世界のクワガタ
の図説目録


概要

はじめにー同属の定義と特徴
種及びその亜種ー分類
亜科(亜属)ー亜科の一覧表
ニ型性ー変異ー形態学と述語定義学
動物学的分布域ー新しい型の注と記述
世界地図上の各ブロックに関する注ー一覧表-表
 
 

はじめに

クワガタ属の甲虫類に関するフランス語で出版された最も最新の一覧表はThomsonの
もので、フランス昆虫学会によって1861年に出版されている。それ以来では、別
バージョンの一覧表としてMajor F.J.S. Parry, C. Felsche及びG.van Roon.のもの
もある。この最後のものは、W. JUnkによる甲虫類図鑑の一部をなしていたもので、
1910年に出版されている。それ以来40年間、分類上のやり方に関していくつかの
変更が追加され、また多くの形状に関する記述が加えられていった。クワガタ類の種の
数は、1910年には約750であったが、今ではほとんど1100に達している。

さて、ここで甲虫類のこの属に関する我々の知識を考察してみる必要が生じたと言える
であろう。これが我々の仕事の目標である。

我々は我々より以前にクワガタを研究した全ての先人に感謝の意を捧げなければならない。
彼らの仕事は我々に資するところが大きい。彼らが長年にわたって辛抱強く収集してくれた
ものや文献、特にHenri Boileauのものは、中でも大変に役立った。同様に我々は、
こうした情報を伝えようとしてくれたM.M. de Lisleにも感謝の意を受けとってもらえる
ように祈っている。

戻る