逸木 裕
(いつき・ゆう)作品のページ


1980年東京都生、学習院大学法学部法律学科卒。フリーランスのウェブエンジニア業の傍ら小説を執筆。2016年「虹を待つ彼女」にて第36回横溝正史ミステリ大賞を受賞し作家デビュー。

  


       

「少女は夜を綴らない Girl never spells the Night ★★


少女は夜を綴らない

2017年07月
角川書店刊

(1400円+税)



2017/09/26



amazon.co.jp

中3女子の山根理子、3年前理子の目の前で友人の加奈子が転落死。事件は事故として処理されましたが、理子は自分が加奈子を殺したことを知っている。
その罪の意識から理子は
“加害恐怖”という強迫性障害を抱え込み、その恐怖感を抑えるために同級生の殺害計画を想像しては“夜の日記”と名付けたノートにそれを書き綴ります。
そんな理子の前に現れたのが、中1生となった加奈子の弟=
瀬戸悠人。悠人は理子が姉を殺したことを知っていると言い、バラされたくなかったら自分の父親を殺す計画を手伝って欲しいと要求してきます。

罪の意識と加害恐怖に常に追い詰められている理子の心情。近所で起きたホームレス連続殺人の犯人は兄ではないかという疑念、さらに同級生女子からの執拗な嫌がらせ。
中3という未熟な心に襲い掛かるこれらの重圧に、単なる読者でしかないというのに、狂いだしたくなるような圧迫感、絶望感を理子と共にせずにはいられません。
この脅迫感、圧迫感は余りにリアル過ぎ、凄い! 凄すぎる!

理子にとって悠人は脅迫者に他なりませんが、その悠人に親近感を抱いてしまうのは、自分の正体を知られているという安心感、暴力的であるうえに下劣極まりない父親という闇を悠人もまた抱えていたからでしょうか。

超ブラックなミステリと感じるような本作ですが、基本的には青春ミステリ。最終的には、理子に救いがもたらされるまでのストーリィなのですから。
最後、理子が再生に繋がる道の入り口にようやく立ったと感じるその場面では、心からほっとさせられます。
そして、理子が再生へと向かう支えとなったのは、理子を心配する親友や仲間たちの存在、という点も真に青春ミステリらしいところです。(※万々歳とはとても言えない結末なのですが)

決して、明るい、楽しいといったストーリィでは全くありませんが、焦燥感を味わってみたいという方には、是非お薦め!

    


  

to Top Page     to 国内作家 Index