「老椿図」

(小野家の椿からイメージして)
2007年10月22日
145cm×227cm  M150号

老椿図 M150号完成しました。この作品は、六月に描いたS50号の「老椿図(小野家の椿)」を別角度、別構図で描いたものです。
 最初のコンピューター上で下図を作った時には「うん、こりゃいける。」と最初は調子よく進んでました。
が。途中から、バックの処理と花の見せ方、モノトーンにするのか、色を強調するのか、だんだんわからなくなり、
搬入の期日はどんどん近付いてくるし、右往左往してしまいました。
搬入の2日前(2日前に見せられても困るという感じですが、)に米谷先生に作品を観てアドバイスをいただいたおかげでなんとか、
着地することが出来たように思います。
 ブログにも書いたのですが、マウンドの上で、フォアボールを三つくらい出して、ばたばたしているピッチャーの元へ、
監督が来て一声、二声かけられて落ち着いたような。そんな感じです。

いずれ、やることはやったという充実感はあるので、これはこれで悔いはないかなあと思っています。

ちなみに、茨城県鹿島市にある「小野家の椿」はやぶ椿で花は赤です。絵のイメージとして、白の花に変えました。

                                       (日本画家伊東正次の襖絵)

新着情報 /作品 /略歴 /お知らせ /技法 / 紀行/対談 /草馬の絵 /作家紹介 /雑感 /遊び場 /夢工房 /掲示板 /ブログ /お便り /リンク /HOME