河野 裕
(こうの ゆたか)作品のページ


1984年徳島県生、大阪芸術大学卒、兵庫県在住。小説家、ゲームデザイナー。2009年「サクラダリセット CAT.GHOST and RB\EVOLUTION SUNDAY」(角川スニーカー文庫)にて作家デビュー。2015年「いなくなれ、群青」にて第8回大学読書人大賞を受賞。

  


       

「君の名前の横顔 ★☆   


君の名前の横顔

2021年11月
ポプラ社

(1700円+税)



2022/02/28



amazon.co.jp

父親が死んでから5年、20歳になった牧野楓の家族は、義母である三好愛と異母弟の冬明・10歳の2人だけ。
 
その冬明、他の小学生たちに比べると少し変わったところがあったが、最近、怪物
ジャバウォックに○○を盗まれた、と口にするようになります。
その「ジャバウォック」とは、
「鏡の国のアリス」に登場する詩に謳われた怪物。
冬明の言葉の意味は? そして、世界が変化していく・・・。

ミステリか、それともファンタジーなのか?と戸惑いましたが、結局は家族ストーリィ。
それが伝えられるまでに何と遠回りさせられたことか、というのが正直な思い。
ストーリィとしても、ジャバウォックの実像化に成功しているとは思えませんし、楓たち家族の周辺に登場する人物たちも息吹きが感じられず、単に状況のひとつになっているだけ、と感じられます。

着想としては悪くない気もするのですが、それが十分生かされなかった物足りなさと、そもそもストーリィが分り難い、といった処を残念に思います。


プロローグ/1.私は七年ほど牧野として暮らした/2.ガリレオ裁判の真相/3.病の一覧にはないもの/4.その名前に意味はなく、意味がないことには理由がある/5.指輪を差し出した彼と、私は二年後に結婚する/6.アリスと図書館/7.私の心を守る最後の盾/8.名前のないアリス/9.夕空が綺麗なことを思いだした/10.ジャバウォック現象とそのルールの考察/11.五分間の喜びも壊れて/12.ふたつのジャバウォック/13.少年の冒険/14.もう一度この人を殺すということ/15.名前と視点/16.みんな覚えている/17.誰が為の怪物/18.視点と横顔/19.その愛情に名前がなくても/20.バールのようなもの/21.どんな世界でだって/エピローグ

           


  

to Top Page     to 国内作家 Index