ドリアン助川
作品のページ


1962年東京都生、詩人、作家、道化師。早稲田大学第一文学部東洋哲学科卒,、日本菓子専門学校通信教育課程卒。放送作家等を経て90年「叫ぶ詩人の会」を結成、詩の朗読とパンクロックを組み合わせたパフォーマンスが話題となる。95年から2000年まで全国ネットのラジオ深夜放送のパーソナリティを務め、中高生を中心に人気を博す。明川哲也あるいはドリアン助川の筆名での著書多数。

  


     

「あ ん ★☆


あん画像

2013年02月
ポプラ社刊

(1500円+税)

2015年04月
ポプラ文庫化

  

2013/03/03

  

amazon.co.jp

他にできる仕事もなく、亡くなった先代から引き継いでどら焼き屋を営んでいる千太郎
どら焼きの皮は自分で焼いているものの、餡は業務用のものを仕入れてそのまま使っている。したがってそれ程人気がある訳でもないが、それなりに商売を続けられているという状況。
そんな千太郎の前にある日、時給はいくら安くてもいいから働かせて欲しいとやってきた老女、
吉井徳江76歳。彼女の変形した指をみて食べ物や向きではないといったん断ったものの、彼女はいつの間にか店に入り込み、いつしか餡作りに精を出していた。
ずっと作ってきて50年というその吉井の作る餡は、業務用とは全く違ってとても美味しかった。
吉井の作る餡の評判が良く売り上げは急速に伸びて行ったものの、おかげで千太郎は朝早くから懸命に働くこととなり、果たして喜ぶべきことだったのかどうか。

実は千太郎、どら焼き屋を続けているのにはある事情があったのですが、吉井徳江には千太郎以上の秘密があったと判ります。
千太郎の他、吉井に相談事をしていた女子高校生の
ワカナちゃんがその秘密を知ることになりますが、それは何と過酷で悲しい運命だったことか。
人に喜んでもらえることをしたいと願っていた吉井徳江、それなのに彼女にとってそれはずっと許されないことだった。

どら焼き屋を皮切りに、過去の日本で過酷な運命に耐えてきた人々を、吉井徳江という老女の姿を通じて描いたストーリィ。
和菓子をモチーフにした心温まるストーリィかと思っていましたが、実は本書、社会的な小説だったという次第。

 


  

to Top Page     to 国内作家 Index