朝倉宏景
作品のページ


1984年東京都生、東京学芸大学教育学部卒。会社員を経て、現在はアルバイトを続けながらの執筆生活。2012年「白球アフロ」にて第7回小説現代長編新人賞奨励賞、2018年「風が吹いたり、花が散ったり」にて第24回島清恋愛文学賞を受賞。


1.野球部ひとり

2.
風が吹いたり、花が散ったり

  


     

1.

「野球部ひとり 


野球部ひとり画像

2014年07月
講談社刊

(1500円+税)

2017年03月
講談社文庫化



2014/10/21



amazon.co.jp

3年生が突如退部し、1・2年生部員8名だけとなって練習グラウンドさえ確保できなくなるという危機に直面した不良校と評判のシブ商(都立渋谷商業高校)野球部
キャプテンとなった
瑞樹は、顧問教師から他校との合体チームという手があると助言されます。ただし、その相手として挙げられたのは、名門進学校である都立自由が丘高校で、たったひとりの野球部員を続けている本多春一

余りに体質の違う不良校と名門進学校が合体チームを作れるのか、作ったとしてひとつのチームとしてプレーできるのか。
また、自由が丘野球部でマネージャーだったという
新川梨紗子も合体チームに参加しますが、チームをまとめる鍵になれるのか。

春一が口にする理想論に反発する不良校チームの面々、そして春一がひとり野球部となるに至ったのにもドラマがあり、急造チームが勝つためにはそれなりの独自作戦があり、その辺りがストーリィの興味どころ。
そして、できない、できないと言い訳する前に、何故やってみようとしないのか、というメッセージはやはり青春小説ならではのものです。

ひととおり青春スポーツ小説の要素は取り揃えられているのですが、もうひとつストーリィに乗り切れなかったのは、どこかストーリィに硬さ、少々の無理があったからでしょうか。

       

2.

「風が吹いたり、花が散ったり ★★    島清恋愛文学賞


風が吹いたり、花が散ったり

2017年06月
講談社刊

(1350円+税)



2018/04/27



amazon.co.jp

ある出来事から高校を中退し、実家も離れ、“和ダイニング・捲土重来”でバイトをしながらの一人暮らし、というのが主人公である高崎亮麿、19歳の現在の状況。
自分に自信を持てず、他人に対して引け目ばかり。このままではいけないと思いつつも、何か問題が起きるとつい逃げ出してしまう性分。
そんな亮麿が夜遅く、駅でぶつかり倒してしまった相手が、視覚障害者である
真田さち、21歳
そのさちから些か強引に「一緒に走って欲しい」と頼まれ、引き受けた亮麿、その時から新たな一歩を踏み出すことになります。

既にさちには、故障して陸上競技を断念した
廉二という伴走者がいる。フルマラソンの伴走を、廉二と亮麿がそれぞれ半分ずつ分担するという次第。
しかし、いきなり伴走者が務まる訳がない。亮麿は廉二にしごかれ、さちに励まされながら練習を重ねます。
伴走者を務めるためには、まず自分を鍛えなければならない、そしてさらに、さちを支えられるように自分が強くならなくてはならない、ということを知ります。
そこから初めて、止まっていた亮麿の時計が前に向かって動き出します。

さちへの淡い恋心、廉二への嫉妬心。一方、先輩格のバイトである
白根愛から突然突き付けられた好意への戸惑い。
それらを経て、弱いのは自分だけと思い込んでいた亮麿は、他の人間もそれぞれに弱いところ、他人への引け目、悩みを抱えていることに気づいていきます。

登場人物たちの顔ぶれ、皆、何と若いことか。殆どが20歳前後なのですから、人生といってもまだまだ出発点に過ぎません。
出会い、お互いに関わり合うことによって、新たな一歩を踏み出すに至る、それこそ青春&再生ストーリィに他なりません。
そこに恋愛要素が加わったところが、島清恋愛文学賞を受賞するに至った本作の魅力でしょう。

「悪あがきをしよう」、何と素敵な言葉じゃないですか!
それぞれ、一段階前へ進んだ登場人物たちに対して、心からエールを送ります。


プロローグ/白い杖/赤いロープ/黄色いアロハ/黒いマフラー/透明な風/エピローグ

  


  

to Top Page     to 国内作家 Index