櫻木みわ作品のページ


福岡県生。大学卒業後、タイの現地出版社に勤務、日本人向けフリーペーパーの編集長を務める。その後、東ティモール、フランス、インドネシア等に滞在し、帰国。2016年「ゲンロン 大森望 SF創作講座」を受講。「うつくしい繭」が第1回ゲンロンSF新人賞の最終候補に選出され、同作にて作家デビュー。

 


                   

「うつくしい繭 The Beautiful Cocoon ★★


うつくしい繭

2018年12月
講談社刊

(1600円+税)



2019/02/28



amazon.co.jp

僻地といってもよいアジア各地を舞台に描かれた4つのストーリィ。

舞台設定は、非日常的といってもよい土地。ストーリィにはファンタジー要素も入り混じり、異国情緒が漂う。
しかし、そうしたベールをめくりあげれば、そこにいるのはやはり<人>ですし、どう生きていくのか、ということに骨子があると言う点では、現実的な日常を舞台にしたストーリィと特別に変わるところはない、と感じます。

「苦い花と甘い花」:舞台は東ティモール。主人公である少女アニータは、父親を内戦で殺され、祖母と2人暮らし。<声>を聞くことのできるアニータが選んだ道は・・・。
「うつくしい繭」:舞台はラオスの山奥にある保養施設。<コクーン・ルーム>を初体験した主人公がその中で気づいたことは・・・。
「マグネティック・ジャーニー」:舞台は南インド。カミ中瀬の2人が癌の特効薬を求めて踏み込んでいくのは・・・。
「夏光結晶」:舞台は南西諸島の小さな離島。みほ子の実家を訪ねたミサキ、2人が海岸で見つけたものは・・・

4人の選んだ道が正しいかどうか、傍観者がそれを決めることなどできませんが、ストーリィを超えた不思議で蠱惑的な感覚が、何となく快い。


苦い花と甘い花<東ティモール>/うつくしい繭<ラオス>/マグネティック・ジャーニー<南インド>/夏光(かこう)結晶<日本 九州・南西諸島>

        


   

to Top Page     to 国内作家 Index