爆発栄螺


 
このコガネムシと出会ったのは今から30年前、家族旅行で行った湯西川温泉だった。

金属質な輝きの緑色で、その表面は鋳造の砂型から抜き出したように細かな点刻がある。

足は体と違う銅色でこれもめちゃくちゃメタルっぽい。裏側には金色な毛がフサフサ。

サクラコガネとかに姿形がやや似ているが、まったくこちらの方が高級感漂う。

普段、見慣れたコガネムシ、ドウガネブイブイ、クロコガネとはまったく違い、当時自分で

持っていた図鑑には掲載されてなく、、、。

「うぉ〜、こりゃ新種じゃ〜!!!!」

、、と勝手に思い胸ときめいた。(^^;;

しかし、「ひょっとしたら何かの図鑑に載っているかもしれない。」と思い、念のため当時住んでいた

台東区立の図書館を三軒ハシゴした。

嬉しいかな、悲しいかな、私はそこでこれはキンスジコガネと呼ぶムシだと知った。

学名:Anomala holosericea Fabricius
和名:キンスジコガネ
体長:17mm〜19mm
分布:北海道・本州・四国
発生:7月〜8月
 


 


甲虫狂の大馬鹿者達 01年春号の目次へ戻る