池田山(929m)
池田山登山口
雲一つ無い青空と、ポカポカ陽気に恵まれた、この冬一番の山日和。こんな日に出かけなければ絶対に後悔しそうな・・・
低徘のMさんの提案で1/29、大垣の近くにある池田山に出かけた。今回初めて知った山だった。
アーリーバードさんに6:30にピックアップしていただいて8時頃に霞間が渓公園の駐車場に到着。ここで関西からのメンバーを待つ。登山口には新しいトイレもある。身支度を整えて東の方面を眺めると、正面に御嶽山が見えている。眺望が期待できそうだ。
程なく関西組のMさんとNさんが到着。4人で桜の木の間の登山道を上り始める。
しばらくは、雪のない雑木林を登っていくが、所々に、シャーベット状の雪が現れてくる。今年の積雪は、かなりなものだったのだろう。数箇所で雪の重みに耐えかねたソヨゴなどの倒木をくぐる。青い空と白い雪が眩しい。そういえば、サングラスを忘れてしまった。歩いていると汗が出てくる。途中のベンチで一休みして、フリースを脱いだ。緩やかな登りでそれほど疲れることもない。
そのうちに、あたり一面、雪景色。シャーベットの雪が、さらさらの雪に変ってくる。アイゼンを着けるほどでもない。
登りはじめてから一時間半ほどで、東屋が見えてくる。少しお腹も空いてきたので、そこで一息入れる。
この辺りは、雪がなければ車も通れる舗装された道で面白みもないが、雪があればこそ、変化があって、楽しい登りだ。
そのうちに眺望が開けてくる。思わずカメラを向ける。
非難小屋の辺りに来ると、白山も眺められて感激!さらに、養老、鈴鹿の眺望も開けて来て、山頂の景色に期待が膨らむ。さらに、東屋がある林道を右に行くと小広場に出る。そこには、素晴らしい眺望が待っていた。
斜面を尻セードするNさん
小広場からは、養老、鈴鹿(御池、藤原、霊仙)の山並みと伊吹山が一望の下
サルトリイバラの実が可愛い
ひとしきり、素晴らしい西側の眺望を堪能し、カメラに収めた後、再び山頂を目指す。気持ちのいい雑木林を進み、少し勾配が出てきて、やっと山登りらしくなってくると、山頂に到着する。山頂には、木製の展望台があり、予想通り、360度の素晴らしい眺望だ。御嶽、恵那山、南アルプス、中央アルプス、北アルプス、さらに、白山、美濃の山々・・・いくら見ても、見飽きない光景だ。先客のグループが数名食事をしていた。私達も、その一角で、お弁当を広げる。
うさぎの足跡?
山頂に向かって最後の登り
山頂にて
福井県境の山々・・・冠山、三周ヶ岳・・・
北側の眺望・・・穂高連峰、乗鞍、御嶽、中央アルプス、南アルプス、恵那山の眺めが素晴らしい
右奥が恵那山。手前が百々が峰
尾根道を下る
真っ白な白山が、姿を現す(中央)左に能郷白山、小津権現山・・・
風紋
雪の池田山は、思った以上によかった。雪の無い時期よりも面白くて快適な歩きが出来ただろう。何よりもこの冬一番の雲ひとつ無い暖かな天候に恵まれて、素晴らしい眺望を楽しむことができた。
伊吹山がまじかに
雪がなければ、車が通る道
山アルバムに戻る
blog 気ままに歩いて2
もご覧下さい