爆発栄螺



 
私ははじめてこの虫に出会ったのは、4年前妻の実家の庭先だった。
その庭には季節により様々な鳥や昆虫が訪れ、地面を良く観察すると色々な種類の
昆虫の残骸が落ちている。それらの残骸の中に1つの死骸を見つけて驚いた。
黒くて艶があって、おまけに通常は上から見ると前胸+上翅で構成されるはずの体に
大きく剥き出しになった下腹部が見える。しかもツルツルしてて堅い。
マダラクワガタより立派な大顎。アルキデスヒラタクワガタよりずんぐりむっくりした体格。
衝撃だった。しかし、その死骸は損傷が激しく、すぐにバラバラになってしまったので持ち帰るのを
断念した。


この事をある掲示板に「オオヒラタエンマムシ持っている人いませんか?」と書いたら、
林原さんが「6本足ついているオオヒラタエンマムシあるぞ〜。」との返事を下さいました。
それで今回の画像を撮り皆さんに紹介することが出来ました。感謝。
このオオヒラタエンマムシはハルニレの樹液に来ていたものを採集したのだそうです。



学名:Hololepta amurensis Reitter
和名:オオヒラタエンマムシ
体長:8mm〜11.3mm 
分布:北海道・本州・四国 ・九州・佐渡・隠岐・伊豆諸島・対馬・屋久島・朝鮮半島・シベリア南東部



これを見てズブズブ、オオヒラタムシにはまってしまいそうな貴方!
朗報です。こんなに素晴らしいエンマムシのページがありました。

大原 昌宏 さんの日本産エンマムシ上科概説
 


甲虫狂の大馬鹿者達 01年春号の目次へ戻る