柾木政宗
(まさき・まさむね)作品のページ


1951年埼玉県生。ワセダミステリクラブ出身。2017年「NO推理、NO探偵?」にてメフィスト賞を受賞し、作家デビュー。

  


       

「朝比奈うさぎの謎解き錬愛術 Cool PI and Cutie Pie Stalker's Case File ★☆


朝比奈うさぎの謎解き錬愛術

2018年12月
新潮文庫刊

(590円+税)



2019/01/02



amazon.co.jp

有名な探偵だった亡父の探偵事務所を継いだものの、イケメンではあるもののまるで探偵の才能が無い望月迅人(はやと)・25歳。その姉で警視庁捜査一課の敏腕刑事である望月弥生
そしてもう一人、ある事件で迅人と知り合ってから、何故か
「迅人さん、うさぎのこと好きなんですね」と勝手に思い込み、偏狂的なストーカー体質を発揮し始めた美少女=朝比奈うさぎ・女子大生19歳
その3人を主要登場人物とした、気軽に楽しめる連作ミステリ短篇集。

まず、うさぎの徹底的なストーカーぶりが楽しめます。
これが本当に凄い、可愛い、そして恐ろしいぐらい。
そのうえで、うさぎと迅人(うさぎの攻勢に辟易)、弥生(うさぎと意気投合、応援)という3人のやりとりが面白い。
その3人が一緒に出掛ける先で、その度に殺人事件に巻き込まれるというパターン。
探偵役は何と、探偵である迅人、刑事である弥生を凌ぎ、19歳のうさぎ。
事件を知ってもすぐにひらめきを見せることはないのですが、毎度容疑者にされてしまうという巻き込まれ&疑われ体質の迅人に関わる部分だけ、何故か観察力・洞察力・推理力を鋭く発揮し、犯人を特定してしまう、という次第。

まぁ、然程ドラマチックな事件・真相ということはなく、キャラクターの面白さで読ませる作品。
それでも最後に明らかにされる逆転劇には、あっと言わされました。
※付け狙われる側としてはともかく、ストーカー=朝比奈うさぎの懸命ぶり、献身ぶりがとても可愛らしい。


プロローグ/1.夜に訪れるもの/2.危険な遊園地/3.無駄に終わった密室/4.雪の中の温室で

   


  

to Top Page     to 国内作家 Index