蓮見恭子作品のページ


1965年大阪府堺市生、大阪芸術大学美術学科卒。2010年「女騎手」にて第30回横溝正史ミステリ大賞優秀賞を受賞し作家デビュー。


1.ガールズ空手 セブンティーン

2.襷を、君に。


3.襷を我が手に

4.始まりの家

 


                  

1.

「ガールズ空手 セブンティーン Girls Karate Seventeen ★☆
 (単行本刊行時題名:拝啓 17歳の私)


ガールズ空手 セブンティーン

2013年06月
角川春樹事務所

2015年02月
ハルキ文庫

(680円+税)



2018/12/31



amazon.co.jp

高校の空手部に所属する女子高校生を中心にした、連作風の学園もの青春ミステリ。

6章からなる連作風ストーリィですが、主人公は3パターンに分けられます。
ひとつは、
此友学園空手道部に所属する結城姉妹
ひとつは、結城姉妹と親しい写真部の
辰巳晴人
そしてもうひとつは、結城姉妹とどういう関係なのか、同じ姓をもつ
和穂。こちらは摂北学院の1年生、どうも訳アリで空手を止めたらしい。

ミステリといってもそこは学園ものですから、謎は仲間内の不協和音に関するものだったり、過去の出来事だったりと、内々のトラブルが主体。
そうした中、中学時代は団体の
<形>で優勝した結城姉妹が高校になってから団体<形>を嫌がり個人競技に注力するようになったのは何故なのか。2人以上に才能があった選手がいなくなったからなのか。晴人がその辺りを調べ始めるところから、和穂の存在がクローズアップされていきます。

結城という姓をもつ3人の女子高生が登場し、やたら名前を連呼させることがむしろストーリィを複雑にしているところがあるのですが、その辺りは凝り過ぎ、という印象を受けます。
ただ、ミステリ上の仕掛けもやり過ぎると惑わされるばかりで、面白さに繋がらない、という気がします。
最後、和穂ちゃん、頑張れ!という気持ちで読み終えられるのは、気持ち良いところですが。

被写体は初夢の彼方に/炎暑の怪談咄/花曇りの頃の憂鬱/拝啓 17歳の私/長雨ふって地固まる/そして、季節は巡りくる

       

2.
「襷を、君に。 ★★


襷を、君に。

2016年02月
光文社刊
(1500円+税)

2018年11月
光文社文庫化



2016/03/16



amazon.co.jp

福岡県にある港ケ丘高校陸上部を女子選手たちを中心に描く、爽快な青春&スポーツ小説。
本来はそれが目的競技ではないと鬼コーチは言うのですが、題名に「襷」とある通り、本ストーリィの主役は“駅伝”です。

主人公は倉本歩、中学時代はソフトボール部だったのですが、中学最後の駅伝に陸上部から頼まれて出場、走ることが好きと自覚します。
陸上部入部を目指して港ケ丘に進学するのですが、予想もしていなかった障壁が歩の前に立ち塞がります。
その一方、TVでその美しい走りに魅せられて自分も走りたいと思った選手が、何と同じ陸上部に・・・・。

読み始めの頃、本ストーリィについてはありふれたという印象を感じるところがあります。主人公の歩が目覚ましい成長や活躍を見せる訳でもなし。
しかし、視野を広げると、主人公以外の部員たちにも広く目を向けていて全体のバランスがよく取れていることに気が付きます。
そこに本作品の良さがあります。
また、こうした作品にしては 360頁と大部であるのは、それだけ丁寧に描いているということで、そこにも好感が持てます。

いわば、一応の主人公として歩の存在があるものの、本ストーリィの主役は部員たち全員、チームこそが主役であると言って的外れではないと思います。
部員の中には、皮肉屋だったり、引きがちな性格だったりする者もいますが、それら部員たちも含めて全員が愛おしい。

典型的な、これ以上ないというくらい爽快な、正統派青春&スポーツ・ストーリィ。
気持ち良さを味わいたい、という方に、是非お薦め。

                         

3.

「襷を我が手に ★★


襷を我が手に

2017年11月
光文社刊

(1600円+税)



2017/12/26



amazon.co.jp

実業団で有力なマラソン選手だった千吉良朱里(じゅり)は、陸上部が休部となるのをきっかけに引退を決意し、要請を受けて浪華女子大学駅伝部の監督に就任します。
しかし、大学駅伝部といっても、駅伝好きな新理事長の肝煎りによって創設されたばかり。朱里の監督仕事はまず選手を集めるところから始まりますが、有望選手はみな行き先が決まっていて朱里の付け入る余地はまるでない、といった状況。
それにもかかわらず、創設3年目には女子駅伝全国大会へ出場という目標を背負わされます。
奔走するうち、何とか駅伝部選手の人数だけは確保できたのですが・・・。

創部されたばかりの大学女子駅伝部を舞台にした、清新なスポーツ小説。
駅伝というと、箱根駅伝を描いた傑作=
三浦しをん「風が強く吹いているが思い出させられますが、同作のテーマが“挑戦”であったのに対し、本作のテーマは“成長”にあると言って良いでしょう。
もちろん、かつて実業団マラソン強豪選手であり、31歳となった今は監督という立場にある朱里と、まだ一人前のランナーとは言えない部員たちの関係は、片や指導者であり、片や指導される側であるのは当然のこと。
その一方で、過去に悔恨を抱えながら指導者の道を歩み始めた朱里、そして大学選手として新たに長距離ランナーの道を歩もうとしている部員たち。それぞれがこれまでの自分から脱却し、さらなる高みを目指す自分へと成長を遂げる、というストーリィは極めて爽快です。

前半こそ、主人公の朱里に負けず読み手もまたげんなりしてしまう展開ですが、それだけに終盤、一気に景色が切り替わっていくところは、空に突き抜けるくらい、すこぶる気持ち良い。


爽快な青春スポーツ小説がお好きな方には、是非お薦めです。


序章/転身/黎明/発進/停滞/団結/終章

                   

4.
「始まりの家 ★★


始まりの家

2018年08月
講談社刊

(1550円+税)



2018/10/05



amazon.co.jp

美容院を営む母と、その4人の娘+一人の息子という宇奈月家を描く家族ストーリィ。

宇奈月家一人一人の状況を、連作形式で描き出していくというストーリィ構成。
四女の葉月は企業経営者の妻に収まり、専業主婦として安定した生活。
長女の弥生はベテラン女優の専属ヘアメイクとして順調。
次女の如恵三女の文は、カリスマ美容師だった亡き父親が遺した“宇奈月ヘアーサロン”を守る母親の益美を手伝っている。
長男の睦は、妻とイタリアンレストランを経営中。

一見順調極まりないと思えた宇奈月一家でしたが、葉月が思い切った決断をしたことを皮切りに、宇奈月家に内在していた問題や秘密が次々と露わになっていく、まるで連鎖反応のように一気にボロボロと崩れ出す、というような展開へ。

それでも最後に踏みとどまれたのは、家族で助け合おうという気持ちが繋がったこと、そこには益美という、まるでゴッドマザーのような存在がしっかり足を踏ん張っていたから、と言って良いでしょう。

実際には、一人ずつもっと複雑な事情を抱えていますし、弥生がその専属となっていた女優=朝倉ミチが宇奈月家の埒外にいながら何故かひっかき回している、という印象。

登場人物は皆、30代〜40代と一人前の大人ばかり。それなのに、いざとなればしっかり繋がっているという処が、貴重な家族ストーリィと感じます。
なお、男性読者よりは女性読者向け、でしょうね。


大崎葉月/宇奈月弥生/宇奈月益美/宇奈月睦/伊澤文/鹿島如恵/深雪

       


   

to Top Page     to 国内作家 Index