神永 学作品のページ


1974年山梨県生、日本映画学校卒。2003年文芸社から自費出版した「赤い隻眼」が好評で、それを大幅に加筆・修正した「心霊探偵 八雲 赤い瞳は知っている」にて作家デビュー。

  


 

●「タイム・ラッシュ−天命探偵 真田省吾−」● ★☆




2008年03月
新潮社刊

(1000円+税)

2010年08月
新潮文庫化

   
2008/06/15

  
amazon.co.jp

疾走感溢れるサスペンス、という賞賛文句に惹かれて読んだのですが、期待した割りに物足りず。

ストーリィは、12歳の時交通事故にあって以降、起こるべき殺人事件を夢でみて予知してしまうという車椅子の美少女=中西志乃と、副題にある“天命探偵”=真田省吾の2人が主軸となる現代サスペンス。
やがて事件の真相に近付くにつれ、志乃と省吾の間に因縁とでも言う他ない深い関わりがあることが明らかになっていく。

まぁどんどん読めてそれなりに面白い、というストーリィではあるのですが、登場人物は限定されているし、ストーリィにリアル感、奥行きがあまり感じられません。ライト・ノベルという感じで楽しむべき作品かなと思います。
題名からは、“天命探偵”というとどんな不思議なキャラクターかと期待してしまうのですが、真田省吾自身は元警官の山縣が経営する<ファミリー調査サービス>という零細探偵事務所の、同僚である20代後半に肉感的美女=公香と2人だけの所員に過ぎないのですよ。

まぁ、シリーズ化されて主要な登場人物たちのキャラクターがもっと膨らんでいけば、それなりに楽しめるシリーズ物になりうるのでは、と思いますが。

 


  

to Top Page     to 国内作家 Index