記載ページ 164P

ジュダイクス ユーロミヤマクワガタ Lucanus cervus judaicus LCjSy

ギネス 98mm
飼育難易度 未知
収集難易度 ★★★

中近東に分布するユーロミヤマクワガタは、通常は触角@が6節であるが、本亜種はブルガリアのユーロミヤマと同じく4節である。ジュダイクスは赤味をおびない濃黒褐色で大型になった個体はすばらしい。Shenk博士のもつ、98mmのギネスは化け物といっていい。ドイツ人の採集家、K.werner氏によると、シリアの北部アクベス地方で採集していた時に、1本の同じ樹から、ジュダイクスとアクベスの2つの亜種を採集して驚いたと云う。亜種名judaicus
は「ユダの」という意味で、ユダヤ地方のということだと考えられる。
 
 

戻る











記載ページ 164P

シリア ユーロミヤマクワガタ Lucanus cervus syriacus LCsSy

ギネス 80mm
飼育難易度 ★★★
収集難易度 ★★★

本亜種syriacusはシリアの北部地方に分布する。シリアには、他にもユーロミヤマが分布していて、アクベス地方のakbesianusに良く似ている。アクベスは赤色味が強いのに本亜種は黒色が強く、キバの内歯Aもアクベスのようにスラッとしているが、角度はあまり強くならない。シリアのユーロミヤマは長い間政治的な理由からあまり採集に行くことが出来なかったが、最近、ヨーロッパの採集家が、盛んに訪れるようになって標本の入手が可能になってきた。syriacusの亜種名は命名規約の約束事で使用出来ないと云う。
 
 

戻る