レティシア・コロンバニ作品のページ


Laetitia Colombani  1976年フランス・ボルドー生。映画監督、脚本家、女優。監督作品に「愛してる、愛してない・・・」等。初小説となる「三つ編み」は、刊行前から16言語で翻訳権が売れて話題を集め、2017年春の刊行後にはまたたく間にベストセラーとなり85万部を突破、32言語での翻訳が決まった。

 


             

「三つ編み」 ★★
 原題:"La tresse" 
     訳:斎藤可津子




2017年発表

2019年04月
早川書房

(1600円+税)



2019/05/20



amazon.co.jp

フランスで 100万部突破、32ヶ国で翻訳決定、8つもの文学賞を受賞したベストセラーとのこと。

住む場所も境遇も、抱えた難題もまるで異なる3人の女性の奮闘する姿を並行して描いたストーリィ。

一人目の
スミタは、インドで最底辺のカースト=不可触民(ダリット)として差別されている女性の一人。その仕事といえば、手作業での人糞清掃。
せめて娘の
ラリータだけは、自分の仕事を継がせたくない、そのためには学校へ通わせ読み書きを学ばせたいと願うのですが、その願いさえ断ち切られ・・・。
二人目の
ジュリアは、イタリアのシチリア島住まい。代々の家業である毛髪加工会社を手伝っていますが、父親が突然に倒れ、その後に家業が実は破綻目前である状況を知ります。
三人目の
サラは、米国のシングルマザー、それでも勤務する法律事務所でトップを目前にしているアソシエイト弁護士。3人の子供を抱えているのに突然乳がんを宣告され、事務所でも更なる昇進の道を実質閉ざされてしまいます。

心が折れても当然、というくらいの過酷な状況。
それでも負けまいと、三人は気力を振り絞って先へとその足を進めます。
感動すると共に、惚れ惚れする、という感じ。
中でも、娘のためにと全力を振りしぼるスミタ、そんな母親に従うラリータの姿がとくに圧巻です。

なお、上記3人がどう繋がるのか。それは最後のお楽しみです。

元気と勇気が湧いてくるストーリィ。とくに女性読者にお薦め。

     


   

to Top Page     to 海外作家 Index