王谷 晶(おうたに・あきら)作品のページ


1東京都生、小説家。

 


                   

「完璧じゃない、あたしたち ★☆
 We are not perfect. We are perfect,aren't we?


完璧じゃない、あたしたち

2018年01月
ポプラ社刊

(1600円+税)



2018/03/01



amazon.co.jp

ポプラ社のWEBマガジンに連載された14作品に、書下ろし作品を加えての計23篇からなる掌篇集。

内容はというと、いずれも女性が主役。
女性同士が関わり合う様々な姿、女性と女性による本音トーク等々、小気味良く描かれた23篇。
どの篇も、いろいろスパイスが効いた作品ばかりですから、それなりにたっぷりと、面白く読みました。

その中でも特に面白かったのは、
「ばばあ日傘」「あなたのこと考えると無駄になる」という2篇。共に、描かれたストーリィだけに収まらない広がりを持っていると感じた故です。

他の作品よりちょっと印象に残ったのは、
「北口の女」、「十本目の生娘」、「イエローチェリー・ブロッサム」、「ヤリマン名人伝」という辺りでしょうか。
また、唯一のSF宇宙ものである
「姉妹たちの庭」の冒険内容には興味惹かれるなぁ。
唯一の戯曲作品である
「戯曲 グロい十人の女」はリアルな滅茶苦茶さに、思わず仰け反る思い。そして「夢で見た味」は、余りに不気味過ぎるぅ〜〜。

小桜妙子をどう呼べばいい/友人スワンプシング/ばばあ日傘/Same Sex,Different Day./北口の女(ひと)/しずか・シグナル・シルエット/姉妹たちの庭/十本目の生娘/だからその速度は/陸のない海/春江のトップギア/イエローチェリー・ブロッサム/腹の町(落語 頭山より)/あなたのこと考えると無駄になる/ときめきと私の肺を/戯曲 グロい十人の女/夢で見た味/ヤリマン名人伝/シオンと話せば/カナちゃんは足が無い/ファー・アウェイ/東京の二十三時にアンナは/タイム・アフター・タイム

        


   

to Top Page     to 国内作家 Index