産地名とか写真をクリックして下さい。

おなかが空きましたね−。カップヌ−ドルにお湯でも入れて表示するまで待ちましょうか−。

 
南半球であるオ−ストラリアは日本と季節が逆なので1月位がクワガタシ−ズンだそうです。さすがにコアラ・ウォンバット・タスマニアデビル等の変わった動物の国だけあって生態系の保護に関しては積極的な国です。標本であっても持ち出しについて輸出許可書が必要だそうです。しかし変わったクワガタばかりですね−。

 
Lamprima aurata
和名:アウラタキンイロクワガタ
産地:タスマニア
パプキン(パプアキンイロクワガタ)に良く似ていますが、同じ胴体の大きさでも大顎の 大きさが小さいです。色は鮮やかで見る位置により赤くなったり黄緑になったりします。
Lissotes darlongtoni
和名:ダ−リントンコツノクワガタ 
産地:ビクトリア州
オ−ストラリアには数多くのコツヤクワガタLissotes(リソテス)が生息します。なんかチビクワガタを大きくしたみたいな形をしてますね。肉食系かもしれません。
Lissotes furciconis 
和名:フルキコルニスコツノクワガタ
産地:ビクトリア州
チビクワガタにオニクワガタの大顎を付けたような格好をしてます。これで大きければ結構かっこいいのにな−。これはオスです。
Lissotes furciconis.
和名:フルキコルニスコツノクワガタ
産地:ビクトリア州
これは上と同じフルキコルニスコツノクワガタですが、こちらはメスです。オス・メスともにスジブトヒラタみたいなスジが羽にあります。
Lissotes rudis
和名:ルディスコツノクワガタ
産地:タスマニア
サビクワガタを黒くしたみたいな格好をしてます。ちょっとチビクワガタから離れた感じです。
Lissotes howittanus
和名:オオコツノクワガタ
産地:ビクトリア州
アルキデス(フトヒラタ)系の太りかたがイカす。「世界のクワガタムシ 小池晴夫著」ではゴウシュウタンククワガタと呼んでいます。その通りの名前だと思います。ホウィタヌスとも言うんだろな−きっと。
Rhyssonotus nebulosus
和名:ムナコブクワガタ
産地:クィ−ンズランド
ニジイロクワガタとコガシラクワガタを足して渋い柄にしてみました。真上を向いた目がちょっと怖いですね。「世界のクワガタムシ 小池晴夫著」ではマダラムナコブクワガタと呼んでいます。ネブロサスって読むのかな?