佐藤亜紀作品のページ


1962年新潟県生、成城大学大学院修士課程修了。91年「バルタザールの遍歴」にて作家デビュー。2003年「天使」にて芸術選奨新人賞、08年「ミノタウロス」にて第29回吉川英治文学新人賞を受賞。99年から05年まで早稲田大学文学文学専修で講師を務める。


1.
ミノタウロス

2.
吸血鬼

 


   

1.

「ミノタウロス」 ★★       吉川英治文学新人賞


ミノタウロス

2007年05月
講談社刊
(1700円+税)

2010年05月
講談社文庫化

   

2009/02/03

 

amazon.co.jp

20世紀初頭、革命騒ぎにゆれるロシアが舞台。・・・とは言っても、本ストーリィの舞台はロシアのド田舎、ミハイロフカ
革命騒ぎの余波だろうと思われるものの、実際に主人公の周囲で繰り広げられるのは、単に徒党を組み力を握った者と、それに対抗しようとする者との、エゴだけからなる争いといった風。
高邁な社会主義の思想も、革命の理想も、どこにも感じられません。
昔読んだショーロフの代表作「静かなドン」を思い出します。「ドン」はそれなりの大河小説でしたが、本作品は強姦に暴力、殺し合いと、破壊エネルギーばかりが暴風雨のごとく荒れまくるといった作品。

それなのに「20世紀初頭、ロシア。人にも獣にもなりきれないミノタウロスの子らが、凍える時代を疾走する」という出版社の宣伝文句は格好良過ぎないか。
“ミノタウロス”とはギリシア神話に登場する牛頭人身の怪物。
理性や熟慮などはそっちのけ、欲望と本能と、感情的な怨念だけで行動する人間たちの姿は、まさに牛頭人身の怪物に譬えるのが相応しいというのが表題の意味でしょう。
人間とミノタウロスの違いは何処にあるのか、どこに到ればもはや人間ではないと言えるのか、それを考えるのは読者の役目のようです。

圧倒的な破壊力、最後の最後へ行き着くまで止まらないといった無秩序、激動の時代に噴き出したエネルギーという点では格段の作品だと思いますが、さて面白いかと問われると、楽しいとはとても言えません。

      

2.
「吸血鬼 Vampire ★★


吸血鬼

2016年01月
講談社刊

(1850円+税)

 


2016/02/20

 


amazon.co.jp

オーストリア帝国支配下にある19世紀のポーランド、その小さな田舎村ジェキに新任役人ヘルマン・ゲスラーが娘程に若い妻エルザを伴って赴任したところから、本ストーリィは幕を開けます。

何となく陰鬱で排他的な、辺鄙という言葉が典型的に似合うようなジェキ村。その村で実質領主といった立場にあるのは、20年前に若き詩人として名を馳せようとしていた
アダム・クワルスキ
クワルスキの詩を賛美するゲスラーですが、クワルスキはどこか距離を置く風。
そしてゲスラーが赴任して間もなく、村人が連続して怪死するという事件が起きます。そして、何か恐ろしい出来事が起きることを予め封印しようとするかのようなおぞましい葬儀の風習。
如何にも題名どおり、ヴァンパイアがいずれ登場する筈という雰囲気を漂わせるストーリィですが、そう読み手の思惑通りにストーリィは運びません。しかし、やがて・・・・。

オーストリア支配、ポーランド独立運動、詩人としての道を挫折させられた怨念。
その一方で、農奴であれ自由な身分であれ、土地に縛り付けられそこから脱け出ることのできない農民の怨念はまた違ったものがあることが描かれていきます。
詩人であり領主であるクワルスキと、その妻で農民出である
ウツィアの2人は、上記が絡み合った複雑な状況を象徴するような人物造形であると感じられます。
それに対してゲスラーとエルザはどう関わるのか。

どう展開するストーリィなのかまるで見当もつかないまま読み進みましたが、読み手をしっかりと掴んで奥底へと引きずり込んでいくような迫力は、読み応え十分。
歴史と世界の片隅にある小さな土地において、そこに生きる一人一人の重たい思いに触れた気がします。満足感あり。

    


   

to Top Page     to 国内作家 Index