Lucanus cervus laticornis Deyrolle,1864

 
 
←クリックすると拡大した画像が表示されます。
こうやって見ると、L.c.laticornisL.cervusの亜種では無く、独立した種としていいような
気がします。オオクワガタとヒメオオクワガタくらい違うと思いませんか?

串状の触角は6節、長さは他種に比べ著しく長い。

 



Lucanus cervus laticornis ?

 
←クリックすると拡大した画像が表示されます。
オサムシおたくのデュシャン・カトロスさんから送ってもらったトルコなユーロミヤマです。
触角見る限りではL.c.laticornisなのですが、産地が違うせいなのかポテッとしたシルエット
で、違う種のような感じもします。L.c.laticornisより体長はだいぶ短いのですが、触角の
大きさは全く変わりません。うーーーん。何だろ?

串状の触角は6節、長さは他種に比べ著しく長い。



Lucanus orientalis Kraatz,1860

 
 

←クリックすると拡大した画像が表示されます。
この標本は大宮の昆虫フェアで購入したものです。
産地はL.c.laticornisと同じアナトリアです。
この記事を書いている時に甲虫標本の交換・個人売買の掲示板
http://www64.tcup.com/6411/beetle.html
に81さんから
Lucanus ibericus Motschulsky,1845 (= L. orientalis Kraatz, 1860)
と言う書き込みがありました。詳しくお話を伺うと、
Benesh (1960) Coleopterorum Catalogus Supplementa
Pars 8, Lucanidae. 178pp.W.Junk, 's-GravenhageにL. orientalis
L.ibericus のSynonym(同じ種類なのだが、二つの異なる名を持った。後に同じ種類であったと断定する。)として記載されていたとのこと。
確かに、L.cervusよりL.ibericusの方が近いような感じはします。
でも、私は種類多い方が楽しいので、 Kraatzさんをとりあえず支持しまーす。

串状の触角は6節

 参考文献:LUCANIDES GLOBE R.DIDIER et E.SEGUY



前のページへ                      目次へ