RERE Beetle Gallery 2007 インサイドレポ−ト

爆発栄螺
 


 準備編

 
前年度よりパワーアップじゃ。
飼育講座を追加し6回の講演を行いました。
以下の告知を六本脚さんや昆虫情報発信基地さんへさせて頂きました。
***AREAREA BEETLE GALERRY 2007***
世界のクワガタムシ・カブトムシを12箱展示。
2007年7月21日(土)から8月31日(金)まで
会場:アレアレア2 3階 ラーメンスクエア入口
開館時間:10:00-24:00
入場無料
 

***クワガタ捕獲大作戦***
クワガタムシ・カブトムシの実践的な採集方法を解説します。

2007年7月21日(土)13:00-14:00
2007年7月28日(土)15:00-16:00
会場:アレアレア2 3階 イベント広場
参加費用:無料
定員:30名
 

***クワガタ飼育プロジェクト***
クワガタムシ・カブトムシの飼育方法を解説します。

2007年7月22日(日)13:00-14:00
2007年7月29日(日)13:00-14:00
会場:アレアレア2 3階 イベント広場
参加費用:無料
定員:30名
 

***まだ間に合う夏休み宿題甲虫標本製作教室***
クワガタムシ・カブトムシの標本作りを行います。

2007年8月25日(土)13:00-14:00
2007年8月26日(日)13:00-14:00
会場:アレアレア2 3階 イベント広場
参加費用:無料
定員:10名(標本作製に必要なものを用意いたします関係上、
Eメールにて事前に申込をお願いします。
標本用の甲虫は用意しますが、ご自分の甲虫を持ち込まれても結構です。)



あとは新聞の折り込みチラシにバ〜ン!

新聞折り込みは8万部

今回、展示用の生き虫はランバージャックさんから借りちゃいました。Special Thanks!
 

今年展示する棚は3箱増やし12箱とした。
箱を新調しラベルを作り並べ直した。
種類も3箱はLucanusだけの物を作ったりした。
左側は2006年度の棚、右は2007年度の棚
2006年標本箱展示棚は棚の背板が垂直なため、ドイツ箱を斜めに
置く必要があった。ドイツ箱脱落防止にアルミ製のチャンネルが取り
付けられていたのだが、寸法が足りず脱落防止の機能を果たしていな
かった。震度4以上の地震が来たら、殆どのドイツ箱が転落するであろう
ことが予想された。展示期間中の2ケ月地震が来ないように祈り続けた。
コストは3段を3台作って、*ぬおゆわわわ円だった。
2007年標本箱展示棚は転落防止対策を施すことにした。
対策1.棚背板自体に傾斜を付けた。
対策2.ドイツ箱の上と下に引っかかりを付けた。
相見積を取ったのだが、大幅なコストUPになり発注がギリギリ
の二週間前になった。
コストは3段を4台作って、*うわぬゆああ円だった。
昨年の倍以上だ。
*金額解読はキーボートを見てちよ。誰か安く作ってくれる所を紹介して(T.T)
NYをイメージしたショーウインドウの中に並ぶ12個の標本箱
今年は生き虫プレゼントもしちゃう。
ランバージャックさんのご協力でフェモラリスツヤ
とかヒラタを安価にご提供頂きました。
120頭を4日間の講習会終了後に配りました。

餌交換とコバエ点検&駆除は欠かせません。
コバエが会場で飛んじゃったらイベントの存続に関わります。
   ・・・・ちなみにコバエは50頭くらいやっつけました。

 

プリンカップの中に入ったフェモラリス、ヒラタ
クワガタ60頭だとこれくらい
フェモラリスツヤクワガタのペア



Page 1/9