フランシス・ハーディング作品のページ


Frances Hardinge  英国ケント州生、オックスフォード大学卒。2005年デビュー作“Fly By Night”にてブランフォード・ボウズ賞、14年“Cuckoo Song”にて英国幻想文学大賞、15年「嘘の木」にてコスタ賞の児童文学部門および大賞を受賞。

 


             

「嘘の木」 ★★☆            コスタ賞児童文学部門・大賞
  原題:"The Lie Tree"
 
    訳:児玉敦子 


嘘の木

2015年発表

2017年10月
東京創元社

(3000円+税)



2018/07/19



amazon.co.jp

19世紀後半の英国、そのヴェイン島を舞台にしたファンタジーなミステリ。

牧師であり高名な博物学者でもある
エラスムス・サンダリーは、新発見の化石を捏造したという批判を受け、一家4人でヴェイン島に渡ってきましたが、その島でサンダリー師は不審な死を遂げます。
自身もまた博物学に興味を持つ
14歳の娘フェイスは、虚偽、そのうえ自殺という汚名を負わされた父親の名誉を守るため、事件の真相を明らかにしようと行動し始めます。

フェイスが選んだ方法は、父親が隠し持っていた
<嘘の木>という不思議な植物を利用しようというもの。
その嘘の木、人の嘘を養分にして育、嘘が広まれば広まる程大きな実をつける。そしてその実を食せば、極秘の知識を得られるのだという。

ファンタジー作品として読み進みましたが、嘘の木というファンタジー要素はあるものの、内容としてはミステリと言うべきでしょう。
そして、それ以上に強く印象付けられたのは、19世紀の英国という世界における、女性たちの生き辛さ、制約の多さです。
フェイスが父親を盲目的に敬愛するのに反して、女性は劣る存在と決めつけている父親の、娘に対する目は冷ややかです。
それはフェイスだけでなく、
母親マートル、ヴェイン島の治安判事であるランバントの夫人アガサにしても同様です。

<嘘の木>とは本物なのか。
サンダリー師の死は、<嘘の木>を巡る争いが原因なのか。
暴走としか言いようがありませんが、フェイスが探偵役。
最後の対決場面は、それまでの展開からして、ハラハラし通しでした。
<嘘の木>と、制約された中で女性たちが少しでも自分らしくと繰り広げた、生きるための闘いという残像が、いつまでも鮮明に残り続ける気がします。


1.逃亡者たち/2.ヴェイン島/3.雄牛の入江/4.死者の洞穴/5.頭蓋骨とクリノリン/6.黄色い目/7.しのびよる霜/8.にじんだ文字/9.告白/10.海の洞窟/11.蹄鉄/12.とまった時/13.トリック写真/14.葬儀/15.嘘と木/16.怒れる魂/17.幽霊退治の銃/18.きょうだいげんか/19.訪問者たち/20.森のなかで笑う人/21.自然発火/22.亀裂にあてた鑿/23.しのびこむもの/24.震え/25.獣に乗って/26.亜歯/27.ナイフのような沈黙/28.白い目と震える皮膚/29.マートル/30.小さな死/31.ウィンターボーンという人/32.悪魔祓い/33.爆薬と火花/34.遺された妻/35.適者生存/36.進化

     


    

to Top Page     to 海外作家 Index