雑記帳(1998前半)


送信フォームで公開を承諾された方のみ紹介しています。匿名、ニックネーム希望の場合はその旨お書き添えください。但し、ファイルサイズが大きすぎたり内容が不適切な場合、管理者の判断で編集したり掲載しないこともあります。あらかじめご了承ください。

[最初のコメントから読む]・・[1997年版を読む]・・[1998年後半版にもどる]・・[最新版にもどる]


takako様

私の友人夫婦が北千住でJazz Spot BirdLandという店をやっていてLiveも精力的に催してます。
そこのお客さんがかれらのHPを作っているんだけど、なぜかサーチエンジンでたどれないので、ここにやってきて告知をしたりしてるわけです。(全く自主的に。頼まれてもいないんだけど・・・)
引っ越してなかなか行けないけれど、本当に良い店です。

●サーチエンジンは、それぞれクセがあって必ずしもヒットするとは限らないようです。Jazz Spot BirdLandですか、これは同名の誼でぜひ宣伝しなければ。URLをお知らせいただければ、リンクしたいと思います。

次元様

work-honsya@mtc.biglobe.ne.jp

最近ジャズにはまり出したとこです。初心者なんですが、いろいろ、楽しめました。
ヴァーチャルお墓参りすませました。なんかいいですね、手軽にパーカーのお墓参りできて。いつかは、ホントに行ってお花をそえてきたいです。

●パーカーのお墓参り、記帳されたんですか?実は私、英語に自信がないもんで、記帳する勇気がないんですよ。お恥ずかしい。

猪股泰弥様

inomaty@kcn.or.jp

こんなページがあるんですね。奈良のちょっとだけジャズファンですが、奈良なんてとこはジャズ不毛の地、もし同好の方おられましたら教えて下さい。何しろインターネットも始めたばかりでよくわかりませんが。昔ながらのジャズ喫茶は本当に少なくなりました。大阪にも数えるほどしかありません。天王寺の「トップシンバル」よく行きます。学生時代は谷九の「サブ」という店に入り浸りでしたが、今もあるのかな?またたまに入店させていただきますので、よろしくお願いいたします。コーヒーは熱いのをお願いします。

●そうそう谷九のサブ、私も昔行ったことがありました。今は、もうないんだろうなあ。奈良のジャズ喫茶はさすがに知りません。別にあっても不思議ではないんですがねえ。

zet様

sun@post.click.or.jp

ハードコアやノイズとかけはなれたところでバンド活動しておりますが、過日故中上健次氏の本を読み、少しずつこういう世界に触れてみるようになりました。
新鮮ですねえ。もっと知りたいと思うんで、ちょくちょく寄らせてもらおうかなー、と思ってます。

●またまた登録が遅くなってしまいました。ゴメンナサイ。これに懲りず、ちょくちょく寄ってくださいませ。でも、「こういう世界」ってなんのことでせう?

北加賀様

sakuraki@quartz.ocn.ne.jp

富山の人面魚・・・懐かしい
お気に入りの登録しました。

●うわぁー、北加賀さん、お懐かしい。パソ通の方ではいろいろとお世話になりました。インターネットでもよろしく!!歯痛に苦しんでいたので登録が遅くなって申し訳ありません。

林 建紀様

tatsu@netq.or.jp

ご無沙汰でした。難物のJAZZ DISC SELECTIONの林です。久しぶりにジックリ"奥の方まで"拝見させていただきました。ヴァラェティに富んだ、楽しいコンテンツで羨ましい限りです。
私と同じ頃に関西のジャズ喫茶に通われていたのでしたか。殆どが私も通っていた店です。私も当時の思い出を4月からジャーナルという頁に載せています。一度お立ち寄りください。 ではまた。

●うわっ、林様に私のおちゃらけページを「ジックリ"奥の方まで"」見られるとは、冷や汗ものであります。なにしろ、林様のJAZZ DISC SELECTIONの真摯な作りとは雲泥の差ですから。で、久しぶりに伺うと、とても洒落た雰囲気に変わっているのでびっくり。さらに、ジャーナルを拝見すると、林様の過去がわかって2度びっくり。うーむ、そうだったのか・・・・。

みさみさ様

misaki@xb3.so-net.ne.jp

初めまして。インターネットを始めたばかりです。今日こそは人並みにネットサーフィンをしてみようと思い、ここにたどり着きました。やっぱり好きな事でこうしてお話ができる環境って素敵ですね。
私とJAZZの出合いは映画のBGMからです。20〜30年代をテーマにしたアメリカギャング映画に必ず流れる名曲の数々…。その何とも言えないノスタルジックな響きには今でもドキドキします。
最近はいろいろ聞いてみようと、トランペットもアルトサクスもテナーサクスもバスクラも何でも節操なく買い漁っております。チャーリーパーカーのBIRD ON 52ndST.を持っているんですがこのホームページにお邪魔して初めて『BIRD』の意味が分かりました(笑)。
実は今、ボビーハケット(Tp)のCDを探しているのですが無いので困っています。お見かけしたらお知らせください。何でもいいので。
あ、そうそう、私は夏だけですが山登りをしております。昨年は北岳に行き、八本歯のコルで死にました(笑)。今年はもっと体を鍛えねば!それではまた、遊びにきますね。      

●いらっしゃいませ!JAZZ&夏山の同志ですね。北アルプスではなく南アの北岳というところが渋い好みでいいなあ。さらにボビー・ハケットなんてますます渋い!!でも、CDを見つけるのはホント難しそう。私も持ってないんですよ。

海野新一様

s-unno@mba.sphere.ne.jp

"Birldland" この名前からしてうれしい
時々ここへ現れると新しい友達ができるのかな?
懐かしいレコードをリクエストすると聞こえてくるのかな??
そんな雰囲気を持っているページですね。 応援します

ジムホールをこよなく愛する50歳を超えたジャズファンより

●応援、どうもありがとうございます。ジムホールとは渋くていい趣味ですね。わたしはビル・エバンスとの凄いインタープレイをしているアルバムが大好きだったんですが、今は手元にありません。アンダーカレントだったかな?

ケンイチ様

takejazz@msn.com

生まれも育ちも大阪で、若いころからのJAZZキチです。
若いころからギターを弾いて、大学時代はテナーサックスを吹いて、ダンモとフルバンのコンマスやってました。社会人になってからは、演奏も聴くほうも一休みしてました。若いときに(7年前)奥さんを亡くしてからまたジャズってます。
今は聴くほうばっかりですが、近いうちにサックスも吹き出そうと思っています。
4年前の広島で一人住まいをやってから、飲み代を使いすぎてアナログコレクションの大半を売ってしまいました。皆さん飲み過ぎには注意しましょう。
広島でもJAZZフレンドが一人でき、JAZZ話をやってます。

●いらっしゃいませ。うーん波瀾万丈の人生はいかにもJAZZy・・・・ホント呑み過ぎに注意してください。演奏の方も復活されると、また楽しみが増えますね。

Taka様

happys@ml.interq.or.jp

スズメの雛の育て方についてのメールありがとうございました。
親元に帰すことについては私も全く同感なのですが、事情を聞いてみると、学校内を走り回っていたらしく、巣立ち直後に校舎に飛び込んで、はぐれてしまっていたようです。 とりあえず、絶対に途中で投げ出さないことを条件に、娘とその友人たちに育てさせてみようと思います。
abeさんのメールや鳥関係のホームページを見せて、「自分たちでもいろいろ調べてみな。」とは言ってありますが.....きっと口出ししてしまうんだろうなあ^-^;
それでは、お体に気をつけてお過ごしください。

.......道楽部屋より、田んぼの蓮華草を眺めつつ........

●スズメの雛のためにも、どんどん口出ししてやってください。子どもの教育のためには、試行錯誤もいいんでしょうが、なんたって相手は生き物ですから。無事、Taka様のところから巣立っていくことを祈っております。

酒井 純様

sakai@ryukoku.seikyou.ne.jp

はじめまして。ジャズが好きとは言うものの、はっきりいって、初心者です。
CDを買いに行くときでも、お店に流れている曲が良ければ買い、そうでなければ、僅かに知っているミュージシャンの名を頼りに買う始末です。
具体的には中学の吹奏楽部時代に覚えた、グレンミラーとマイルス、コルトレーン、あと、ハービーハンコックで、最近知った方では、ロンカーター(紳士服エフワンの広告で知りました。阪急梅田駅にあるんです。)です。これだけの知識だけで広い広いジャズの海を航海しようというのですから、我ながら笑ってしまいます。
こんな私ですが、ジャズについて勉強していきたいと思いますので以後、よろしくお願いします。

●いらっしゃいませ!!初心者だからって遠慮したり卑下することなんてありませんよ。「ジャズが好き」というこの言葉だけで十分なのであります。勉強するというより、楽しみましょうよ。

Taka様

happys@ml.interq.or.jp

久しぶりに覗かせてもらいましたが、楽しませていただきました。
ところで、スズメの雛の育て方をご存じありませんでしょうか?
娘が小学校で拾ってきたんですが....全然わからんのです^0^;

●そろそろあちこちで巣立ちビナが落っこち始める季節ですね。日本野鳥の会でも、ヒナを持ち帰らないでキャンペーンをやってますが、こういう場合、安全を確保した上で近くにいるはずの親鳥に任せるのが原則です。でも、保護する必要がある場合は、人間が育ててやらなくてはね。育て方の詳細は、メールにて。

SHINOZUKA様

shinozuk@awa.or.jp

じゃずは好きで毎日聴いている。でもCDは少ない。
アンプ類は自作、テレフンケンEL156真空管を使用、SPはアルテックA7-X。
山は夏に穂高や槍、白馬、白馬、妙高、火打、北岳、仙丈等へ行った。今年は薬師かな。
職場へは自転車で通勤。コルナゴ見たら声をかけてね!
写真は好きでその辺の風景を撮るけどそれだけ。
Macintosh5台目が今日届いた。こんなにどうするのだろう?

●ひょっとして、STEPの片桐さんの日記に登場される方でしょうか?うーん、それぞれの分野でのこだわり方、只者ではないですね。ちなみに私も自転車で通勤してますが、パパチャリです。

Cody様

QYJ13045@niftyserve.or.jp

はじめまして。関西の人間です。実は捜し物をしているウチにここにたどり着きました。いろいろな分野で楽しく作られていて、すっかりファンになりました。きっとここなら、と思い、メールを出す決心を致しました。

ジョン・コーツ・ジュニアというジャズピアニストについて、いろんな手がかりを探しています。現在入手できるレコードやダビング可能なレコード。CD。消息など特に。もし、何かご存じのことがあれば教えていただけませんでしょうか。
いきなり失礼とは思いますがどうぞよろしくお願いいたします。

園芸についてもいろいろと楽しい話が載っていますね。ちょっとこれもうずうずしているのですが、今はジョンコーツジュニアで気持ちがいっぱいで、またの機会にコメントいたします。
どうぞこれからも素敵なホームページをお作りください。

●John Coates,Jr!!いやあ忘れかけていた懐かしい名前です。キース・ジャレットのお師匠さんということで有名になった人ですね。残念ながらレコードは、西武劇場でのソロライブしか持っていません。詳細はメールにて。

ぶたまん様

butaman@muf.biglobe.ne.jp

私はJAZZはあまり詳しくないので、啓蒙のページがあるといいな、と思いました。また、来ます。

●啓蒙のページですか。参ったなあ、私自身がええ加減な知識しかないもんで・・・。あ、サダナリ・デラックスの「はじめてのジャズ」を紹介しておきましょう。「世界一わかりやすい」という看板通りです。

ジャジロー様

初めまして。コルトレーンでネット検索していましたら、ここに漂着いたしました。私、単なる一音楽ファンの若造ですが、中でも、ジャズは一番好きなジャンルです。かなり昔の学生時代に(笑)、良くジャズ喫茶店通いしていました。
ちなみに、チャリーパーカーは最も尊敬するアーティストの一人です。
ここのお店、シック&渋めで(笑)、大変気に入りました。時々遊びにきますので、よろしくお願いします。

●いらっしゃいませ。最近、ジャズファンの方が続きますね。「シック&渋め」だなんて、いやあー、思わずその気になっちゃうなー。

よもぎねこ様

yukinek0@kb3.so-net.or.jp

あべさん、コメントありがとう!
 そうそう! アブドゥーラ・イブラヒムでした。
 たしか「フェスティバル・コンダロータ」(ワールドのりの音楽祭)
 だったと思うのですが、観にいったのです。

 観客の認識がちがう(ジャズファンというより…)せいか、
 あまり盛りあがらず、本人も乗りきれていない観がありましたね。
 ちょっとだれ気味だったのが残念です。

 これから、また「この一枚」を見にいこうと思います(^_^)。

 追記*ビル・クロウは「さよならバードランド」のおかげで、日本で
 同名のアルバムまで出しましたね(笑)。村上春樹さん、本も訳して! 

●ダラー・ブランドは南アフリカ代表として出演したんでしょうか?そういえば彼は「自分の音楽はジャズではない。単にミュージックだ。」というような意味のことを言ってましたっけ。ビル・クロウの他の著作は「JAZZ ANECDOTES」で、同名のCDの方が先に出ていますね。村上春樹鋭意翻訳中だそうです。

よもぎねこ様

yukinek0@kb3.so-net.or.jp

こんにちは、また来ました!
 今日は「勝手に選んだこの一枚」の最初のほうを拝見しました。

 ダラー・ブランドが挙がっていました(^_^)。
 よもぎねこも、「アフリカン・ピアノ」はくりかえし聴きました。
 70年代のジャズ喫茶では、1日に幾たびもこのアルバムが
 ターンテーブルにのったと聞きます。

 たしか6、7年前にフェスで来日公演をおこなった記憶がありますが、
 なんとかイブラヒム…?とかいう名前で出ていませんでしたか?

 それとも、わたしが甚だしい混同をしているのでしょーか(笑)。

 では、また♪

●まいど、おおきに。ダラー・ブランドは、70年代に2度ほど来日したことは知っていますが、最近のことは全く知らないんですよ。彼のアルバムには、ABDULLAH IBRAHIMという名前が併記してありますね。イスラム名かなんかでしょうか?

あべありさと様

ew2a-ab@asahi-net.or.jp

ケンさんのBBSからとんできました!
「ばあどらんど」って言葉に惹かれて・・・・ららばいおヴばーどらんど・・・
ってここってASAHIネットじゃないですか??同じだぞ!ぼくと。
えっと、ボサノヴァしてます→http://www.asahi-net.or.jp/~ew2a-ab/bossa/

ちょっとかっこいいよ、このページ、ちょっと、かなり、うん。
これから見て回りますね・・・じつは真っ先にここにきた。
んでは、またっ♪

ちょっと待ってね、xj8s-ab・・・abってことは「あべさん」ですか?
これまた、、、、奇遇な。
ちゃお。

●あべさん、はじめまして、あべです。いやあ、ホント奇遇ですな。ボサノヴァのページ、早速拝見しました。洒落てていい雰囲気で気に入りました。

よもぎねこ様

yukinek0@kb3.so-net.or.jp

「ジャズ喫茶・ジョー」からリンクしてきました。
 名盤がずらーっとならんでいて圧巻ですね。
 ビル・クロウの「さよなら、バードランド」は私も読みました(^_^)。
 また来ますね。

●いらっしゃいませ「ジャズ喫茶・ジョー」の常連の方ですね。「さよなら、バードランド」の他にもビル・クロウの著書があるのですが、村上春樹さん早く訳してくれないかなあ。

ケン様

ken2061@pop06.odn.ne.jp

私もジャズ喫茶のページを作っております。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/6168/
一度のぞいてみて下さい。

●早速、「ジャズ喫茶・ジョーの部屋」見てきましたよ。繁盛しているじゃないですか。Web上のジャズ喫茶仲間が増えて、うれしいですね。

口羽弘子様

はじめまして、くちばといいます。jazz喫茶がインタ−ネットにあるとは、、、
ちなみに私は大阪のトプシ−や神戸のMM、京都のYAMATOYAにたまに行っています。

●おお!jazz喫茶通い、現役の方なのですね。昔を懐かしんでぶつくさ言ってるだけの当ばあどらんどにとっては、新鮮な風が入った思いであります。でも、トプシーやMMって全く知りません。メールで教えてください!!

太田博一様

ota.hirokazu@exc.epson.co.jp

阿部さんの多趣味ぶりには驚きました。1日が24時間でとても足りないのでは ないでしょうか?海外にまで鳥見に行かれるなんぞ、かなりのものかと思われま す。国内も北海道から沖縄まで津々浦々と羨ましい限りです。特に冬の北海道で 雪の中を匍匐前進するなんてすごすぎる!私も昨年の夏に春国岱に行きました。 クマゲラには会えませんでしたがとてもいい所ですね。(蚊の多さには閉口した) 網走−知床−羅臼−野付−春国岱−落石岬−霧多布−糖路湖−釧路とレンタカー で回りました。鳥の写真も撮りますが奥様の観光も適度に入れないと、機嫌をそ こねるので大変です。エトピリカは遥か海上でしか見られませんでした。「霧に 消えたエトピリカ」では瞼暮帰島となっていましたが、私の地図には嶮暮帰島と 載っていました。何と読むのか教えてください。その島に行って見たいです。 毎年春は舳倉島、夏は北海道がパターン化して来た松本在住の、かなりのぐーた らバーダーです。まだまだ見たい鳥はいっぱいありまので、よいポイント等あり ましたら指導お願いします。バードランドの更新楽しみにしています。

●いやあ面目ない。ご指摘通り嶮暮帰(けんぼっき)島が正しい字でした。「ムツゴロウの無人島記」(文春文庫)に詳しく書かれていますよ。私は今や家族旅行が義務づけられており鳥見の方は今や廃業寸前です。鳥のページのネタは過去の遺産に頼っているのが現状で、太田さんこそ羨ましい!!

場谷内様

rumiko@orange.plala.or.jp

鳥とゆう魅力ある生きものへの興味から豪邸久則庵から入りました、こちらもまた豪邸で思いがけずジャズの音色に迎えられ心地良い気分で各部屋を訪問させていただきました。ジャズって新鮮ですね。次回もとゆうHPにはなかなか出会えませんが、時々おじゃまさせていただきます、独特のHPをたのしみにしています。

●ありがとうございます。久則庵にくらべたら安普請も甚だしいのですが、調子に乗って今度、Niftyに勝手口を作ってしまいました。どちらからでも気軽にお入り下さい。

彰彦様

97jy0135@ncs.nippon-ec.ac.jp

楽しいです!。
私の友人もhpを作ってるのですがメチャメチャ地味です。
ここへはJAZZを通してきましたが、やはり私もJAZZはLIVEが一番とおもいます。

●LIVEが醸し出す独得の雰囲気、たまりませんねしかし、私は、最近ほとんどLIVEに行ってない・・・しくしく。

山田晋一様

shin-1@air.linkclub.or.jp

リンクのお知らせをいただいた 山田晋一です。はじめまして。
楽しいページですね。私の方からもリンクさせていただきますのでよろしくお願いします。私は、野鳥の写真を撮りたくて山に入っているうちにいつのまにか逃げない被写体の高山植物に移行してしまいました。今でも鳥の写真は、続けていますが「軟弱」です。(^^;;;
ただいまJavaScript勉強中です。花が、咲き出すまでには私のホームページも「いんたらくてぃぶ」に仕上げる予定ですのでまたお越しください。 では。

●山田様のページ「I'm age」は、今でも素敵なのですが、さらにパワーアップするんですか。JavaScriptはよくわかりませんが、春が待ち遠しいですね。

富田 伸治様

tomita11@mbox.kyoto-inet.or.jp

「ぶらりのんびり山歩き」富田です。こんばんは。工事中の「山のお花畑」を拝見しました。今年は北岳を計画しています。日程が少ないので登って降りるコースになると思います。
ところで教えてくれませんか この雑記帳に書かれたものを読み取る方法を。記入のHTMLはわかるのですがそれを取り込む方法がりかいできませーん。作つもりは無いのですが知りたいのです。よろしく。
アーそれと昨年末にYAMATOYAの入り口まで行きました。中に入る勇気が少し足りなくて又今度行ってみることにしますが。しあんくれーるはつぶれてました。少し寂しいですナー。

●「山のお花畑」は、とりあえず体裁を繕うための暫定版でして、早速ご覧になっていただいたのにあんな内容で恐縮です。北岳はいい山なんですが、関西からだと交通が不便なのがちょっとね。山頂往復なら甲府経由でまあまあってとこですが。しあんくれーるはありませんか。大学がどんどん市街地から逃げ出すんでしょうがないでしょう。ご質問にはメールで返事しますね。

ごん太様

gonta-u@mail.wind.co.jp

はじめまして。私、インターネットは初心者なので、このホームページで少し勉強させてもらおうと思っています。
話は変わりますが、クジャクチョウの写真、とっても良かったです。スミナガシやクジャクチョウは昆虫好きでなくとも一度は被写体にしてみたいところですね。(でもなかなか撮れない)ほんと、このホームページの高山植物の写真をみていると、久しぶりにホシガラスが舞うハイマツの草原(林かな)へ行きたくなってしまいました。また、おじゃまさせていただきます。では。
http://www2.gunmanet.or.jp/gonta-u/

●いらっしゃいませ。花の専門家のご登場ですね。私は植物については素人なんですが、今年は花のページをもう少しまともにしようとがんばる所存であります。クジャクチョウは山を歩いていると花に止まっているところによく出会います。

山口様

joyaku@irori.forum.or.jp

文句なし!楽しかったです!(^^)
こういうしゃれた構成のホームページって大好きです。音楽も良かったし。ぜひリンク張らせて下さい。ついでに、私に部屋にもお越し下さると嬉しいです ← これが本音だったりして(^^;)
http://www.asahi-net.or.jp/~dr7s-ymgc/

●NIFTY-Serveの【山のフォーラム】囲炉裏村の助役さんだそうです。ホームページは北摂、播州の山が充実した山行記録や奥様の撮られた高山植物の写真がいっぱいで素敵な雰囲気です。

guppi様

guppi@mxz.mesh.ne.jp

素敵なサイトをありがとうございます。先日、ライブを聴いてから、また時間のあるときにはJAZZを聴きたいなあと思うようになり、いろいろとWebサイトを探しています。ここは「あけてびっくり。。」から飛んできました。またちょこちょこのぞきに来ます。

●JAZZはやっぱりライブでしょうね。かくいう私など、今はまだ、昔のレコードを聴き返して楽しんでいる状態でして、ジャズファン完全復帰にはまだまだ・・・。ライブも聴きに行かなくっちゃ。


初老のひと様

二度めの青春(JAZZファン復帰)へのエールをいただき、恐縮しています。小生も、先日、25年ぶり位に、スウィング・ジャーナル誌を購入してみたところ、あらためて、ジャズ・シーンの変貌ぶりに、年月を知らされた次第でした。
我が家のA7の顛末ですが、来客の方から、これは冷房装置ですか?と聞かれて苦笑したり、当時2才くらいだった息子が、ウーファーのホーン部分に入って遊んだりするため、銀箱の604モニター(これは今も、納戸で眠っています!)に換えました。
話しが変わりますが、バード(鳥)にも興味のご様子。小生、転勤を重ねて、いまは、千葉の手賀沼の近くに居ります。野鳥の研究所(博物館?)があって、宮様も、時々お越しになると聞いていますが、なにぶん、関心がいまいちなもので・・・。

●山階鳥類研究所のことでしょうか?アルテックといい、うらやましい環境ですね。私もJBLよりアルテックのホーンの音が好きです。大音量でカウント・ベイシー・ビッグ・バンドを聴きたいなあ。

[このページのTOPにもどる]・[1997年版を読む]・[最新版にもどる]

HOME