記載ページ 165P

ペルシャ ユーロミヤマクワガタ Lucanus cervus poujadei LCLa

ギネス 70.5mm
飼育難易度 未知
収集難易度 ★★★

本種はL.cervusの一番東に分布する亜種と考えられる。シリア、イランから記録されていて、大珍品。日本でこの亜種をもっている人はほとんどない。シリアのアクベスユーロミヤマに良く似ているが、アクベスほど大きくはならないもののキバの内歯は良く発達する。生息地における生態は不明。亜種名はパリー博物館で鱗翅目の研究をしていたGustav Arthur Poujade氏に因む。
 
 

戻る












記載ページ 165P

テトラオドンミヤマクワガタ Lucanus tetraodon LTIt

ギネス 45mm
飼育難易度 未知
収集難易度 ★★

南ヨーロッパから、シシリー島、アルジェルアに分布している。フランスにprorincialisシシリーにsicilianusコルシカ島にはbidensの別亜種が知られている。ユーロミヤマクワガタの小型のものに似るが、♂は内歯のキバ@が根元にあること、♀は前胸Aのかどがとがること、♂♀とも触角が4,5節Bであることで区別出来る。
 
 

戻る