2007年07月15日 大阪府能勢町ルッキング記
この日、愛媛のたかちゃんが能勢へ来ていた。K氏や親方、N氏やS君も一緒だった。さほどクワ採集はせずにタガメの灯火拾いをしているゆえ、私も顔を出そうとベンツで向かった。高速道を降り、たかちゃんに電話で何処にいるのか聞くと電話の奥で何やら騒がしい。ノコ?えっオオクワ?のあとに電話は切れた。一体何が起こったのか?そして私は何処へ行けばいいのか・・、とりあえず能勢へ向かった。

その後、K氏に連絡をとりフジコンで待ち合わせをすることにした。そして、そこで驚愕の事実を知ることになった。能勢では樹液も材割もオオクワを採るのは困難な時代に、何と何十年ぶりなのか?街灯下でオオクワ♀を拾っていたのである。私のまわりでは7、8年ぶりのことではないだろうか。

この日タガメ採りでT氏も能勢へ来ていたので呼び、皆で談義。タッパにはオオクワ♀、タガメ8(能勢、亀岡、☆含)、ノコ2・・。こういう機会はもうないであろう貴重な1日であった。