宮西真冬作品のページ


1984年山口県生。2017年第52回メフィスト賞受賞作「誰かが見ている」にて作家デビュー。

 


                   

「友達未遂 ★★★


友達未遂

2019年04月
講談社

(1600円+税)



2019/05/21



amazon.co.jp

伝統と格式のある全寮制女子高=星華高等学校を舞台にした、青春サスペンス&成長ストーリィの傑作。
街から離れた山奥にあり全寮制である同校には、
マザー制度という慣習があった。同部屋の3年生がペアとなった新入生の面倒を見るというもので、それぞれ「マザー」「チャイルド」と呼ばれている。

本作は、同部屋の4人、新入生の
一ノ瀬茜星野真琴、3年生の緑川桜子大島千尋をそれぞれ主人公とした、連作風の長編ストーリィ。
寄宿制、同部屋、女子高生4人というと、濃淡はともかくとしてチームとしてのストーリィ展開になると思うところですが、そんな常識は本作では成り立ちません。
家族状況も違えば境遇も違う、性格もまるで違うとあって、ルームメイトであろうとあくまで遠い他人に過ぎない、という空気が冒頭から際立つようです。

第1章から第4章までは一人ずつのドラマ。茜、桜子、千尋、真琴という順。
しかし、その各ドラマが実に濃いのです、思わず唸らされます。4人がこの学校に入学した理由も、当然のこととして、期待を込めて、他に居場所がなくて、○○するためにと様々。
そしてその各人ドラマの後にくる第五章は、それまでのドラマを圧縮した延長線上にあるサスペンス。
同部屋の4人が、それぞれの事情や思いを背負って、本気でぶつかり合います。その辺りが実にお見事、圧巻の一言です。

人がどう生きるかについては、確かに自分一人で責任を負うしかないことですが、まだ高校生という年代、手を繫ぎ合える仲間がいたらどんなに心強いことかと思うのです。

危うく読み逃すところでしたが、本書を読めて幸せでした。
是非、お薦め! どうぞお読み逃しなく。


第一章~第五章/終章

        


   

to Top Page     to 国内作家 Index