蛭田亜紗子作品のページ


1979年北海道札幌市生、在住。第7回「女による女のためのR-18文学賞」大賞を受賞。2010年「自縄自縛の私」にて作家デビュー。

 


                   

「エンディングドレス ★★




2018年06月
ポプラ社刊

(1500円+税)



2018/07/07



amazon.co.jp

真嶋麻緒、32歳
死ぬにあたっての段取りを、順序立てて着々と進行中。

そんな麻緒、必要なロープを購入しようと赴いた手芸店でふと眼に留めたのが、
「終末の洋裁教室・・・さあ、死に支度をはじめましょう。あなただけの死に装束を、手作りで。」というポスター。
その文言に引かれた麻緒は、その洋裁教室に入学します。
ところが、さっさと身辺整理を終わらせ決行するつもりだったのに、死に装束にとりかかる前に幾つかの課題をこなさなければいけないなんて。
洋裁教室でお仲間となったのは、3人の老女たち。

課題をこなす内、3人の老女たちの話を聞く内、夫の弦一郎と同じ大学で出会った時から始まり、2人で過ごした日々を思い出す内に、いつしか麻緒の心に変化が生まれていきます。
その辺りは定番といって良い展開だと思いますが、忘れ難い思い出をひとつひとつ、丁寧に積み重ねていく優しさに、麻緒と共に心を癒されていく気持ちがします。

ようやく前に進もうという気持ちになった麻緒に、どうか幸いあれ。


1.終末の洋裁教室/2.はたちのときにいちばん気に入っていた服はなんですか?/3.十五歳のころに憧れていた服を思い出してみましょう/4.思い出の服をリメイクしましょう/5.自分以外のだれかのために服をつくってください/6.自己紹介代わりの一着を縫いましょう/最終章.つぎの季節のための服をつくってください

        


   

to Top Page     to 国内作家 Index