“アイランド” ★★☆
THE ISLAND
(2005年アメリカ映画)

監督:マイケル・ベイ
脚本:カスピアン・トレッドウェル=オーウェン

出演:ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン

 

未来社会を舞台にしたサスペンスアクション
普段あまりこの手の作品は観ないのですが、
スカーレット・ヨハンソンに興味があったのと、ユアン・マクレガーも好きな方だし、という訳で。
しかし、面白さは期待を遥かに超えていました。もう画面に釘付け。

大気が汚染され隔離された施設の中でしか生活できない未来社会。そこで生活する住民たちの唯一の望みは、地球上に唯一残された楽園“アイランド”に抽選で選ばれていくこと。
その中で唯一人、この施設に疑問を抱き始めたのがユアン・マクレガー演じるリンカーン。換気口から入ってきた一匹の虫を発見して、外への好奇心を抱くようになります。
実はこの施設、人類に残された生きるための施設でも何でもなかった。真実はクローン人間の製造施設。重病の患者(依頼者)に移植用の臓器を提供するのが目的。
真相の一片を掴んだリンカーンは、アイランドに送り込まれる寸前の女性ジョーダンを引きつれ、施設から逃亡します。
そこからのアクション・シーンがもの凄い。追いつ追われつ、息もつかせぬとはこのようなことをいうのだと言って間違いありません。
カーチェイスあり、ヘリコプターあり、高層ビルからの落下ありと、壮絶なアクションが休むことなく次から次へと繰り広げられます。

人間社会の未来は? クローン技術の是非という問題もありますけれど、それはさておき単純なアクションものとして観ても、見応えたっぷり。スケールの大きな壮絶アクションの面白さを存分に満喫しました。
主役のユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン、この2人も実に良い。
ユアン・マクレガーはアクション俳優らしくないところが、かえってサスペンスを盛り上げている気がします。
スカーレット・ヨハンソンも好いなぁ。「
ロスト・イン・トランスレーション」も良かったけれど、改めてファンになりました。

2006.01.08

      


  

to 映画note Top     to 最近の映画 Index