日本ミヤマクワガタ図鑑



 
ミヤマの全国制覇を目論んで集めてます。ミヤマは個体変異が豊富ですが、地域変異が果たしてあるのかは疑問です。でも地域変異はあるんじゃないかな−と思い、勝手な解説を付けて並べてみました。
ミヤマオタクの一言
「ブナ林のクワガタ」の林原さんからのミヤマです。大顎の一番付け根寄りの歯が太いのが特徴です。近年、地球温暖化のせいなのでしょうかフジ型の歯型も発生してるようです。

産地:北海道南部

体長:71mm

ミヤマオタクの一言 
宮城県北東部のミヤマです。同じ県内でも地域で微妙な差があります。ここのものは羽の形状が多角形のようにスジが入ります。

産地:宮城県北東部 

体長:70mm

ミヤマオタクの一言 
オオクワガタで有名な檜枝岐村のミヤマです。檜枝岐村のミヤマは変化が豊富です。茶色もあれば黒もありです。どうゆう訳かエゾ型のものは先端が欠けてるものが多いです。

産地:福島県北西部 

体長:66mm

ミヤマオタクの一言 
広島はmasaさんからいただいた74mmのミヤマです。写真では見えにくいですが、右側大顎の第二歯と第三歯がくっついています。左右非対称の大顎です。

産地:広島県 

体長:74mm

ミヤマオタクの一言
宮崎はfamilyさんからいただいたミヤマです。第一歯が細いのが特徴です。

産地:宮崎県 

体長:71mm

ミヤマオタクの一言
福江島は長崎から西へ飛行機で30分の場所にあります。イズミヤマに似てるような気がします。

産地:長崎県福江島

体長:61mm