FAXじゃなくてFAQ
(皆さんのご質問の数々と回答)                        

インタ−ネットの普及により、以前では考えられない数のEメ−ルを頂戴するようになりました。
全てのメ−ルに返事を書きたいとは思っているのですが、私も普通のサラリ−マンでして
忙しい時には返事が出せなかったり、遅い返事になってしまう事があります。そこで、この
ペ−ジで皆様から多くいただくご質問と回答を書かせていただきました。



 
 
1.飼育編

Q1.ミヤマクワガタに産卵木は必要ですか?

A1.必要ありません。しかし、私はクワガタの転倒防止に入れてます。



Q2.私のミヤマクワガタは産卵木を1本ボロボロにしました。
 
A2.木をかじってボロボロにするのは一体どういった意味の行動なんでしょうか?
「メスが下から朽木を囓り、腐葉土と混ぜてダンゴを作りその中に産卵する。」
と言う人もいます。
いずれにしても、ミヤマのメスは固い木は囓らないと思います。
私も入れてますが、まだそのように囓った木を見たことありません。


Q3.ミヤマクワガタのオスが交尾をしようとするとメスが逃げます。
交尾させるにはどうすればいいですか?

A3.たぶん♀は交尾終わってると思います。
人間同様に処女はとても珍しいんです。それは操を守っているんですね。
オスとメスを隔離した方がいいです。交尾を拒むメスをオスが挟み殺すことがよくあります。



Q4.複数のオスとメスを同じ容器で飼育しても大丈夫でしょうか?
複数のオス同士、メス同士の場合は?

A4.お勧めしません。惨劇がそこにあります。



Q5.交尾を済ませて産卵までどのくらいの
日数がかかりますか?

A5.2週間〜4週間。
この間に死なないようにするのが難しいのです。
頑張って下さい。



Q6.雌が死んで、雄は生きています。雄はあまり餌を食べないので、
心配しています、どうすればいいですか。

A6.他のクワガタと違いミヤマクワガタは発生(6月初旬)が早く、
早く死にます。可能な限り低い温度と高い湿度の維持に気を
つけて下さい。あまり、動かない状態がいいです。
餌の量は気にしないで下さい。
1日にゼリー1個食べるような環境は温度高過ぎです.



Q7.朽木に産卵しないようですが、クヌギマット(腐葉土なし)
では、産卵しないでしょうか?

A7.黒に近いこげ茶のクヌギマットで、細かくて湿度多ければ、たぶん可?
私も毎年マット作るのが面倒になってきてまして、黒土で代用出来ないか
と思ってます。でも、そうすると若齢幼虫の餌が・・無い?



Q8.ところで、ゼリーを入れている木(この下を寝床にしている)
に、カビ(緑黄色の)がはえてまいりました。
ゼリーや、黒蜜で、だいぶいい色になったし、発酵したような
いかにも、クワガタが好みそうな「香り」がしているのですが、
やはり、新しいのと取り替えないとダメでしょうか?

A8.ちょっと酸化すると、樹液みたいな酸っぱい匂いになって
彼らの好む匂いになりますね。
それでカビなんですが、私は白カビ以外はあまり気にしません。
青カビはある程度すると自然消滅します。
でも、私も気持ち良くはないので、表面だけティシュで拭い去り、
そのまま使用してます。1ケ月以上食べた痕跡ない場合とかは
半分位残ってても換えてます。 
カビが生えるのは栄養がある証拠です。
アオカビに関しては気にしなくて大丈夫です。(ペニシリンていう位ですか
ら。)そのままにしておくと2週間位で消滅します。
シロカビはカビた部分を除去して下さい。



Q9.幼虫は、1匹ずつ別容器で飼育しなければならないでしょうか?
(共食いは?)

A9.食べてるかどうか解りませんが、分けている場合に比べ死亡が多い気がします。



Q10.幼虫の材飼育は、ミヤマには適さないのでしょうか?

A10.材に潜らず、表面を囓っているうちに死んでしまうので止めました。
もし成功したら教えて下さい。



Q11.パソコン初心者なのでメ−ルでは聞きたい事が沢山書けません。
電話を下さい。090−***−****

A11.パソコン+クワガタ貧乏な私は携帯電話に電話かけられません。
あと市外通話もごめんなさい。電話番号をお教えしますので電話下さい。



Q12.温室など充分な機器がなくても
飼育は可能ですか?

A12.可能ですが、2年〜3年幼虫の姿を見続けるのは忍耐が必要です。
緊張感の維持が難しく、気が付いたら★んでたなんて事に
なると思います。ですから温室をお勧めします。
我が家には3年幼虫やってるのがおります。
これは辛い。見てても大きくならないし−。



Q13.素人でもクワガタの繁殖出来ますか?

A13.
初めてでも、熱意があれば大丈夫です。
成功してる人は何人もいます。



Q14.メスの産卵はいつ行なわれるのでしょう?

A14.メスの気分。女心は難しい。



Q15.ミヤマクワガタのマットは湿度多めがいいといいますが、どの位の湿度なんでしょうか?

A15.ぎゅっと手で絞ると水が滲む位の水分を維持させて下さい。



Q16.いくら頑張ってもミヤマクワガタが産卵しません。何が悪いのでしょうか?

A16.考えられるのは
1.温度が高い。25度以下の場所がお勧め。
2.夜、窓の外の明かりがカ−テン越しに見える場所は駄目。
  明かりに向かって飛んだり、ケ−スの壁を引っ掻いたりして衰弱します。
3.マットの湿度が足りない。
4.マットが荒い。
5.マットの詰めが甘い。逆さにしてマットが落ちてこない位に固く飼育容器に詰めます。


Q17.ミヤマクワガタを.冬越させたいのですが、方法を教えて下さい。

A17.相当難しいです。
私は12月末までが最長でした。
温度変化少なく、低めの温度で活動を押さえて、ひっくり返らないように注意を払います。
交尾はさせると寿命が縮みます。1頭のみで飼います。また、適度な湿度を維持させます。
気がします。変温動物である昆虫は温度変化は大きな体力消耗となると思われます。
昼は暖房で25度、夜は暖房無しで10度というような環境は最悪です。
可能な限り温度変化が少ない環境が望ましいです。
冷蔵庫の中に保管する過激な方法も考えられますが、 そこまでするとなんだか不自然な
気もするので押入とか下駄箱とか温度変化少ない場所を探して下さい。



Q18.正確なサイズを出す計測方法を教えて下さい。
動くので計りにくいのですが、大丈夫ですか?
 

A18.アゴの先端と羽根の先端が大きさです
 

正確なサイズは生きている状態では計測不可能です。
少なくとも3〜4ミリの誤差があります。



Q19.ここ最近の冷え込みで、果たしてこのままで飼いつづける事ができるのか?
という心配をしています。箱をおいてあるのは部屋の隅(テレビの横の本棚の上)
です。暖かくはないと思います。暖かい場所に移した方がよいのでしょうか?
それとも、新聞紙とか、布とかにくるんで保温をしてあげた方がいいのでしょうか?

 A19.二つの方法があります。
そのまま活動させる方法と休眠させる方法です。
たぶん、飼われているのはコクワガタだと思うのですが、どちらも可能です。
ただし、活動させる方は休眠させる方より短命になります。
クワガタは変温動物で外気温度が体温です。
したがって、温度変化が少ないのが一番良い状況なのです。
また、温度が高いとより活動的になるので消耗が早まります。

暖かい居間で活動させるのもいいのですが、夜の冷え込みがこたえます。
最高・最低の温度差が大きいので短命になるのです。

お勧めは休眠です。
温度が15度切るくらいから餌をあまり食べなくなります。
そうしたら乾燥に気をつけて、玄関の下駄箱なんかに置いておくのがベストです。
新聞紙とか、布とかにくるんで保温というのは正解です。
温度変化を最低限にすることが出来るので是非そうして下さい。
11月から3月までは餌は入れないで大丈夫です。
ただし、乾燥が一番怖いので1ケ月に1度確認し、乾く前に少し霧吹きで霧を吹きます。

あと、なるべくお子さんはさわらないようにして下さい。
特に寒い時は大きなストレスになります。
人間が普通お風呂入る時36度の体温で38度位ですよね。
40度の風呂はすごく熱く感じるはずです。たった4度なのにです。
これと同じで、温度15度の時に36度の人間が触るという行為は実に温度差21度も
あるわけで、良くないことです。



Q20.発酵マット(市販)を使用しているのですが、水分は多めの方が
良いのですか?
 ただ、発酵マットだと容器の底のほうからマットが黄色ぽっくなって
悪臭するのです。これはマットが腐ってきていることなのですか?
何か発酵マットでの幼虫飼育のコツや水分量などを教えて下さい。 

 A20.一口に多めと言っても程度の問題であります。
握って水が滲むくらいが限度です。
握ってポタポタ水が垂れるくらいだと多過ぎます。
悪臭のするマットは水分が多すぎるのと、分解進み過ぎです。
ノコギリクワガタなどで幼虫の周りの色が変わるのは問題無いですが、
この場合は即刻マット交換必要であると思います。
一番必要なのは、最初に発酵マットをセットした時の湿めりを維持することです。
霧吹きなので定期的に水を噴霧しないと乾燥するからです。
これは温度により必要な周期が変動するので、マットの湿りを良く観察して行って下さい。
あと、もう1つの注意点として、発酵マットの交換時期です。
発酵マットは3ケ月〜半年で交換して下さい。
茶色く土状になっていたら分解進み過ぎです。
これも水分同様にマットの変化を良く観察して下さい。

マットの臭いですが、大体は以下のような感じです。

インクのような臭い:最適
シイタケの臭い:適 やや発酵不足
ゲロのような臭い:最悪。発酵でなく腐敗です。


Q21..くわがた♀には、精子をためておく貯精のうとかいうものがあることは
勉強したんですが、それをいつ受精させ産卵するのか??

A21.クワガタは一度交尾すると精液をメスが体内で保存できるようです。
産卵の時に受精させるそうです。
交尾を1度だけしたオオクワガタが3年続けて産卵した報告例があります。


Q22.どれぐらいの確率で交尾は成功するのですか。

A22.人間より確実です。毎日が危険日。


Q23.採集してきたメスが交尾を拒み逃げ回ります。このまま一緒に飼った方がいいですか?
挟み殺されるか心配です。

A23.思い切って、メスだけにした方がいいかもです。
人間と同様?処女は貴重です。(^^;


Q24.雄は雌何匹とでも交尾可能なんでしょうか?

A24.これも人間と同様、「体力・気分」が大きく影響します。
オス・メス一緒に飼うことにこだわらない方がいいです。
交尾する数より挟み殺す数の方が多くなったりして、、。(^^;



Q25.クワガタの心臓は、胸のどのあたりにあるのでしょうか。

A25.哺乳動物で言う心臓はありません。
それに変わる機関として背脈管があります。
心臓というより大きな動く血管と言った方がいいかもしれません。
人間の脊髄と同じように体の中央部分に走っています。
クワガタではありませんが、こちらのページを参考にして下さい。
鹿児島大学冨山清升氏 生命科学実験  カイコの解剖
茨城県自然博物館(バッタの体の作り)



 
2.用品編

Q1.クワガタ飼育用のマットって沢山市販されてますが、どれがいいのでしょうか?

A1.注意点ですが、「わかば」「昆虫快適マット」とかいう商品名のこげ茶
色の細かいマットは幼虫に使用出来ません。産卵させないのであればそれらを使用するのは可能です。
その他のクヌギ・ナラの朽木を粉砕したものは成虫・幼虫ともに使用可能です。
細かさを重視して購入して下さい。同じメ−カ−でも細かさがロットで違います。
シ−ズン初め(5月〜6月)は比較的細かいのですが、シ−ズン(7月〜8月)は生産が追いつかないのか?
手抜きなのか?荒い事が多いです。黒くカビたものもあるので、そのようなのは避けた方がいいです。



Q2.ミヤマクワガタ飼育マニュアルに出てくる金色のパッケージの腐葉土はどこのメーカーのものですか?

A2.私は仙台のジャンボエンチョ−で580円で購入しました。

商品名:完熟 ふるい通し 腐葉土 20リットル
会社名:富士見園芸株式会社
住所:静岡市富士見台1丁目21の22
電話:054−282−5926(お客様相談窓口)



Q3.腐葉土はどんなのを買えばいいですか?
安いのは危険ですか?>

A3.買って使ってみないとわかりません。
石とか松の葉や枝が沢山入っているのを避けます。
全国統一ブランドみたいな腐葉土が無いんで、全部買って試す必要があります。


Q4.ハエ取り紙の入手先 または製造メーカー名を教えて下さい。

A4.カモ井というメーカが製造販売しています。
カモ井のハエ・虫取り・ねずみ取り製品
こちらで買えると思います。



Q5.サイトの中に登場した、2つに別れているプラスチックのケース
(200円、とありました)の入手先を教えていただけないでしょうか?
私の住む町はペットショップがありません。

A5.私は通信販売で買っています。
2ダースで3400円。
それに送金手数料と送料と消費税が必要です。
http://www.mmjp.or.jp/science/New/youhin.htm



Q6.60cm水槽を使用されている様ですがフタは何を使用されてますか?

A6.メーカーはニッソーだったと思います。
爬虫類飼育用の蓋です。
値段は2800円と高く、水槽と値段変わりません。(^^;;
今は熱帯魚用の蛍光灯付きの蓋も使っています。
どちらも難点は乾燥しやすい点です。
私は熱帯魚用の中蓋?(ガラス板)を間に入れて今使用してます。



Q7.ミヤマクワガタについてのなにか、良い本は ありますか?

A7.残念ながら廃版になっている  日本の昆虫 (8) ミヤマクワガタ 林長閑著  文一総合出版  (1987)
が一番詳しい文献です。

入手可能と断言はできませんが、昆虫図書が一番揃っている書店を紹介します。
この通信販売専門の書店はたぶん昆虫関係書籍は日本一の在庫です。
たまに、古書のオークションもやっています。

TTS昆虫図書「定休日:月・日・祝日」
 0246-27-2521(11:30〜20:30) fax 0246-27-4031
〒973-0000 福島県いわき市内郷郵便局私書箱11号



 
 
3.採集編

Q1.東京近郊で1時間以内でクワガタが確実に採れる場所を教えて下さい。

A1.デパ−トの屋上で私は採ってました。但し、捕虫網じゃなくてお金が必要です。



Q2.ミヤマクワガタの採れる場所を教えて下さい。

A2.山の谷間にある温泉はいる可能性大です。
生物多様化センターによるミヤマクワガタの分布図



Q3.オオクワガタの産地は甲府(敷島)福島(檜枝岐)ですが、何度通っても採れません。
オオクワガタの採れる場所を簡単でいいですから絵でポイントを教えて下さい。

A3.この質問が最近、非常に多いです。
私はオオクワガタ採ったこと無いんです。だから知りません。
「ワイルドのオオクワガタです。」と言って売っている昆虫ショップでひつこく聞いたら
いいかも?でも、良識ある人とか、厚かましくない人とか、根性ある人は下記がお勧め。

1.まず自分がオオクワガタがいそうと思う所の地図を買います。
三省堂とかで国土地理院の地図で、針葉樹や広葉樹などの表示がて書いてあるものを買いま
す。
広葉樹のマ−クの端をマ−カ−で結んでいきます。そうするとマ−カ−で囲われた場所が、

クワガタ居るかもしれないポイントです。
これをあてに、何度か現地に通います。もちろん、現地でヒアリングし情報収集します。

2.その地域の図書館や博物館などで情報収集します。
産地は、その県の昆虫同好会に必ず分布調査記録があります。
また、環境庁も分布の資料を持っています。
どうせなら、新産地発見に挑戦して下さい。
産地のまわりに、同じような環境の場所がないか探し通うのです。

3.分布
以下のページにオオクワガタ・ヒタクワガタの分布図があります。
生物多様化センターによるオオクワガタの分布図
生物多様化センターによるヒラタクワガタの分布図

マスコミの影響なのか?ポイント聞いた上に「オオクワガタを高く買ってくれる場所を教えて下さい。」
と言う人もいます。しかし、そんな美味しい話ありません。パチンコ屋で床に落ちてるパチンコ玉
拾って打ってた方がまだ儲かるかも?



Q4.黄色いミヤマクワガタを見つけました。これって珍しい?

A.4羽化間もないミヤマには黄色い毛が生えてます。
これが時間経つと擦れて抜けます。



Q5.ミヤマクワガタの7センチ以上は珍しいのですか?

A5.産地によりけりなんですが、仙台では5年に1度。
仙台では6センチが一番多いです。



Q6.シイタケのホダ木と地面の間から幼虫を採りました。なんの幼虫ですか?

A6.お尻が縦に割れてるのが、クワガタムシ。
お尻が横に割れてるのが、ハナムグリ・カブトムシです。
それで、ハナムグリとカブトムシの違いですが、毛深く小さいのが
ハナムグリで、大きくそれほど毛深くないのがカブトムシです。



 
 
4.売買編

Q1.沢山クワガタを採りました。このまま飼っていると餌代が困るのでどこかに売りたいと思います。
まとめて買ってくれるデパ−トとか昆虫ショップを教えて下さい。

A1.知りません。採りすぎないこと。来年も沢山採れるとは限りません。



Q2.8センチのミヤマクワガタを採りました。売りたいと思います。
珍しい雄雌型のクワガタを採りました。どなたかに譲りたいと思います
76mmのオオクワガタを作出することが出来ました。適価でお譲りしたいと思います。

A2.この手のメ−ルが一番困ります。こちらからOffer書いても、何も返事無いし。
具体的に値段書いて下さい。あと、画像が無いと不安であります。



Q3.安くクワガタを売っている所を教えて下さい。

A3.価格の変動は非常に激しいです。
インターネットでは便利なページがあります。
こちらで、最新の情報を収集して下さい。
http://www.jpp.co.jp/~first/cgi-bin/bbs2.cgi
http://www04.u-page.so-net.ne.jp/yf6/elk489/

高く売りたい人と安く買いたい人の感覚の違いが大きく、またトラブルも少なくありません。
気をつけて下さい。



Q4.海外勤務をしているものですが、いい産卵木がありません。
また、菌糸瓶もどうしても試してみたいと思います。
送ってくれる所を教えて下さい。もし、そのようなショップが無い場合は送っていただけませんか?
その場合、いくら位かかりますか?

A4.残念ながら入手の方法はありません。ご帰国(出張)の際に購入し、持ち帰る以外の方法は
ありません。国にもよりますが3000円の木を送るのに送料が9000円位かかります。
菌糸瓶は生きた植物なので検疫の問題があります。
送料が安い船便だと荷物紛失の恐れ大です。
また、国によっては郵便や宅急便による送金も危険です。銀行振込の場合手数料が6000円位かかります。
クワガタに1万円の大トロ食べさせるような感じになっちゃいます。



Q5.7センチ位の大きなミヤマクワガタを探してます。いくら位で売っているのですか?

A5.オオクワガタとは違いミリ単位で値段の設定している店はありません。
成虫の値段は500円〜2500円という感じです。
運がいいと大きいのが安く買えることがあります。



Q6.ミヤマクワガタの幼虫を販売しているところを探していますが見つかりません。
販売しているところをご存知でしたら、教えてください。

残念ながらミヤマの幼虫は売っているのを見たことがありません。
オオクワガタよりミヤマクワガタの方が数段難しいのです。
かかる手間はオオクワの3倍?
値段がオオクワの3倍したら誰も買わないだろうし、業者さんは儲からないのでやりません。
ですから、自分で卵取るしかないのです。
来年の夏頑張って挑戦して下さい。



 
5.ハンドル編

Q1.爆発栄螺ってどう読めばいいですか?

A1.バクハツサザエと読みます。


Q2.爆発栄螺って打てません。どうすればいいですか?

A2.MS-IMEだと打てません。Atokを使うと「さざえ」で打てます。



Q3.爆発栄螺ってどういう意味ですか。
A3.
サザエの壷焼を旅館でやってて、生きたうちに醤油を垂らせば
味が染みて美味しそうと考え醤油を垂らしたら、思いきり殻を
閉じちゃったんです。普通は死ぬと蓋が開くのですが、その
サザエは蓋が開かなかったのです。殻の内部の水分が蒸発し、
中の圧力が上がり爆発しました。半径2m四方にサザエが
飛び散り、宴会会場は大惨事でした。(実話です。)是非お試しあれ。