岩井俊二
作品のページ


1963年生、宮城県出身。95年「Love Letter」にて劇場用長編監督デビュー。映画監督・小説家・作曲家等活動は多彩。

  


     

「リップヴァンウィンクルの花嫁 ★★


リップヴァンウィンクルの花嫁

2015年12月
文芸春秋刊

(1200円+税)

2018年10月
文春文庫化



2016/05/15



amazon.co.jp

何やら話題作になっているようですし、今年3月に黒木華さん主役で既に映画も公開済とあって興味を持ち、読んでみました。

主人公の皆川七海は22歳、東京で派遣教師をしていますが、声が小さいと契約を更新してもらえず途方にくれます。母親が駆け落ちし、父親がパート社員を入籍した実家に戻る場所はなし。
折よくというか、SNSで出会った相手と結婚に至りますが、浮気の濡れ衣を着せられて早々に追い出されるという憂き目。
ホテルの住み込み掃除婦という仕事に何とかありついた七海ですが、月に 100万円貰えるというメイド仕事を派遣斡旋の
安室から強引に押し付けられ、あっという間に箱根の別荘に。そこには、かつて結婚披露宴のレンタル家族として知り合った里中真白が先輩メイドとして暮していて・・・。

主人公の七海は、自分に自信が持てないまま、幸せをつかむ為の努力もしないまま、現代社会の中でただ漂流しているように感じられます。
その理由のひとつは、本来信頼できるはずの家族を失ってしまったという喪失感にあるのか。そんな七海がバイト仕事で出会ったレンタル家族にかえって家族らしい親愛感を抱くというのは、現代社会の皮肉という他ないのかもしれません。
本書で一番鍵となるメイド仕事は、ストーリィ全体で終盤の僅かな部分。一緒に暮らして初めて知った真白の凄絶な生き方に、やっと七海は幸せをつかむためには闘う覚悟がいると知ったのではないでしょうか。

それにしても、世知辛い現代社会を背後に描いた、題名からは到底予見できないストーリィ内容でありました。

1.クラムボン/2.花巻/3.カノン/4.赤鬼青鬼/5.結納/6.ランバラル/7.結婚式/8.チョコレート/9.浮気/10.彷徨/11.ホテル暮し/12.アルバイト/13.家族/14.リップ・ヴァン・ウィンクル/15.メイド/16.館/17.ランブルフィッシュ/18.深海魚/19.落日/20.貝と骨/21.母/22.花嫁

 


  

to Top Page     to 国内作家 Index