デイヴィッド・アーモンド作品のページ


David Almond  英国北部の炭鉱町で誕生。20代初めから小説や詩、戯曲を書き始める。98年初の小説「肩甲骨は翼のなごり」が大ヒット、カーネギー賞、ウィットブレッド賞の両賞を受賞。


1.肩胛骨は翼のなごり

2.ヘヴンアイズ

 


   

1.

●「肩胛骨は翼のなごり」● ★☆    カーネギー賞・ウィットブレット賞
 
原題:"Skellig"    訳:山田順子




1988年発表

2000年09月
東京創元社刊

(1450円+税)

2009年01月
創元推理文庫化

2004/07/26

amazon.co.jp

主人公マイケルと隣家の少女ミナによる、不思議な体験を描いた児童向け小説。

マイケルは両親と赤ん坊の妹と共に、新しい住まいに引っ越して来ます。その家にはガラクタばかりを詰め込んだ廃屋のようなガレージがあった。
そのガレージへの出入りをマイケルは両親から禁止されますが、禁止されるとかえって覗き見たくなるのが子供の心理。
赤ちゃんが生死を危ぶまれる病気で入院したことから、両親は赤ちゃんにかかりっきり。マイケルは禁じられていたガレージに忍び込みます。そこでマイケルは、不思議な存在である“彼”(スケリグ)に出会う。
生死の境にいる赤ちゃんの苦難を感じ取って、マイケルの心情は不安に揺れ動きます。その一方で、風変わりな少女ミナと共にスケリグへの関心を抑えられない。果たしてマイケルが出会ったスケリグとは、現実的な存在なのか。

懐かしさを感じるような幻想的雰囲気と、ストーリィにある気品が印象的。
邦題と共に、ちょっと忘れ難い作品です。

     

2.

●「ヘヴンアイズ」● ★☆
 
原題:"Heaven Eyes"    訳:金原瑞人




2000年発表

2003年06月
河出書房新刊

(1500円+税)

 


2003/09/28

 


amazon.co.jp

正直言って、捉えどころに困惑した作品。
自由と冒険を求め、3人の子供たちが孤児院を抜け出し、筏で川を下ります。しかし、3人が行き着いたのは“ブラック・ミドゥン(黒い泥沼)”と呼ばれる地帯。
身動きの取れなくなった3人がそこで出会ったのは、両手に水かきのある少女と奇妙な老人。3人は、崩れかけた倉庫や工場が立ち並ぶ一画で、その2人と暫し暮らすことを余儀なくされます。
2人はいったい何者なのか。幻想的でややホラー的な雰囲気が、本作品の全体に漂っています。

主人公である少女エリン・ローと仲間である2人の少年は、いずれも愛する親を失ったというトラウマを抱えています。それが、孤児院からの脱出を彼らが繰り返す理由。
そんな3人を、不思議な少女は純粋に兄姉のように慕います。“ヘヴンアイズ”という少女の名前は、「天国」を見いだし楽しむことができるというその性格から、老人が名付けたもの。
守るべき愛する存在を抱えるに至ったエリンは、やがて自らの意思で孤児院に戻り、問題から逃避せず正面から受け止める姿勢を身につけています。
本書は、エリンらの幻想的な冒険、そして成長の物語と言うべき作品。叙情的な雰囲気とともに、ヘヴンアイズという少女の存在が、とても印象的です。本作品の魅力はそこにあります。

※同じ孤児の川下り冒険小説であっても、開放的なM・トウェイン「ハックルベリー・フィンの冒険と対照的に、本作品は閉鎖的かつ幻想的。いかにも英国文学らしい、と感じます。

  


   

to Top Page     to 海外作家 Index