天狗岳(北八ガ岳)2646m
2001,4/29,30
北八ガ岳、天狗岳に登りました。事前に山小屋へ問い合わせたところ、例年に比べて樹林帯の積雪が多いと言うことでした。早朝、名古屋を出発。白駒池入り口の有料駐車場に車をとめて高見石に向かいました。入り口からアイゼンを装着しました。雪の積もったシラビソの樹林帯は、まるで、メルヘンの世界。とってもロマンチックでした。一時間ほどで高見石小屋へ到着。いらない荷物を預けて、中山峠を通り、天狗岳へ向かいました。6本爪のアイゼンの歩き心地はまずまず。スリルのある雪の道を進みました。途中、雪崩の危険がありそうな場所も・・・。最後の登りは岩がゴロゴロしていて少し歩き辛かったですが、東天狗の頂上からは、硫黄岳、赤岳、阿弥陀岳等の山々が望めました。天気は、徐々に下り坂、晴天なら、もっと素晴らしい眺めだったでしょう。時間の関係で西天狗は諦めて、下山
高見石に引き返します。途中、冷たい雨が降り出し、身体が冷えてきて、体調をくずし、皆に心配をかけてしまいました。しかし、何とか暗くなる前に山小屋に到着してほっとしました。
これは、私のはじめての山小屋体験。ランプの素敵な雰囲気の小屋でした。比較的、空いていてゆったりと眠ることができました。体調をくずしていた私には、たすかりました。
翌日は、小雨の降る中、再び、白駒池を通り、シラビソの森を抜けて駐車場に戻りました。帰路途中に、渋ノ湯に立ち寄り、硫黄の温泉に浸ったときの心地よかったこと・・・鄙びた、木の浴槽、他に誰もいなくて私たちの貸し切り状態で、生き返った心地がしました。やはり、温泉は必須です。
東天狗(左)と西天狗(右)を望む
東天狗より硫黄岳、赤岳、阿弥陀岳を望む
東天狗頂上から西天狗を望む
東天狗頂上からの眺め
山のアルバムへ戻る