Dorcus rubrofemoratus"アカアシクワガタ "

赤足鍬形



 
発生時期 : 6月から9月
生息場所 : 柳/楢/小楢(ヤナギ/ナラ/コナラ)
寿     命 :成虫迄1年もしくは2年
                  幼虫の期間は2年から3年。成虫は冬越し出来る。
そ の 他 : 標高の高いヤナギの枝先にいる。
                  通信販売以外ではあまり売られていない。
                  写真で見るとコクワガタに似て見えるが、高級感のあるしっとりとした艶が
                   ある。もちろん大顎の歯の形でコクワガタと違うことは識別出来る。ただし、
                  雌は赤みの強いノコギリクワガタの雌と良く似ていて、同定が難しい。
                   学名はNippondorcus rubrofemoratusとも呼ばれる。
体    長:雄28〜58mm 雌29〜38mm
性    格:昼行性で、かなり気温が低くても活動する。コクワガタと同様に小型のもの
                   は集団で飼育可能。冬でも暖房している部屋ならば活動する。
 

次のペ−ジ



ホーム