横関 大
(だい)作品のページ


1975年静岡県生、武蔵大学人文学部卒。8年連続で江戸川乱歩賞に応募し、2010年「再会」にて第56回江戸川乱歩賞を受賞。現在は公務員。

  


 

●「再 会」● ★☆          江戸川乱歩賞




2010年08月
講談社刊

(1600円+税)

2012年08月
講談社文庫化

 

2010/09/12

 

amazon.co.jp

スーパーの店長が銃殺されて発見される。
殺害に使われた拳銃は、何と23年前に小学生だった幼馴染4人がタイムカプセルに入れて校庭の脇に埋めた筈の拳銃だった。
捜査陣の一人は、今は刑事となった4人の内の一人。
事件に関わったのは幼馴染の内2人、そして被疑者として逮捕されたのはその内の1人。
4人以外に誰も銃のことは知らない筈。誰が、何のために嘘をついているのか。
かつて4人が学び遊んだ神奈川県三ツ葉市を舞台に、県警捜査一課の若く有能な刑事=南良が、当面の事件捜査に合わせて23年前の事件の真相をこじ開けていく。
そしてそれは、4人が各々自分一人の胸に収めた秘密を暴いていくことでもあった、というストーリィ。

「予選委員会から本選考会まで常にトップを走り続けた」応募作とのことで、注目が高いようです。
しかし、全体的に粗いという印象。それでも文章が平明で、面白く読めるのは事実。
ただ、主人公が誰かというのがはっきりしておらず、時に応じて幼馴染4人各々の視点から代わる代わる語られ、それがずっと。そのため、分散的な印象を拭えません。また、結末に近付くほどストーリィ上のご都合主義が目立つ、という印象。
その上、幼馴染4人と相対的な地位に立つ南良刑事の人物像が抽象的。
ミステリというのは、最後一気に真相が明らかになり、かつ意外性がある程面白いものですが、その点一つずつ真相が明らかになっていくという構成であるため、事件解決の爽快感が物足らず。
結末にしても、幼馴染4人の内一人だけが割を食った、という感じです。

次々と頁を繰り面白く読めたものの、読了後に思い返すと物足りなさもあり、というのが読後感。

 


  

to Top Page     to 国内作家 Index