見つけますと、立ち止まってジーッと見たりして、おっしゃる通り相当に怪しい雰囲気になってまいりました。(笑)

双眼鏡はほしいですが、双眼鏡を首から掛けて出歩くことを想像しますと、 いまいち踏み出せませんねえ。
もしも購入する場合には、ご意見を参考にさせていただきます。

●ほっほっほっほ。鳥にはまり出すのも時間の問題ですな。不審人物リストにチェックされない程度に、足を踏み入れてくださいませ。

中川直之様

cyanurus@cc.hirosaki-u.ac.jp

ドラさん、初めまして。鳥に興味を持ちましたか。双眼鏡を買う時はくれぐれも慎重に。間違ってもホームセンターとかで売っているようなバッタもんには手を出さないでください。幸い、このページには双眼鏡の説明もありますよね。う〜ん、最近の機種ではPENTAXのタンクローG 8×24か、あるいはMINOLTAのアクティバスタンダード8×40がお勧めですね(特に後者)。

写真は踏み込むと大変でっせ。タナボタに恵まれる人はごく少数。(私はこのHPの管理人さんが羨ましい。ヤブサメなんてどうやったら建物の中に飛び込んでくるねん!?)それなりに撮ろうと思ったら金と時間がかかりますしね。私も写真に手を染めてから何だかマニアックな方向に走り出したような気がします。本当はただ証拠写真を撮るためのはずが...。

鳥の図鑑は本屋に行けばたくさん置いてますね。時々、写真と名前が一致してなかったり解説に初歩的なミス(たぶん、うっかりしていたのでしょう)がある図鑑なんかがあります。今は入門者向けの図鑑も豊富ですね。ドラさんにとってはこういう入門者向け図鑑の方が取っ付きやすいでしょう。

Let's enjoy Birdwatching!!

話は変わりますけど、昨日の夕方、街中の某マンションの上空でハヤブサ1羽とチゴハヤブサ2羽が空中戦してました。そう、私の住む街はチゴハヤブサが珍しくない街。最近1週間だけでも3回見てます。

●どうもどうも、アドバイスありがとうございます。しかし、偶然とは恐ろしいなあ。実は、今日、またヤブサメが職場の玄関から飛び込んできて、しばらくガラスにぶつかりまわり、ヒヤヒヤしてたんですよ。すぐにまた入り口から外へ出てくれましたが。尼崎は、ヤブサメの渡りの指定コースになってるんでしょうかね。これで通算4回目です。

Nelson様

ped03506@nifty.ne.jp

何時も楽しく読んでいます。
Nelsonのページも十月には収録700枚となる予定で頑張っています。

http://member.nifty.ne.jp/ModernJazzNavigator/

●おお、Nelsonさん、やっとURLを書き込んでいただけましたね。先日うかがった「じっくり聴くモダンジャズの探索ツール」というものが気になって、気になってしかたがなかったんですよ。で、早速、拝見すると・・・・おお、これが噂のナビゲイター!!こ、これは、凄い!!必見モノでありますぞ。

kon様

telo-6@mk1.macnet.or.jp

こんにちは。”おすすめの一枚”をみて、DAKOTA STATONのCDを購入しに行きましたが売り切れ。
私は彼女を知らなかったのですが、人気のあるヴォーカリストなのですか?それともこのHPを見た人たちが買いに走った?だとしたらやっぱりすごい影響力ですね。
最近山歩きをはじめた友達に教えてあげたら、とても気に入っていました。

●ははは・・・。残念ながらこのHPの影響力たるや、ゼロに等しいでしょう。でも、CD購入の参考にしていただけるなんて、光栄の極みであります。で、ダコタ・ステイトンですが、昔は国内盤なんてほとんど出ず、輸入盤コーナーによく売れ残っていました。だいたい、私の好きなダイナ・ワシントン系列のアクの強い女性ヴォーカルは日本では全くウケませんでしたから。でも、最近は黒っぽいものも受け入れられるようになってきた感じはするんですが、さて、ダコタ・ステイトンはどうでしょう。以前、久しぶりにCD屋に行ったときは、ヘレン・ヒュームズやエッタ・ジョーンズの最近作が何枚かあって、ちょっと嬉しかったんですが・・・。

ドラ様

dragon@gd5.so-net.ne.jp

おはようございます。ドラです。

のんびり鳥見ングを見ていたら、バード・ウォッチングに興味が出て来ました。
しかし、私は面倒なことが嫌いで、わざわざ鳥を見に行くとは思えません。
鳥見ングB級写真館のように、鳥の方から来てくれる、タナボタ専門が望みです。
こんな怠け者でもバード・ウォッチャーになれるでしょうか。

今まで家の周りで見た鳥は、カラス(種類は不明)、スズメ、ヒヨドリ、メジロ、ヤマバト、ムクドリ、辺りだと思いますが、見つけたらどうすれば良いのですか。
双眼鏡(持っていません)で見て、写真(普通のカメラしかありません)に撮っておけばいいのかな。ご指導をお願い致します。
やっぱり、最低限の道具は必要ですよね。
--ドラ--

●はい、はい。鳥に興味を示したその日から、あなたは立派なバード・ウォッチャーです。だいたい、上記の鳥が識別できるということだけでも、もう、一歩踏み出していますね。もうちょっと踏み出してやろうと思えば、最低限、双眼鏡と簡単な図鑑はあった方がいいです。写真は難しいので、まだやらない方がいいでしょう。とりあえずは、普段、見慣れた鳥を双眼鏡で見るだけで結構。これがまた、意外な発見があって面白いんですよ。

中川直之様

cyanurus@cc.hirosaki-u.ac.jp

台風18号はこちらではあまり猛威をふるわなかったようです。
農家の方も一安心といったところでしょう(特にこちらはリンゴ)。
「台風の後には珍鳥が出る」って言いますよね?
私は以前、千葉県の谷津干潟で「台風の後にそれまでいた珍鳥がいなくなる」を経験したことがあります。
昨日、台風の後ということでちょっと自転車でちょっと(?)遠駈けをして鳥見にいきました。
場所は青森県鶴田町の津軽富士見湖(正式名称は廻堰溜め池というらしい)。
何かいつもと違うのがいないかなと期待して行ったら、いつもの鳥がいつものようにいるだけでした。風が強くてプロミナが揺れました。
おかげですっかり乗り物酔い状態。さんざんでした。
ついでに体ごと飛ばされて溜め池の中にボチャン、...とまではいきませんでしたが、体が飛ばされそうになったのは事実。飛んだ方向が水面と反対方向なので助かりました。
成果は、う〜ん、オジロワシくらいですかねぇ。
ここでは珍しくも何ともありません。数は少ないけど見る機会は多いですね。
きちんと探せばかなり高い確率で見ることができます。

●おお、台風の後が気になるとは、バードウォッチャーの面目躍如といったところですね。南の地方では、よく、南洋系の鳥が飛ばされてくることがありますが、東北でも同じでしょうか。オジロワシが珍しくもなんともないとは、うらやましい環境です。

ますま様

masuma@jazz.interq.or.jp

こんばんは。

紹介されていたR・フォードのアルバム、ジャケットかっこいいですね。
私も彼の作品は1枚しか持ってません。「マンハッタン・ブルース」という作品でやはりジャッキ・バイアードが参加しています。
テナー特集、もっとやってください

●私は、ミューズから出た初期の2枚しか持ってないんですが、おぼろげな記憶では、「マンハッタン・ブルース」は、だいぶ後になってからのアルバムだったのではないでしょうか。マンハッタンという名前がやたら好きな人ですね。テナー特集、ネタはまだあるんですが、ヒマがないんですよぉーー。

T,HOSOKAWA様

hj8-mnh@sta.att.ne.jp

インターネットを始めたばかり。さて何をしたらよいのだろう。
好きなジャズの事でもと思って出会ったのが、Birdlandです。
素敵なタイトル画面、感心いたしました。雑記帖も面白く読まして戴きました。
マジで読んでいたら少々疲れましたが。世の中いろいろな人がいると感心した次第です。
小生、中学生の時から好きでしたが、高校生の時に東京上野のイトウに友達につれられて、MJQ,コラボレーションのB面を聞き、感激し、八重洲のママでS.ロリンズのモリタートを聞いて胸を熱くした輩でございます。数年前、上野に行ったときイトウを捜してみましたが見つからず、ママもまだ営業しているんですかね。
また、寄らしてもらいます。

●いらっしゃいませ。雑記帳、マジで読んでいけば、そら疲れますよね。ホント、ウチにいらっしゃる方は、多方面にわたり、いろいろいてはるので、感心します。ママはよく聞く名前ですが、今はどうなんでしょうね。いっぺん、あの店は今?という特集しなくてはね。

中川直之様

cyanurus@cc.hirosaki-u.ac.jp

最近、電車での長距離移動をする用事が多かったので、電車の窓から鳥を見てました。走っている電車の窓から探索、識別をするのは骨が折れますが、これをやっていると一人旅の長旅でも退屈しません。というか、怪しすぎて一人旅でないとこんなことできません。
ついこの間、十和田南駅の近くでヤマセミとアオサギ見ましたよ。
時期と場所によってはなかなかお目にかかれない(?)鳥にも出会います(ケアシノスリ、ハイイロチュウヒetc)。
この文面から想像できるように、私は既に怪しまれることに慣れております。

●どうも、どうも、送信フォームは、ときどき、おかしくなるんですよ。わざわざメールで頂いて恐縮です。電車の窓からの鳥見ですか。ケリなんて、目立つので、よく見ることがあるんですが、中川様は、凄いのを見てるんですね。台風18号、そちらの方に向かったようですが、大丈夫ですか。

久晴様

hisaharu@sky.plala.or.jp

槍ヶ岳山荘のページから飛んできました。
とても素敵なページですね。音楽なんかもいいかんじです。
又きますので宜しくお願いします。

http://www2.plala.or.jp/hisapage/

●いらっしゃいませ。久晴様は、山と海のページをお持ちなんですね。で、お住まいは広島で、当然カープ・ファン。私、阪神ファンでおます。お互い、来シーズンに向けて夢を見ましょう。

このページのTOPに戻る 7月〜9月 4月〜6月 1月〜3月 1998年後半 1998年前半 1997年版へ

HOME表紙へ戻る